水道水は赤ちゃんに飲ませて大丈夫?みんなはいつから飲ませてる?

赤ちゃんは水道水をいつから飲んでも大丈夫?ミルクは水道水で良い?

赤ちゃんは水道水をいつから飲んで大丈夫なの?
ミルクは水道水で作って大丈夫?

と疑問に思っている方も多いでしょう。

主婦

赤ちゃんに水道水を飲ませて大丈夫なの?
生後2~3年はウォーターサーバーの水を飲ませるのがおすすめじゃぞ

博士

赤ちゃん向けウォーターサーバー

1位:プレミアムウォーター

業界トップクラスの安全性。顧客満足度1位も獲得しており1番おすすめ

2位:コスモウォーター

超軟水なので赤ちゃんにあっている。機種によってはプレミアムウォーターより料金が高め

3位:フレシャス

安全性は問題なく、かなりおしゃれ。値段が高めでもおしゃれなウォーターサーバーが欲しい人におすすめ。

ここでは、ウォーター博士が赤ちゃんにいつから水道水を飲ませて良いか解説していきます。

ざっくり言うと...

当サイトの独自調査の結果、生後すぐに水道水を飲ませているご家庭はほぼなかった

 

生後2~3年から飲ませるご家庭が1番多かった

 

水道管のサビや貯水タンクの汚れが混入している可能性があるので水道水が100%安全とは言い切れない

 

実際に赤ちゃんの間はウォーターサーバーのお水しか飲ませないという人も多い

 

赤ちゃんのためのウォーターサーバーなら、安全性が高い「プレミアムウォーター」「コスモウォーター」「フレシャス」がおすすめ

 

その中でもトップクラスに安全性が高く、天然水顧客満足度1位を獲得しているプレミアムウォーター1番おすすめ

 

期間限定でQuoカード2,000円分プレゼントキャンペーンを開催しているので、お得な今のうちに申し込んでおきましょう

 

プレミアムウォーター

 

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

プレミアムウォーター

赤ちゃんは水道水をいつから飲んでも大丈夫?ミルクは?

他のお母さんは赤ちゃんにいつから水道水を飲ませている?

博士

生後2~3ヶ月後から赤ちゃんに水道水を飲ませ始めるご家庭が多いんじゃ

当サイト独自調査の結果、赤ちゃんに水道水を飲ませ始める時期は以下のようになりました。

時期 飲ませているご家庭
生後すぐ ほぼいない
生後半年 ほぼいない
生後1年 中頻度でいる
生後2年以降 高頻度でいる

上記の表からも分かる通り、ほとんどのご家庭では生後2年以降から水道水を与えているようです。

反対に、生後すぐや生後半年で飲ませているご家庭はほとんどいませんでした。

また、ウォーターサーバーを利用しているので全く水道水を赤ちゃんに飲ませていないという家庭も多いです。

水道水が軟水で安全だったとしても、「ウォーターサーバーのお水の方が安心できる」という人も少なくありません。

また、ミルクつくりの際にもウォーターサーバーであれば、わざわざお水を煮沸してお湯を作らなくてもすぐにお湯が使えるので便利だという声も多いです。

赤ちゃんの様子を見ながら飲めるかどうか確かめるのがベスト

博士

いつから飲んで大丈夫かは体質によるんじゃ

先ほど、赤ちゃんに水道水を飲ませるのは生後6ヶ月目以降が多いと説明しました。

しかし、生後2年目以降から赤ちゃんに水道水を飲ませている人が多いからといって、安心して飲ませるのは控えましょう。

先ほども少し触れましたが、赤ちゃんの消化器官の発達はまだ未熟です。

そのため、様子を伺いながら飲ませるかどうか判断しましょう。

初めて赤ちゃんに水道水を飲ませるときは下痢や嘔吐など起こさないためにも、

特に注意深く体調の変化などを観察したほうが望ましいと言えます。

しかし、

主婦

赤ちゃんが体調を崩すかもしれないことをしたくない!

という方には、ウォーターサーバーがおすすめです。

プレミアムウォーター

赤ちゃんのミルクにはプレミアムウォーターがおすすめ

プレミアムウォーター

おすすめ度 星評価5
使いやすさ S
デザイン性 S
安全性 S
月額費用目安 3,820円
レンタル費用 0円
ボトルの値段 1,944円/本
配送地域 全国
送料 無料
最低注文数 2本

※水は12L換算した数値を使っています

ウォーターサーバーのメーカーはたくさんありますが、

  • 利便性
  • お水が軟水である
  • 熱湯と冷水がすぐに出せる
  • 非加熱処理で溶存酸素が多く含まれている

これらの理由から、赤ちゃんに飲ませるお水の安全性を重視したいという人におすすめです。

既にウォーターサーバーを導入されている方で、この記事をご覧いただいて

  • 加熱処理の水のウォーターサーバーを使っている
  • 硬水のウォーターサーバーを使っているが軟水にしたい

と思われる方にも、乗り換えのキャンペーンが適用が可能となっており、乗り換えられると最大16500円のキャッシュバックが受け取りが可能です。

過去にウォーターサーバーを一度も導入されたことが無い方にも導入がしやすいと言えるでしょう。

また、新規申し込みをされると2000円分のAmazonギフトカードが貰える嬉しい特典があります。

こういったことからも、ウォーターサーバーを検討している人には最もおすすめのウォーターサーバーと言えるでしょう。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

他のお母さんは赤ちゃんにいつから水道水を飲ませている?口コミを紹介

赤ちゃんは水道水をいつから飲んでも大丈夫?ミルクは?

主婦

具体的な口コミはないの?
リアルな口コミを届けるためにママの掲示板から口コミを引用するぞい

博士

 

住宅などですと、一度煮沸したものが安心できると思います。 離乳食後期から一歳くらいから、大丈夫だと思います^^

 

ミルク用は、沸騰させてから使うという形で新生児から使えるかと思います。沸騰せずだと、我が家ではうがいを教え始めた1歳半くらいからでした。(はじめは誤って飲んでしまって)
以前、テレビ番組で水道管の汚れやさびを見て以来できるだけ飲ませたくなくて、今もがぶがぶ飲むためならペットボトルの水をあげています。

 

生まれてすぐからあげてます。
水道水直接は上の子も(もうすぐ3歳)まだあげてません。

私自身も水道水を生水のままは飲みません。
給水タンクに一度貯めてるお水だとかなり衛生的に悪いので、沸かして飲ませる方がいいと思います。

 

あげてます
水道の水は地域により違うかも知れませんが私は薬のむ最近下の子で1歳7ヶ月くらいから飲みましたが
薬なので少量です
またできたら沸騰させて冷ましたのを飲ませるほうがお腹に負担がかからなくついいとおもいます

諸説ありますが、各々のママさんの意見で共通していると言えるのが

  • 水道水は飲ませても少量である
  • 飲ませても一度沸騰をさせている
  • 時期はバラバラですが、少なからず2歳半~3歳前後

というのが見て取れるかと思います。

もちろんここからは大丈夫という具体的な指標というのは設けられていないものの、少なくとも生後半年や1年などで、そのまま水道水を真水で飲ませているママさんはいらっしゃらなかったです。

こういった知識があるママさんだと、小学生になっても沸騰していない水道水の真水を飲ませなかったという意見もあれば、沸騰したら大丈夫と意見は様々ですが、

少なくとも3年近くは生水を飲ませない方が良いという意見が圧倒的多数でした。

そういう観点から見てもウォーターサーバーはお水の種類さえしっかり選べば、

赤ちゃんの為に水道水を飲ませるよりもプラスなるというのは間違いないでしょう。

硬水のミネラルウォーターには注意

まだ身体が未発達の赤ちゃんだと、体の臓器が出来上がっていない状態になります。

このミネラルを分解しているのが肝臓になるのですが、まだ赤ちゃんの段階だとこのミネラルを分解する力がまだ備わっていません。

そのため、赤ちゃんがミネラルが豊富に含まれている硬水を飲む下痢などを起こしてしまう可能性があります。

そのため、赤ちゃんが飲む水は軟水の方がおすすめです。

そもそも赤ちゃんに水を飲ませるべき?

結論から申し上げると、赤ちゃんにお水を積極的に飲ませる必要はありません。

基本的には母乳や粉ミルクなどを飲ませるのが良いですが、赤ちゃんにお水が必要なケースもあります。

例えばお風呂上がりや、炎天下で汗を多くかいた際については成人と同じくお水を飲ませるのが良いでしょう。

赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーは以下で紹介していますので、ぜひご覧ください。

赤ちゃんのミルクを作るのにおすすめなウォーターサーバー10選 【これで安心】赤ちゃんのミルクを作るのにウォーターサーバーは必要?おすすめのサーバーは?

赤ちゃんに水道水を飲ませていいか判断するポイント

初めての子育てをする場合、何をするのにも「赤ちゃんにして大丈夫?」と心配してしまいますよね。

水道水を飲ませることも「本当に大丈夫かな?」「安全かな?」と気になり、悩み事のひとつとなっているでしょう。

そこで、赤ちゃんに水道水を飲ませてもいいか判断するポイントについて解説していきますので、参考にして見てください!

住んでいる場所の水道水の硬度

赤ちゃんが飲むお水の前提知識として、ミネラル分の少ない軟水が最適だと言われています。

そして日本人に最も適しているお水も軟水だと言われています

実は、必ずしも日本全国の水道水が全て軟水というわけではありません。

そのため、住んでいる地域の水道水の硬度を確認しておきましょう。

飲ませる時期については、生後3ヶ月目以降か生後6ヶ月目以降の離乳食開始時期に合わせる方が多いようです。

ただし、「住んでいる地域のお水は軟水だから大丈夫」と決めつけるのではなく、仮に赤ちゃんに適した軟水だったとしても初めの頃は赤ちゃんの様子を見ながら飲ませるようにしましょう。

赤ちゃんはまだ消化器官が未発達のため、どこで体調を崩すかわかりません。

水道水を飲ませてもいつも通りなら問題ないでしょう。

反対に、水道水を飲ませた後から体調を崩し始める場合はまだ控えたほうがいいということになります。

全国都道府県で水道水の硬度が高い/低い地域は?

ここでは、全国の水道水の硬度が高い地域と低い地域について解説していきます。

下記の表にまとめましたので、お住いの地域の水道水が軟水であるかどうか確認するためのご参考にしてください。

硬度が高い都道府県(60㎎/Lを超える) 硬度が低い都道府県(60㎎/L以下)
茨城県:66.4 北海道:32.8
埼玉県:75.0 青森県:42.6
千葉県:81.7 岩手県:40.9
東京都:65.3 宮城県:28.6
神奈川県:61.8 秋田県:30.2
福岡県:60.8 山形県:27.8
熊本県:70.4 福島県:35.1
沖縄県:84.0 栃木県:50.6
群馬県:57.3
新潟県:32.1
富山県:30.4
石川県:44.0
福井県:37.8
山梨県:53.9
長野県:47.7
岐阜県:37.7
静岡県:52.5
愛知県:26.4
三重県:45.6
滋賀県:45.8
京都府:42.4
大阪府:44.0
兵庫県:48.2
奈良県:48.8
和歌山県:53.9
鳥取県:40.9
島根県:28.2
岡山県:47.4
広島県:28.8
山口県:40.1
徳島県:47.7
香川県:47.4
愛媛県:58.2
高知県:43.8
佐賀県:45.3
長崎県:38.3
大分県:52.3
宮崎県:39.3
鹿児島県:48.6

参考:厚生労働省お水専科

上記表を見ると、一部沖縄県や千葉県、埼玉県など硬度が高い地域はありますが、日本の水道水は全国的に軟水であることがわかります。

ここでは、都道府県ごとに水度水の硬度を見ていきましたが、市ごとにもっと詳細に硬度が分かれておりますので、硬度が高い県にお住まいの方でも住んでいる市によっては軟水である可能性もあります。

あまり硬度が高すぎるとミネラル分もその分多く含んでいることになるので、赤ちゃんが飲んだ場合に下痢や嘔吐を引き起こすこともあります。

水道水に赤サビが入っていたことがあるか

お使いの水道水に赤サビが混ざったことがあるのかも気になるところです。

お水がご家庭まで運ばれるまでに必ず通る場所が配水管になります。

その配水管で赤サビが発生すると、そのままご家庭まで水道水と一緒に混ざって届いてしまいます。

赤サビが入ったお水を赤ちゃんに飲ませるどころか、自分で飲むのも考えられませんよね。

平成6年以降は、基本的に赤サビが発生するような鋼製の配水管の新規利用は禁止されていますが、田舎や古い民家などではまだ使われているということもあります。

不慮の事故で配水管の破損などが起こった場合は、水圧の急激な変化により赤サビが発生してしまうこともあります。

赤サビの発生の有無や鋼管の使用など詳しくは、管轄の市役所などでご確認できますので、心配な場合は確認しておきましょう。

赤ちゃんのための水道水煮沸について解説

ここからは、赤ちゃんのために水道水を煮沸する際の注意点などについて解説します。

「水道水の煮沸は何でしたらいいのか?」「何分煮沸すればいいのか?」など気になることも多いと思います。

赤ちゃんのための水道水煮沸について以下より解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

トリハロメタンは10分以上の煮沸すべき

いくら日本国内の水道水は安全だと言われていたとしても、残留塩素が原因の「カルキ臭」やトリハロメタンのような害のある物質は含まれています。

水道水を赤ちゃんに飲ませる際は、必ずと言っていいほど煮沸が必須になってきます。煮沸することによって、塩素のカルキ臭やトリハロメタンをなくすことができるからです。

ただし、注意点があります。それは、トリハロメタンの減少に必要な煮沸時間です。

トリハロメタンは、5分程度の煮沸では返って増殖してしまいます。

ですので、少なくとも10分以上の煮沸が必要になります。10分でも心配という方は、15分ほど煮沸しましょう。

水道水を赤ちゃんに飲ませる場合、または、水道水でミルクを作る場合、どちらの場合でも10分~15分以上の煮沸を心がけましょう。

水道水の煮沸は何ですべき?

調査によると、水の煮沸は電気ポットとケトルでされることが多いようです。

ちなみにケトル派が6割以上占めており、電気ポットは3割程度で、残りの1割が鍋という割合になります。

ケトルを使って水道水を煮沸させる人が多いですが、ケトルは沸騰したらすぐに煮沸をやめてしまうため10分以上の煮沸が難しい仕組みになっています。

つまり、電気ケトルでは中途半端に水道水を煮沸することになるので、トリハロメタンを除去できないどころか返って増殖させることになってしまうのです。

トリハロメタンや残留塩素を気にするならケトルやポットではなく、10分以上確実に煮沸できる鍋を使用して煮沸するべきです。

しかし、水道水を鍋で煮沸するのは、面倒かつ、安全性の面からおすすめしません。

鍋で煮沸する手間や熱湯が掛かる危険性をなくしたい場合は、ウォーターサーバーがおすすめです。

その中でもプレミアムウォーターは、機能面、安全面ともにトップクラスのウォーターサーバーになります。

お水も赤ちゃんに適した軟水で、冷温水ともに使用することができ、ミルクつくりにも適しています。

また、妊娠中または5歳未満のお子さんがいるご家庭限定でサポートする「マムクラブ」というお得なサービスがあります。

水道水が心配という方や煮沸の手間をなくしたいという方は、ぜひプレミアムウォーターにお申し込みください。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

水道水で赤ちゃんのミルクを作るときに注意してほしいこと

水道水の煮沸について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

煮沸ひとつをとっても意外に注意しなければいけないことがあると思った方も多いのではないでしょうか?

ここからは、水道水で赤ちゃんのミルクを作るときに注意してほしいことについて解説していきます。

浄水器は雑菌が繁殖しやすいので注意!

浄水器は雑菌が繁殖しやすいので注意が必要です。

浄水器のカートリッジの中には、雑菌が繁殖しやすい水分、養分、湿度が整っています。

カートリッジ内には塩素が除去された後の雑菌が好む水分が大量にあります。

また、塩素取り除かれる分、雑菌も繁殖しやすくなっています。

さらに、浄水器のお水の出口もシンクからの跳ね返り水や洗い物した際の飛び散りによりかなり汚れているのです。

浄水器のカートリッジやフィルターは定期的にこまめに交換する必要があります。

しかし、忙しかったりするとついつい浄水器のメンテナンスをすることを忘れてしまうこともありますよね。

そうなってしまうと、浄水器を毎日清潔に保っておくことは難しいので、赤ちゃんに飲ませるお水としてもミルクつくりとしてもあまり好ましくありません。

そのため、浄水器を使ってミルクを作る場合は浄水器の清掃をこまめにするようにしましょう。

水道水は10分以上煮沸

先ほども少し触れましたが、水道水は10分以上、できれば15分以上は煮沸する必要があります。

しかし、煮沸する時間がない方や手間を取られたくないという方には、プレミアムウォーターというウォーターサーバーがおすすめです。

プレミアムウォーターは、加熱クリーンシステムという機能がついており、温水タンクのお湯を循環させることでタンク内を衛生的に清潔に保ってくれます。

この他にもエコモードによる節電やお子さんのいたずら防止や直感的で簡単に扱える操作性など高性能で使用感も申し分ありません。

水道水を煮沸する時間をなくしたい方や赤ちゃんに安全なお水を飲ませたい方は、ぜひプレミアムウォーターにお申し込みください。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

赤ちゃんには水道水とウォーターサーバーどっちがおすすめか比較

ここまで、「赤ちゃんに水道水を飲ませてもいいのか」「赤ちゃんに水道水を飲ませる際の注意点や判断基準」など赤ちゃんと水道水の関係性について説明してきましたがいかがだったでしょうか?

赤ちゃんに水道水を飲ませるのに注意しなければいけない点が多々あると感じた人も多いでしょう。ここからは、水道水とウォーターサーバー、結局どちらが赤ちゃんにおすすめなのかについて比較していきます。

水道水とウォーターサーバー、それぞれのメリットについて下表にまとめましたので参考にしてみてください。

水道水のメリット ウォーターサーバーのメリット
毎月の費用が安い お水を煮沸させる必要がない
お水がなくなることはほぼない 片手で操作ができ、育児の合間で簡単に使える
デザインが凝っていて、インテリアとしても優秀
家族や来客など赤ちゃんのみならず、みんなが使用できる
コーヒーやお好みの飲み物も作れるので、育児の合間に心と体をリフレッシュできる

先に結果をお伝えすると、断トツでウォーターサーバーの方が赤ちゃんにおすすめです。

下記より、もっと細かく水道水とウォーターサーバーのメリットについて解説していきます。

ウォーターサーバーのメリット

まずは、ウォーターサーバーのメリットについて解説していきます。水道水とウォーターサーバーでは、費用面はもちろんの他、お水のおいしさや安全面、衛生面なども大きく違います。

ウォーターサーバーのメリットを下記表にまとめましたので、ご参考ください。

ウォーターサーバーのメリット

・お水を煮沸させる必要がない

・簡単な操作で赤ちゃんのミルクが作れる

・おしゃれなデザインのウォーターサーバーが多く、眺めるだけでも育児ストレスの緩和になる

・赤ちゃんのみならず、家族全員が使用できる

・育児の合間にコーヒーや紅茶を作って休憩できる

ウォーターサーバーの大きなメリットは、お水の煮沸が必要ないことと、簡単にミルクが作れることです。

水道水を煮沸されるのに結構手間を感じてしまう人も少なくありません。

また、赤ちゃんだけでなく、家族全員でウォーターサーバーのおいしい、安全で衛生的なお水を飲みことができます。

このような理由により水道水よりもウォーターサーバーの方が手間がかからず、安全なお水が飲めます。

水道水よりもウォーターサーバーの方がはるかにおすすめです。

そして、ウォーターサーバー選びで迷われている場合は、赤ちゃんのためのサーバーがあり、育児中のお母さんのサポートも徹底的にしてくれるプレミアムウォーターがおすすめです。

赤ちゃんのためのウォーターサーバーであれば、お水のおいしさや安全性、操作性や機能性などすべての面において他のウォーターサーバーより優れているプレミアムウォーターを選べば間違いないので、ぜひお申し込みください。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

水道水のメリット

次は、水道水のメリットについて解説していきます。

下記表にまとめましたので、まずはみてみましょう。

水道水のメリット

・必要費用は水道代のみなので、かなりの低コストで安い

・お水がない状態になることがほぼない

水道水のメリットは何といってもかかる費用が水道代のみというところでしょう。

いくら飲もうと人が飲み水として使用する程度の量では、そこまで毎月の負担にはならないでしょう。

また、地震などの災害時の断水以外でお水が止まることはほぼ皆無です。この2つの点は水道水の大きなメリットだといえます。

まとめ:赤ちゃんは水道水をいつから飲んでも大丈夫?ミルクは?

まとめ:赤ちゃんは水道水をいつから飲んでも大丈夫?ミルクは?

このページの要点は以下のようになります。

要点まとめ

生後すぐに水道水を飲ませているご家庭はほぼいない

 

内臓が未発達の赤ちゃんに水道水を飲ませると体調を崩してしまうんじゃないかと心配する人が多い

 

実際、水道管のサビや貯水タンクの汚れが混入する可能性があるので、100%体調を崩さないとは断言できない

 

そのためウォーターサーバーでミルクや離乳食を作っている人が非常に多い

 

赤ちゃんにおすすめな安全性の高いウォーターサーバーは、「プレミアムウォーター」「コスモウォーター」「フレシャス」の3つ

 

その中でもトップクラスに安全性が高く、天然水顧客満足度1位を獲得しているプレミアムウォーター1番おすすめ

 

期間限定でQuoカード2,000円分プレゼントキャンペーンを開催しているので、お得な今のうちに申し込んでおきましょう

 

プレミアムウォーター

[matome-premium]

ウォーターサーバーを置く場所がないという方には、ミニウォーターサーバーもあるので以下の記事を参考にしてください。

おすすめなコンパクトな卓上のミニウォーターサーバー8選!選び方も解説 おすすめのコンパクトな卓上ミニウォーターサーバー8選!選び方も解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA