ウォーターサーバーは雑菌だらけで汚い!?気になるお手入れの方法も紹介!

ウォーターサーバーは雑菌だらけで汚い!?気になるお手入れの方法も紹介!

主婦

ウォーターサーバーって細菌が繁殖して汚くないの?
きちんとメンテナンスをしないと雑菌が繁殖してしまうぞ!

博士

ウォーターサーバーをこれから使ってみたい方、すでに自宅でを使っている方も、自分が使っているウォーターサーバーの衛生面・安全性は気になりますよね。

どんなに品質が良く美味しい水が飲めても、もし自分が使っているウォーターサーバーに雑菌が繁殖していたらと思うと、とても安心して使うことは出来ません。

ウォーターサーバーはいつでも美味しい水が飲めて熱湯が瞬時に出せてとっても便利なものですが、内部の汚くなってしまったは健康を害する恐れもあります。

毎日使うものだからこそ、安全に使っていくためには、正しい使い方や衛生管理方法をよく知っておく必要があります

今回は長年に渡りウォーターサーバーを使い続けている筆者が、安全ウォーターサーバーを使い続ける上で知っておきたい衛生管理方法、メンテナンスについて解説していきます。

ざっくり言うと...

ウォーターサーバーを清潔な状態で使い続けるには定期的なメンテナンスと正しい使いかたを守る必要がある

  • メンテナンスを怠るとウォーターサーバーの内部は雑菌やカビの温床となる
  • 雑菌やカビが繁殖したウォーターサーバーを使うのは危険、異臭の原因にもなる
  • ウォーターサーバーにはガビや雑菌が繁殖しやすい場所がある
  • 正しい使い方と定期的にメンテナンスをすれば安心してウォーターサーバーを使い続ける事が出来る
  • 自動除菌機能がついているコスモウォーターがおすすめ

 

コスモウォーター

コスモウォーターの公式サイトはこちら

\今なら最大18,000円キャッシュバック!/

ウォーターサーバーの水は雑菌だらけで汚い?

ウォーターサーバーで雑菌が繁殖してしまう可能性が高いのはずばり、水が空気に触れる場所です

ウォーターサーバーのボトルは厳しい品質管理が行われているため、水がなるべく空気に触れない状態で密閉されています。

そのため、賞味期限が長く雑菌も繁殖しにくくなっていますが、ウォーターサーバーを使っていると必ず水が空気に触れるシチュエーションが必ず出てきます。

給水口から水をコップに注ぐ時や、使い切って空になったボトルを新しいものに変える時などは必ず空気が水に触れてしまいますよね。

また、毎日使うウォーターサーバーなので定期的なメンテナンスを怠ると清潔な状態を保てないので、安全に使えるとは言えません。

ウォーターサーバーのメンテナンスを怠っている場合

ウォーターサーバーは厳しい品質管理の元、各家庭に出荷されるので新品のウォーターサーバーの内部はほぼ無菌状態と言えます。

しかし、水を取り扱うという製品の特性上、どうしてもカビや雑菌の温床となる危険性が常について回ります。

一度雑菌やカビの温床となったウォーターサーバーの内部を完全に清潔な状態に戻すのは非常に難しいです

正しい使い方と定期的なメンテナンスを怠ることがなければ、ウォーターサーバーはいつまでも安全に使い続けることが出来ます。

ウォーターサーバーの雑菌やカビが繁殖しやすい場所を把握し定期的なメンテナンスと清掃をしていきましょう

水の消費期限を守っていない

水道水が蛇口を捻ればいつでも安心して飲むことが出来るのは、消毒のための塩素が含まれているからです。

一方で、ウォーターサーバーの水が美味しいと言われる理由は、消毒用の塩素が含まれていないからでもあります。

ウォーターサーバーの水は殺菌処理をした上で密封しているので、未開封で適切な保管方法であれば賞味期限は約6ヶ月と長く、災害時用の備蓄水としても使われています。

しかし、一度開封すると、消毒用の塩素が含まれていないこともあり、細菌が湧きやすい状態になってしまうので注意が必要です。

メーカー指定の賞味期限をきちんと確認して、期限以内に水を使い切れば安全に使えます。

ウォーターサーバーの使い方を誤っている

ウォーターサーバーを綺麗に使ってるつもりでも、正しい使い方をしていなければ安全に使えているとは言えません。

コスモウォーターなど、ウォーターサーバー中にはには自動クリーニングシステムを搭載している機種もあります。

それらの機種では機械の中で熱湯を循環させて殺菌することにより、常に清潔な状態を保ち続けているのです。

外出の際等、ウォーターサーバーのコンセントを抜いてしまったりすると、自動クリーニングシステムが正しく動作しないため細菌が繁殖する原因になってしまいます。

ですので、ウォーターサーバーの電源は常にONにしておきましょう

また、旅行や出張等、長期間家を空ける場合は、ウォーターサーバーの水抜きが必要です

電源を切りコンセントを抜いて中の水が出なくなるまで排水しますが、熱湯でやけどの恐れがあるので、コンセントを抜いてしばらく時間を空けてから排水するようにしましょう。

ウォーターサーバーに雑菌が繁殖しやすい場所とは?

雑菌が繁殖しやすい場所とは?

雑菌が繁殖しやすく、特に注意してメンテナンスをしなくてはならない場所を紹介します。

ウォーターガード(ボトル挿入部)周り

ウォーターガードはボトルの差込口ですので、ボトル交換の際に水と空気が必ず触れる場所になります。

未開封のボトルの清潔な水が最初にウォーターサーバーに触れることになる場所なため、ウォーターガードが不衛生な状態だと、ウォーターサーバー内に不衛生な水が循環することになります

重要な場所ですので、常に清潔な状態を保津ようにしましょう。

ウォーターサーバーのボトル交換をする時にボトルに残った水がこぼれて、ウォーターガードに水が溜まります。

そのまま放置していると、溜まった水から雑菌が繁殖してしまいとても不衛生な状態になってしまうので注意が必要です。

また、謝ってウォーターガードを素手で触ってしまうと、手に付着していた雑菌がウォーターサーバーに移ってしまうので注意が必要です。

給水口

給水口は常に湿っている状態である事が多いので、最も不衛生になってしまいがちな場所です

一度口をつけているコップやペットボトルに水を注ぐ際、給水口に触れてしまうと細菌が繁殖する原因となってしまいます。

会社のオフィスで複数の人と共用で使っていたりと、ウォーターサーバーを使用する環境による影響が大きい場所でもあります。

掃除を怠っているとホコリや汚れが溜まったりするので、たまに清潔な布で拭き取る必要があるでしょう。熱湯が出る給水口を掃除する際はヤケドに注意して行ってください。

水受け皿

水受け皿は私達が飲む水が触れる場所ではありませんが、それゆえ掃除を怠ってしまいがちな場所です

給水口から水を注ぐ際、水受け皿にこぼれ落ちて溜まった水をそのまま放置していると、溜まった水が腐ったり、カビが発生する原因になります。

ウォーターサーバーは熱湯が瞬時に出るのでお茶やコーヒー、カップ麺を作る際にとっても便利ですが、食べかすがつくとより細菌の繁殖が活発になるので注意が必要です。

ウォーターサーバー本体、背面

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電と同じで、一度設置したらなかなかウォーターサーバーの背面を掃除するタイミングが無いかと思います。そのためホコリや汚れが溜まってしまいがちになってしまいます。

ウォーターサーバーは背面から排熱している事が多いですが、背面がホコリで汚れた状態のまま長期間使ってる方も多いのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの背面の掃除を怠ってしまうと、排熱効率が悪くなり故障の原因になったり自動クリーニング機能が正常に作動しなくなってしまうこともあります。

半年に一度はホコリを掃除機で吸い取ったり、背面全体を清潔な布で拭き取るなどのメンテナンスが必要です

給水口やウォータガードなど私達が飲む水が直接触れる場所ではありませんが、それゆえホコリが溜まってしまいがちな場所になります。

ウォーターサーバーの本体を掃除することは、ウォーターサーバーから出る水を清潔に保つことになるので、定期的に少し濡れた布で拭くなどの掃除をすることをお勧めします。

雑菌だらけのウォーターサーバーを使うことの危険性

雑菌だらけのウォーターサーバーを使うことの危険性

少しくらい汚くても気にせず使ってしまおう、とお考えのかたはいませんか?

雑菌が繁殖したウォーターサーバーは様々な健康リスクがあるので、出来るだけ避けてください。

レジオネラ菌

レジオネラ菌はレジオネラ症を引き起こす細菌です。症状としては、下痢、吐き気、嘔吐、高熱、肺炎を引き起こします。

レジオネラ菌は私達の周りの通常環境に常に存在している菌で、入浴施設、加湿器、空調設備が主な感染源になる事例が多く水を取り扱ウォーターサーバーも例外ではありません。

日本でも毎年数人がレジオネラによって死亡していますが、病原性は高くない菌なので、基本的に健康な方には人体に影響はありません。

しかし、高齢者や幼い子ども、免疫力の低い方は健康な方に比べて感染リスクは高くなるので注意が必要です

出典:MSDマニュアル家庭版

カビ

皆さんのご自宅でもカビが発生するリスクが高いのは、台所や洗面所、風呂場などの水回りが多いですよね。

ウォーターサーバーは水を扱う機械なので、湿度や水の影響で、どうしてもカビの温床となってしまうリスクが常にあると言えます。

私達の周りの空気中には、カビの胞子が常に浮遊しています。そのため外気を中に取り込むタイプのウォーターサーバーだと特にカビの温床になってしまうケースが多いです。

また、ウォーターサーバーを使う環境や、設置する場所の湿度によってもカビが繁殖するリスクが高くなることがあり、梅雨など湿度が高くなる季節は特にカビが発生するリスクが高くなります。

ウォーターサーバーがカビの温床となると、本体自体がカビ臭くなってしまったり、カビの温床となったウォーターサーバーの水を飲むと、腹痛や下痢などの症状に見舞われるリスクがあります。

自分の使っているウォーターサーバーの水がカビ臭いと感じたらすぐに使用をやめてください。

出典:カビが引き起こす怖い病気

ノロウイルス

ノロウイルスの一番多い感染経路は経口感染ですが、空気感染や塵埃感染のリスクが有ることが確認されています。

未開封のウォーターサーバーのボトルの中にノロウイルスが繁殖することは無いですが、ウォーターサーバーは使っている環境か置き場所の影響を強く受けます

ホコリっぽい場所や湿度の高い場所で、メンテナンスを怠ったままウォーターサーバー使い続けたら、ノロウイルスの温床になってしまう危険性があります。

ノロウイルスに感染してしまった場合の主な症状は、嘔吐、下痢、発熱です。1日〜2日で症状は収まりますが、高齢者や幼い子ども等免疫力の低い人は死亡した事例もあるので注意が必要です。

ノロウイルスの特徴として、症状が収まった人でも体内にノロウイルスが残留していて、周りの人達の感染源となってしまう事が多いです。

空気感染や塵埃感染のリスクもあるので、感染者がウォーターサーバーを使った場合、共有している家族や会社の同僚などにウォーターサーバーを媒介に移してしまう危険性もあります

出典:厚生労働省感染性胃腸炎(特にノロウイルス)について

ウォーターサーバーが雑菌で汚くなるのを防ぐ方法

ウォーターサーバーが雑菌で汚くなるのを防ぐ方法

ウォーターサーバーの内部で雑菌が繁殖することの危険性や汚れてしまいがちな場所を紹介してきました。

ウォーターサーバーは正しい使い方を守り定期的にメンテナンスをすれば安心して便利に使うことが出来ます。

この章では、安全にウォーターサーバーをお使いいただくための方法を紹介していきます。

定期的にメンテナンス・掃除をする

ウォーターガード(ボトル挿入部)

ボトル交換時に使い終わったボトルから落ちた水が溜まってしまいがちです。水が溜まったままだと雑菌が繁殖して不衛生になります。

毎回のボトル交換時にウォーターガード周辺の水分を清潔な布もしくはキッチンペーパーで水分を拭き取りましょう。水分を拭き取ったあと家庭用アルコールスプレーで殺菌したあと再度拭き取ります。

清掃の目安は毎回のボトル交換時が理想です。

給水口

給水口は毎日水が通るので最も汚れが溜まってしまう場所です。雑菌やカビだけでなく水垢が溜まりやすいのでウォーターサーバーの中では一番綺麗にしておきたい場所です。

清潔な布もしくはキッチンペーパーで給水口の水分を拭き取り家庭用のアルコールスプレーを使い再度拭き取りましょう。給水口の中は綿棒を使って掃除すればホコリやヌメリを取ることが出来ます。最後にすこし水を流しで中の汚れを落とします。

熱湯が出る給水口を掃除する際はヤケドしないように気をつけてください。清掃の目安は1週間に一度です。

水受け皿

水受け皿は特に掃除を怠りがちな場所で、溜まった水をそのまま放置してしまうと雑菌やカビが繁殖しカビ臭さの原因になります。

水受け皿は本体から簡単に取り外せるものが多いです。本体から取り外して食器用の中性洗剤で洗いましょう

ウォーターサーバー本体、背面

ウォーターサーバーの本体や背面は水が直接触れる場所ではないので見落としがちですが、空気やホコリを媒介する雑菌もいるので、ウォーターサーバーを清潔に使う上で必ず清掃しなくてはなりません。

定期的に清潔な布もしくはキッチンペーパーで拭き取りましょう。ホコリが溜まりそうなウォーターサーバーサーバー上部、空気を取り込む背面部分は念入りに掃除する必要があります

自動除菌機能がついているウォーターサーバーを使う

カビや雑菌がウォーターサーバーの中で繁殖してしまった場合、一度繁殖したカビや雑菌を完全に除去して元の清潔な状態に戻すのは難しいです。

ウォーターサーバーによっては自動除菌機能がついているもあり、熱湯循環などで自動で内部を衛生的に保ってくれます。

今からウォーターサーバーを選ぶ方は自動除菌機能がついているものを選ぶことをおすすめします。

例えば、コスモウォーターのウォーターサーバーは取り扱う全機種に自動除菌機能が付いています。

48時間ごとに自動でウォーターサーバー内部に温水を循環させ除菌を行い、常に清潔な内部環境を保ち続ける構造になっています

また、コスモウォーターのウォーターサーバーは、本体の中に入ってくる空気のホコリやチリを除去するフィルターを搭載しているので、外気から雑菌がウォーターサーバーの中に入るのを防いでくれます。

コスモウォーターの公式サイトはこちら

\今なら最大18,000円キャッシュバック!/

給水口に直接触れないようにする

ウォーターサーバーを使う際、給水口からコップなどに水を注ぎますが、給水口に直接触らないようにしましょう。

人間の手には様々な雑菌が付着しており、給水口にふれると手から雑菌が移ります。

湿気や水分を好む雑菌はそのまま給水口で繁殖してしまう恐れがあるので注意が必要です

一度開封した水は早めに使い切る

ウォーターサーバーの水の賞味期限はメーカーやタイプによって変わりますが、一般的に開封後1ヶ月、未開封で6ヶ月のものが多いです。

賞味期限内に水を使い切っていれば安全に使う上で全く問題はありませんが、水の美味しさや品質を考えると開封後はなるべく早く使い切るのが良いでしょう。

ウォーターサーバーには水道に直結させて使うタイプのものもあります。そのようなウォーターサーバーでは水道水を濾過して使うので、ボトルいらずで水の賞味期限を気にする必要もありません。

キララフレッシュサーバーのようなの水道直結型のウォーターサーバーであれば、常に新鮮な水がウォーターサーバー内部を通っているため。内部に雑菌が繁殖しにくく、常に清潔な状態で使うことが出来ます。

月々定額制になっているので使いすぎてしまったということもありません

キララの公式サイトはこちら

\最新ウォーターサーバー/

まとめ:ウォーターサーバーは雑菌だらけで汚い?

まとめ:ウォーターサーバーは雑菌だらけで汚い?

今回はウォーターサーバーの雑菌が繁殖してしまう可能性が高い場所、正しい使い方やメンテナンス方法について解説しましたがいかがでしたでしょうか。この記事の要点をまとめると以下になります。

要点まとめ
  • 正しく使ってメンテナンスをすれば安全に使える
  • 雑菌が繁殖しやすい部分があり定期的に掃除する必要がある
  • 自動除菌機能など内部の衛生状態を清潔に保ってくれるものを選ぶ

ウォーターサーバーは厳しいチェックや品質管理されているので、工場から出荷されて皆さんの家に届いたばかりの頃は無菌状態です。

ウォーターサーバーの雑菌が繁殖してしまう理由は、使い方やメンテナンス方法が間違っている場合がほとんです。

毎日のメンテナンスは多変ですが、機種によっては自動洗浄機能がついており、清潔な状態を維持したまま安全に使い続けることが出来ます。

コスモウォーターならば、熱湯循環システムで自動的に除菌してくれるのでとても衛生的です。

ウォーターサーバーが欲しいけど、メンテナンスが少し面倒臭いと感じる人にぴったりのウォーターサーバーです

コスモウォーターの公式サイトはこちら

\今なら最大18,000円キャッシュバック!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA