スーパーで補充できるあのお水は危険!?無料だからこそ気をつけたいこと!

スーパーで補充できるあのお水は危険!?無料だからこそ気をつけたいこと!

毎日「美味しい水」を飲みたいと考えながら、スーパーで無料の水を手に入れている人がいます。スーパーの水は、ボトルを購入するだけの無料で綺麗な水を手に入れる手段です。

しかし、「安全性は大丈夫?」「赤ちゃんに使用できる?」と頭を抱える方も少なくありません。この記事を読んでいる方は、スーパーの水の「安全性」について疑問に感じているのでしょう。

本記事では「スーパーで持ち帰れる水とは?」「スーパーの水は安全なの?」という疑問にお答えします。

ざっくり言うと...

スーパーの水は「安全性」「衛生面」に不安あり!

スーパーの水はきれい、コスパも良い!でも、持ち運びが大変。

使用するなら保存期間は最高でも3日!

いつも綺麗で安心かつ衛生的な水を使いたいなら、コスモウォーターがおすすめ!

コスモウォーター

コスモウォーターの公式サイトはこちら

 

\今なら最大18,000円キャッシュバック!/

 

スーパーで持ち帰れる水とは?

スーパーで持ち帰れる水とは?

スーパーで利用できる「持ち帰れる無料の水」は、どんなものでしょうか。

地域によって差があるものの、少し大きめのスーパーに行くと「無料で持ち帰れる浄水」などと書かれているサーバーを見かけることがあります。

一般的に「スーパーの持ち帰れる水」は以下の手順で利用できます。

  1. 専用のペットボトルを購入
  2. 専用ペットボトルに無料の水を入れる
  3. 持ち帰って水を使う
  4. 専用ペットボトルをスーパーへ持っていって水を入れる

専用ペットボトルを購入後、何度も同じペットボトルを使用してマシンから水を入れます。無料で綺麗な水が飲めるため、多くの人が利用しているのではないでしょうか。

多くの「持ち帰れるスーパーの水」は、「RO水」と呼ばれる不純物を無くした水や「アルカリイオン水」が一般的です。「RO水」とは、高性能のろ紙を使って不純物を無くした水と考えてください。

高性能のろ紙は「RO膜」と言われているため「RO水」と呼ばれます。また、「アルカリイオン水」は様々な製造方法がありますが、アルカリイオンを含んだ水のことです。

どちらの場合でも、飲料水として使用できるほど「綺麗な水」であることは間違いありません。しかし、不特定多数が使用するスーパーの機械ですので、安全性に疑問を感じる人もいるのではないでしょうか。

以下では、「スーパーの水は安全なの?」と感じる人の疑問に答えていきます。

スーパーの水は安全なの?

スーパーの水は安全なの?

「無料で持ち帰れるスーパーの水」は、安全性に疑問が残ります。

「水」が悪いのではありません。「ボトル」「保存期間」「機械」の3点について、利用者が自分で気を付けなければならないことがあります。

利用する場合は「ボトルの衛生状態」「水の保存期間」「機械の衛生状態」を意識し、安全に綺麗な水を使用していただくと良いでしょう。

ボトルの衛生状態

「スーパーの持ち帰り無料水」は、最初に購入したボトルを何度も使用します。RO水やアルカリイオン水、いずれにしても「水」は安全に考慮されていますが、ボトルの衛生状態は利用者が管理しなければいけません。

仮にボトルを洗わずに使用していた場合、いくら綺麗な水を入れ替えているだけでも雑菌が付着する可能性があります。また、家からスーパーへ、スーパーから家へ持ち運ぶ際に外気に触れます。

外の空気は排気ガスや自然発生の細菌などが多く、土ぼこりなども舞っているのは想像できるはずです。

もともと綺麗なボトルでも、何度も使用していれば汚くなくなってしまいます。

ボトルを丁寧に洗うなど、衛生面に気を付けて清潔な状態を保つよう心がけなければいけません。

水の保存期間が短い

市販のペットボトルとは違い、スーパーの無料水で使用できるボトルは「開封済みボトル」です。購入時には密閉されている場合もありますが、1度使用すれば開封してしまいます。そのため、水を入れたままでも微妙に外気に触れて痛みます。

例えば冷蔵庫で保存する場合でも、開封済みボトルに入った水は3日程度が期限です。常温保存しているとすれば、1日ごとには使用してしまわなければいけません。

市販のペットボトルは「密閉」されているために保存期間が長く、ほとんどの商品には「開封後は早めにお飲みください」などが記載されています。同様に、スーパーの無料水を組み入れるボトルは「開封済みボトル」であることを理解し、長期の保存はできないと考えておくようにしましょう。

具体的な保存期間は、スーパーの機械に記載されていることがあります。目安として、以下の保存期間を参考にしてください。

  • 【常温保存】1日
  • 【冷蔵保存】3日

水道局によると、水道水の保存期間は常温3日、冷蔵保存7日とされています。スーパーの無料水は「塩素を含まない水」であるため、水道水より保存期間は短くなります。

機械の衛生状態

「機械の衛生状態」も気にするべきポイントの1つです。スーパーの無料水を入れる機械は、不特定多数の人が利用します。無料で綺麗な水を入れられるのですから、主婦を始め会社で利用している人もいるかもしれません。

不特定多数の人が利用する機械は、いつも綺麗で安心な状態が保たれているとは限りません。当然、機械のメンテナンスは行われていますし、店員による清掃もされています。

しかし、複数の人の行動を管理できるわけもありません。例えば、トイレに行って手を洗わずに無料水サーバーを利用する人もいるかもしれません。

他にも、水が出てくる抽出口を手で触っている人もいるかもしれないのです。「可能性」を考えればキリはありませんが、多くの人が利用するものは「いつも衛生管理が行き届いているとは限らない」と考えておく方が良いでしょう。

スーパーの水がおすすめな人

スーパーの水がおすすめな人

「衛生面」が気になる人にはスーパーの無料水はおすすめできません。しかし、「水そのもの」は綺麗ですので「利用したい」と考えるかもしれません。

スーパーの水を利用する方が良い、おすすめな人とはどんな人でしょうか。以下には「衛生面」以外の観点からスーパーの水をおすすめできる人を紹介します。

コスパよく浄水が飲みたい人

「スーパーの無料水」の魅力は、最初にペットボトルを購入する以外に費用がかからないことです。そのため、「コスパよく浄水が飲みたい人」にはおすすめできます。

例えば水道水は飲みたくないけれど、「家に浄水器を付ける資金が足りない」「毎日お金を払って買っている」という人は利用してみるのも良いでしょう。

水道水には「塩素」が含まれています。人体に影響がないほどの微量とはいえ、感覚的に「気持ち悪い」と感じる人もいます。しかし、資金的な理由から浄水器の購入を諦めている場合、水道水を飲むよりは「スーパーの水」の方が良いかもしれません。

また、市販の水を毎日購入している人は「毎月3,000円」ほど出費していると理解しているでしょう。スーパーの水を利用すれば、最初のペットボトルを1,000円以内で購入し、その後は無料です。

コストパフォーマンスを最も意識する人の場合、スーパーの水は重宝するものかもしれません。

毎日の水の使用量が多い人

コスパを意識する以外には「毎日の水の使用量が多い人」もおすすめします。「スーパーの水」は、飲んだり料理に使用するのが主な目的とされています。

しかし、「家族が多い人」や「掃除などに浄水を利用したい」「植物にも浄水をあげる」などの人は水の使用量が多くなります。

仮に1日5Lの水を市販ペットボトルで購入していた場合、2L100円としても7,500円ほど出費することになります。水道水を利用する場合でも、必ず水道光熱費が必要になりますので費用が必要です。

比べると「スーパーの水」は最初のペットボトル代金のみですので、月に7,500円、年間にすると約9万円の出費を抑えられます。

結果的にコスパを意識することになりますが、水の使用量が多く「できる限り綺麗な水」を使用したい場合は、スーパーの水を使ってみても良いでしょう。

スーパーの水をおすすめできない人

スーパーの水をおすすめできない人

「おすすめな人」とは逆に「おすすめできない人」もいます。特に「衛生面」を意識する人はおすすめできません。

また、自分だけでなく家族などの飲料水を検討している人は、以下を参考にして安心できる水を使用してください。

安全面を重視したい人

赤ちゃんや高齢者がいる家庭などでは、「安全性」を重視する必要があるでしょう。特に「乳児」がいる家庭では、毎日ミルクを作っているかもしれません。

粉ミルクを使う場合には、「衛生面」に気を使うだけでなく「水の温度」や「ミネラル含有量」なども気になるところ。生まれて間もない赤ちゃんほど、抗体がなくちょっとしたことで病気になる場合があります。

授乳の際に赤ちゃんの口元を綺麗にしたり、哺乳瓶を消毒するなどは当たり前のようにしているはずです。しかし、綺麗な水を使用したいと考えるばかりに「スーパーの水」を利用していては、前述のとおり衛生面に心配があります。

もちろん高齢者にも同様のことが言えます。赤ちゃんと比べると熟練の抗体を持っている場合があるとはいえ、肉体的に衰えてきている方は細菌に弱くなっているかもしれません。

どちらにしても「安全面」を意識している方は、スーパーの水を利用するのは控えましょう。どうしても使用する場合は、加熱したり料理に使用するなど「火を通して飲む」ようにしてください。

持ち運びが大変だと感じる人

「スーパーの水」の欠点は「安全面」「衛生面」だけではありません。多くの人が感じるのは「持ち運びが大変」ということです。

スーパーに行く頻度が多い人であれば、毎日少しずつ持ち帰ることも可能です。しかし、少し距離が離れていたり、筋力が弱ってきた方であれば持ち運びが大変と感じるのは珍しくありません。

家族が多くて水を沢山使用する人の場合でも、1回に何リットルも持って帰るのは大変です。車を持っていない場合は、不可能とさえ感じるものです。

「持ち運びの大変さ」は「誰かに手伝ってもらう」以外に解決策がありません。スーパーの水は無料で提供されているため、配送などもありません。

また、仮に配送があったとしても保存期間が極めて短いために、飲料水としては使用できない可能性が高まります。

無料であるがゆえに「持ち運び」が最大の難点と言えるかもしれません。

スーパーの水より安全なコスモウォーター

スーパーの水より安全なコスモウォーター

持ち運びが大変で「安全面」に不安を感じる方は、安全で手軽に綺麗な水が飲めるコスモウォーターを利用してみるのはいかがでしょうか。

コスモウォーターは、米国開催「水のアカデミー賞」で日本初の金賞を受賞したウォーターサーバーです。コスト面もさることながら、「安全性」「手軽さ」「水のおいしさ」を兼ね備えています。

コスモウォーターの「安全性」「衛生面」は、クリーンエアシステムによって徹底管理されています。クリーンエアシステムで徹底管理されているのは以下の内容です。

  • 密閉型ワンウェイボトル
  • 衛生管理の特許技術「クリーンエア」
  • 徹底した品質管理

コスモウォーターで使用されるボトルは、リサイクル可能なPET樹脂製。しかし、再利用して使いまわすのではなく「新品のボトル」を毎回使用します。

「密閉型ワンウェイボトル」は外気を極力取り込まず、飲み終えた後は家庭ごみとして処分できます。さらに特許技術である「クリーンエア」は、ウォーターサーバー内部に入り込む外気をクリーン処理する技術です。

また、120項目以上に及ぶ厳しい自社基準をクリアした天然水だけが出荷されるなど、徹底して品質管理されています。

「天然水」は、「京都」「大分」「静岡」から厳選採水されたもので、最寄りの配水池から届けられます。毎日採水されている水を48時間以内に出荷されるのも、美味しい天然水を飲める秘訣と言えるでしょう。

毎日「安全な美味しい水」を飲みたい方は、コスモウォーターを検討してみてはいかがでしょうか。

コスモウォーターの公式サイトはこちら

\今なら最大18,000円キャッシュバック!/

スーパーのお水まとめ

「スーパーの無料水」は、最初にボトルを購入するだけで誰でも無料で水を手に入れられる素晴らしいシステムです。しかし、不特定多数の人が使用するため「安全性」「衛生面」に不安を感じる部分があります。

また、持ち運びが困難になる場合が多く、車を持っていない人には一苦労です。車を持っている人でも、1日に運べる量には限界があると言わざるを得ません。

毎日つかう水だからこそ、「安くて安心で衛生的」かつ「美味しい水」を使いたいと感じるのは自然です。

それらの不安を取り除くには、コスモウォーターを利用してみるのも1つの手段です。コスモウォーターなら「クリーンエアシステム」で安全かつ衛生的。48時間以内に出荷される天然水を美味しく手軽に楽しめます。

コスモウォーターの公式サイトはこちら

\今なら最大18,000円キャッシュバック!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA