ウォーターサーバーの仕組みとは?なぜ冷水とお湯がすぐ出るの?

ウォーターサーバーの仕組みとはなぜ冷水とお湯が出るの?

「ウォーターサーバーの仕組みってどうなってるんだろう?」「ウォーターサーバーの構造を理解したうえでウォーターサーバーを購入したい」
上記のような考えや、思いを持った方は少なくないように感じられます。

ウォーターサーバーの購入前に構造や機能をわかっていないと購入後に自分の購入したウォーターサーバーを見て思い通りの機能がついていないなど、後悔することになるかもしれません。

具体的には、ウォーターサーバーを次のように分けて解説していきます。

  • ウォーターサーバーでお湯と冷水はどうやって作られるの?
  • ウォーターサーバーは抗菌はしてくれるの?
  • ウォーターサーバーの構造はどんなものがあるの?
  • ウォーターサーバーの節約してくれる仕組み
  • ウォーターサーバーの水の供給方法
このページを見れば、ウォーターサーバーの仕組みと構造について完璧に理解することができます。ぜひ最後まで目を通しましょう。

ウォーターサーバーの仕組みはどうなっているの?

ウォーターサーバーの仕組みはどうなっているの?

まずはウォーターサーバーの大まかな仕組みを紹介します。

ウォーターサーバーの仕組みをわかっているだけで購入するをウォーターサーバーの品定めをネット上ですることができます。

具体的には、ウォーターサーバーを次のように分けて解説していきます。

  • 温かいお湯が出る仕組み
  • 冷たい水が出る仕組み
  • タンクの仕組み
  • 電気代を節約してくれるウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバーの購入を検討している方はぜひこの記事をみて勉強してみましょう。

温かいお湯が出る仕組み

ポットなどのお湯を沸かしてくれる機器と違い、ウォーターサーバーってすぐに熱湯が出てきて「どういう仕組みなんだろう?」と思ったことありませんか?

実は仕組みは簡単で、だいたいのウォーターサーバーは金属を電気で温めてお湯を作り出しています。

この構造は、電気コンロや電熱線ヒーターと同じ原理で簡単に採用できる構造のため、各メーカーほとんどこの仕組みを採用してます。

ウォーターサーバー自体に温度調節機能がついていりるものも存在しており、タンク内のお湯の温度をある程度調節することができます。

常にウォーターサーバー内部でお湯を温めているため、すぐに暖かいお湯を出すことができますが、お水がない状態では空焚き状態になってしまい大変危険です。

多くのウォーターサーバーには自動で空焚き防止機能がありますが、一部付いてない機種もありますのでご注意ください。

冷たい水が出る仕組み

ウォーターサーバーから冷水が出てきて、「お湯お出るのになんでこんなに冷たい水が出てくるんだろう?」と思っている方も少なくないと思います。

冷たい水が出る仕組みには2種類あります。

  • 電子方式
  • コンプレッサー方式

電子方式

特徴
消費電力が少ない
水を冷却するのに時間がかかる

電子方式ではペルチェ素子と言う電子部品を使い冷水を作り出しています。

ペルチェ素子の電気を流すと片面では発熱して片面では吸熱する効果を利用しており、消費電力が低い代わりに水を冷却するのに時間を要します

簡単に説明するとペルチェ素子に電気を流すと冷たくなる思っていただければいいです。

電子方式では、だいたい常温から冷たい水に代わるまでに3時間程度の時間を要すると考えていてもいいでしょう。

コンプレッサー方式

特徴
消費電力は大きくなる
大量の水を短時間で冷却できる
構造上ウォーターサーバー自体が大きくなってしまう

コンプレッサー方式では冷媒ガスを循環させ、水を冷却させます。

冷蔵庫やクーラーもこのコンプレッサー方式が使われおり、この方法では消費電力は多いものの、短時間で水を冷却することがで切るのが特徴です。

構造上どうしてもウォーターサーバー本体が大きくなってしまうデメリットもあります。

そのため、家に設置する際はしっかりウォーターサーバーを置く場所の確認はしておきましょうね。

抗菌の仕組み

ウォーターサーバーを使う際に、「中は雑菌だらけで汚いんじゃないの?」と心配に思われる方もいるかもしれませんが、ほとんどのウォーターサーバーは抗菌対策がしてあり安心です

ウォーターサーバーは、なるべく外気と水を触れさせないようするゴミや塵を防止する対策と、ウォーターサーバー内部で抗菌対策をしていてサーバーと水を清潔に保っています。

いくら衛生面を保つための対策がされているとはいえ、メンテナスが必要なウォーターサーバーは1~2年に1回はプロにお願いしてメンテナンスが必要になるので気をつけましょう。

最近ではプロのメンテナンス不要のウォーターサーバーも増えてきました、購入前にメンテナンスが必要かどうか確認必須です。

外部の汚れ

「外部からのゴミや塵、菌はどうやって対策してるの?」っと疑問に思っている方もいるかもしれませんがしっかり対策されています。

空気中から外部のゴミや塵、菌を内部に侵入させないように以下のような対策が行われています。

購入前に以下の、どの外部の汚れに対しての機能がついているかは必ず確認しましょう。

抗菌フィルター
拘禁されたエアフィルターを挟むことで外部からのゴミや塵の侵入を防ぐことができ、抗菌のため菌が内部に侵入するのも防ぐことができます。

HEPAフィルター
原子力施設の換気装置にも使われているこのHEPAフィルターは、目で見ることができないゴミや塵までもしっかり防ぐことができます。

クリーンエアシステム
ウォーターサーバー内に入ってくる空気をクリーン処理してきれいにするシステムで、わずかな空気もすべてきれいな空気に換えてしまいます。

タンクを柔らかくする
タンクを柔らかく作ることで水を使えば使うだけ内部の空気が抜けボトルがしぼみ、外部の空気と内部の水を触れ合わせないような構造にしているタンクもあります。

組み立て時の取り組み
ウォーターサーバーは無菌状態でオートロボットがの組み立てをしていることほとんどなので、未開封の状態では無菌状態が保たれています。

具体的には開封してから菌が内部に侵入しないように高性能フィルターを搭載していて、水を差し込む際や空気が入ってきた際に外部からの菌を内部に入れない構造になっています。

そもそも外部から菌が侵入してこないため、内部での菌の増殖を防ぐことができます。

内部の汚れ

「さすがに内部を清潔に保つのは難しいのでは?」と思っている方もいるかもしれませんが、しっかりゴミや塵、抗菌対策をしています。

ウォーターサーバー本体や水のタンクのゴミや塵、菌を内部に侵入させないように以下のような対策が行われています。

  • UV除菌
  • 高温の水での殺菌

購入前に必ず以下のどの内部の汚れに対する機能がついているか確認しましょう。

UV除菌
殺菌力のある紫外線で水をUV除菌してくれ水を清潔に保ってくれる機能です。高温の水で除菌することが難しい冷水の蛇口までも殺菌することができます。

最近では歯ブラシケースや布団クリーナーにもこのUV除菌の機能は使われているんです。

高温の水をタンク内に循環させる
高温のお湯を一時的にウォーターサーバー内で循環させ冷水タンク内を殺菌してくれる構造です、高温のお湯を循環させる構造はお湯が循環しているときは、使うことができないのと多くの消費電力使うデメリットもあります。

メーカによってさまざま抗菌対策をしている、購入の際に必ず確認してみましょう。

タンクの仕組み

ここでは、水のボトルを設置した後に内部のタンクはどうなっているのかを解説していきます。

最近のウォーターサーバーはサーバー内に2つのタンクを持っており、冷水タンクと温水タンクに分かれています。

一昔前は水が一度冷却タンクを通して温水タンクに到達するような仕組みがとられていましたが、現在は、ほとんどのウォーターサーバーで水の経路が冷水と温水でタンクが分かれています。

水の経路を分けることで水が冷水タンクを通り、水が一度冷却されることがなくなるため、常温より冷たい水を温めずにすみ消費電力が抑えられるのです.

ウォーターサーバーもどんどん進化しているので、これから消費電力をさらに抑えたサーバーも発売されることでしょう。

ボトルの仕組み

ウォーターサーバーには2種類のボトルがあります。

  • 使い捨てボトル
  • 回収可能なガロンボトル

使い捨てボトル

使い捨てボトル

使い捨てボトルは毎回の回収や使い終わったボトルを置いておく場所がない方におすすめします。

使い捨てボトルは水を使い終わったらそのままごみ箱に捨てることができるので、使い終わったボトルを回収に来るまで邪魔だったボトルをごみ箱に捨てることができ、場所を取りません。

しかも、そのままボトル使い続けないため衛生的にもいいでしょう。

回収可能なガロンボトル

ガロンボトル

ほとんどの方が想像しているウォーターサーバーの形はこちらのガロンボトルのウォーターサーバーではないでしょうか。

回収可能なガロンボトルのメリットは容器を回収してくれるため、使い捨てボトルに比べると安価に利用することができます。

使い捨てボトルと比べ、水が減っても容器が凹まないため見栄えが良いメリットもあります。

電気代を節約してくれるウォーターサーバーの仕組みは?

「ウォーターサーバーの電気代っていくらぐらいかかるんだろう?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

だいたいウォーターサーバーの電気代は毎月1000~1500円程度で中には電気代を節約してくれる機能がついているウォーターサーバーも存在します。

電気代を500円以下に抑えることができるウォーターサーバーもあるので、購入前にウォーターサーバーの消費電力はしっかりチェックするといいですよ。

電気代を抑えてくれるウォーターサーバーは、次のようなことをして消費電力を抑えています。

  • 使っていない時間帯や暗くなったら消費電力を自動で抑えてくれる
  • 設定温度を切り替える

ウォーターサーバーの購入を検討されている方は必ず上記の機能がついているかの確認してから購入するようにしましょう。

使っていない時間帯や暗くなったら消費電力を自動で抑えてくれる

ウォーターサーバーを使っていない時間帯を自動で検出したり、暗くなったのを検知して消費電力を抑えてくれる機能です。

とても便利な機能のため、ぜひ自動で消費電力を抑えてくれる機能が付いたウォーターサーバーの購入をおすすめします。

なかには消費電力を50~60%抑えてくれるウォーターサーバーもあります。

設定温度を切り替える

エコモードがついているウォーターサーバーの中には設定温度が変更される機種もあり、冷水の温度が少し高めで、温水の温度が少し低めで設定されていることがあります。

しかしエコモードには欠点もあり、ウォーターサーバーを使っていて、なんだか水がぬるかったり、お湯があまり熱くなかったらエコモードで設定温度が変わっている可能性があります。

もちろん、設定温度に頼らずに消費電力を半分以下に抑えているプレミアムウォーターのようなサーバーもあるので、購入前にしっかり確認してみましょう。

仕組みからみるおすすめウォーターサーバー

「いろんな機能がウォーターサーバーにあるのはわかったけどおすすめのウォーターサーバーはどれなの?」と思っているあなたにおすすめのウォーターサーバーを紹介します。

メーカーごとにさまざまな仕組みがあるのでぜひ参考にしてみてください。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

おすすめ度 星評価
使いやすさ S
デザイン性 S
月額費用目安 3,820円
レンタル費用 0円
ボトルの値段 1,944円/本
配送地域 全国
送料 無料
最低注文数 2本

※水は12L換算した数値を使っています

プレミアムウォーターは電気代を抑えて、最新の機能が付いたウォーターサーバーを使いたい方、そして乗り換えキャンペーンを使ってお得に乗り換えたい方におすすめです。

エコモードや温水殺菌モードも付いており、自分の部屋によって置けるウォーターサーバーを選択できるのが大きな特徴になっています。

サーバーレンタル料は毎月1100円で、水のボトルを毎月2セット購入すればレンタル料は550円になります。

いまなら他社からの乗り換えで16500円キャッシュバックされ、新規申し込みで2000円amazonギフト券も手に入れることができます。
プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Amazonギフト券2,000円プレゼント!/

コスモウォーター

コスモウォーター

おすすめ度 星評価
使いやすさ A
デザイン性 S
月額費用目安 3,631円
レンタル費用 0円
ボトルの値段 2,052円/本
配送地域 全国
送料 無料
最低注文数 2本

※水は12L換算した数値を使っています

毎月の支払いを最小限に抑えたい方におすすめなのがコスモウォーターです。

電気代を最大で60%省エネできるエコモードが搭載されていて、再生可能ペットボトルを採用しているため、そのままリサイクルすることができ環境にも優しく衛生面も万全なウォーターサーバーです。

毎月2つ以上水のボトルの購入が必要ですが、ウォーターサーバーのレンタル料は無料です。

新規で申し込むと11000円相当の特典を手に入れることができ、さらに他社からの乗り換えなら5000円キャッシュバックを受けることができます。
コスモウォーターの公式サイトはこちら

\今なら最大18,000円キャッシュバック!/

フレシャス

フレシャス

おすすめ度 星評価
使いやすさ S
デザイン性 A
月額費用目安 3,490円
レンタル費用 0円
ボトルの値段 1,944円/本
配送地域 全国
送料 無料
最低注文数 4本

※水は12L換算した数値を使っています

おしゃれでスタイリッシュなウォーターサーバーを使いたい方におすすめのウォーターサーバーはフレシャスのウォーターサーバーです。

フレシャスのウォーターサーバーのデザインはとてもかっこよく置き場に困りません。

UV-LED殺菌機能を搭載しているので、いつでも安全で新鮮な水を飲むことができます。

レンタル料はすべてのウォーターサーバー初月無料で2か月目から500~1300円程度のレンタル料がかかります。全国送料無料で水をウォーターサーバーを届けてくれて、メンテナス料も無料です。

エコモードも付いており、電気が暗くなると自動で省エネモードになるので電気代が安いという点もおすすめです。
フレシャスの公式サイトはこちら

\期間限定プレゼントキャンペーン実施中!/

ウォーターサーバーの仕組みを構造別に解説

ウォーターサーバーの仕組みを構造別を解説

中には「ウォーターサーバーって絶対に水を毎月購入しないといけないの?」と思っている方もいるかもしれませんが、そうではありません。

ウォーターサーバーサーバーの水の補給方法には3つの構造があります。

  • 宅配型
  • 給水型
  • 水道直結型

今回はそれぞれの仕組みについて詳しく解説していきます。

宅配型

宅配型は文字通り水のタンクを宅配で毎月送ってきてくれる仕組みで、自分の好きな水を選ぶことができ、水質検査や放射能検査など様々な検査を通した水のため安心して飲むことができます。

無菌状態で運ばれてくる水はボトルにも菌が繁殖しないような対策がされているため安心です。

さらに、宅配型にすることで定期的に水が家に届くため買い忘れを防止することもできます。買い物がめんどくさかったり、ずぼらな方は宅配型にすることをおすすめします。

給水型

給水型は水道から水をタンクに給水する仕組みで、水がなくなり次第随時タンクに水を補給しなければなりません。

水道直結型と比べ、給水型は工事が不要のためウォーターサーバーの設置が簡単です。

もちろんタンクには高性能なフィルターがついているため、高い洗浄能力を誇っており小さな塵やゴミ、殺菌も侵入を防いでくれます。

水道直結型

名前の通り、水道をウォーターサーバーに直結させる方法で設置され、唯一水道直結型は簡単な工事が必要になります。

面倒な水の交換や、水タンクの置き場に困る必要もなく、ウォーターサーバーのレンタル代のみの費用しかかからないため毎月の金額も計算しやすいのが特徴です。

さらに、水道直結型に使われるフィルターは水分子しか通さない高機能なフィルターのため浄水機能は高い性能があります。

水道の近くにしか設置することができないので、置き場を考えてから購入するようにしましょう。

実際の工事費として15000~40000円の費用が掛かるため、始めの導入の際は確認が必須です。

まとめ:ウォーターサーバーの仕組み

まとめ:ウォーターサーバーの仕組み

ここまでウォーターサーバーについて詳しくまとめてきました。

ウォーターサーバーの仕組みについては理解することができましたか?

このページのポイントは以下です。

  • お湯は金属を温めて水を温めており、冷水は電子機器か冷媒ガスにより水を冷却している。
  • ウォーターサーバーには様々な抗菌対策がされている。
  • 電気代を気にするならエコモードがついているウォーターサーバーを購入しよう。
  • ウォーターサーバーの水はコストがかかってもいい場合は宅配型で、低コストに抑えたいなら給水型か水道直結型にしよう。

ウォーターサーバーを購入する前に、ウォーターサーバーについての知識がないと非常に危険です

メーカーの思い通りの戦略でウォーターサーバーを購入させられて、後から後悔することになります。

ウォーターサーバーに申し込むならプレミアムウォーターがおすすめ。

デザイン・使いやすさ・コスパの全てでトップクラスのウォーターサーバーですので、迷っている方はプレミアムウォーターに申し込みましょう!

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Amazonギフト券2,000円プレゼント!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA