炭酸水の人気おすすめランキング!一番コスパいいのはどれ?

まとめ:おすすめ炭酸水人気ランキング

「炭酸水が飲みたい!」「健康のために硬水の炭酸水を選びたい」「美味しい炭酸水はどれ?」と考えているのではないでしょうか。

炭酸水ブームが起こってから数年、製品の種類は増える一方です。どんな製品を購入すれば良いかわからなくなり、「あなた好みの炭酸水」が見つけられていないかもしれません。

「炭酸水は美容に良い」と言われたり、「炭酸水でダイエット」を聞いたことがある人も増えました。健康や美容のためにどんな炭酸水を選べばよいのでしょうか。

本記事では、様々な炭酸水をご紹介しています。製品の特長を捉えた説明とともに、「低価格で毎日炭酸水が飲める製品」もご紹介します。

ざっくり言うと...

炭酸水には様々な種類があるが、硬度やコスパなどを総合して自身にあったブランドを選ぶべき

炭酸水を毎日使うような方には、お家で簡単にコスパよく炭酸水が作れるソーダストリームがおすすめ! ソーダストリーム

ソーダストリームの公式サイトはこちら

 

\お家で簡単に炭酸水を作る!/

 

おすすめの炭酸水の選び方

おすすめの炭酸水の選び方

あなたは炭酸水を選ぶとき、どんな基準で選んでいるでしょうか。

中には「味」で選んでいる人もいるかもしれません。しかし、「炭酸水」に付けられている「味」は、砂糖や塩を使用していないものです。「風味」と呼ばれ、フレーバーのように「香り」を楽しむものでしょう。

炭酸水を厳選すると「水の硬度」「炭酸の強度」「ブランド」で選ぶ方法があります。以下では、それぞれについて炭酸水を選ぶための考え方をご紹介します。

軟水か硬水かで選ぶ

多くの炭酸水は「天然水」を使用して作られています。「天然水」に含まれるミネラルの量により「硬水」か「軟水」にわかれます。

炭酸が含まれない飲料水では、一般的に「軟水」が好まれる傾向があります。しかし、炭酸水の場合は「硬水」がおすすめです。

「軟水」の場合、酸味がでる場合があり思っているようなさわやかな味になりません。一般的に販売されている炭酸水の多くは「硬水」で、ミネラルが豊富なのでダイエットにも最適とされています。

「硬水」と「軟水」の基準は以下の通りです。

  • 「硬水」120mg/L以上
  • 「軟水」120mg/L未満

含まれるミネラルが120mg/Lを境に「硬水」と「軟水」に分かれます。

「軟水」の中でも0mg/Lから60mg/Lのミネラル量のものを「軟水」といい、60mg/Lから120mg/Lのものを「中程度の軟水」と言います。

逆に「硬水」の場合は180mg/L以上のものを「非常な硬水」ということがあります。

日本の店では「軟水を使用した炭酸水」も多く販売されています。値段も合わせながら飲んでみて、好みで選ぶと良いでしょう。

炭酸の強さで選ぶ

炭酸の強さにも種類があります。「微炭酸」「強炭酸」など、販売されている炭酸水を意識的に見ると記載されています。

個人により体感は異なりますが、「微炭酸」は炭酸が弱く「強炭酸」は強い炭酸です。

炭酸の強弱は、水に含まれる二酸化炭素の量です。強炭酸には多くの二酸化炭素が含まれるため、「酸性」になることもあります。

しかし、体に影響があるほどではなく、炭酸水を飲んでも問題ありません。好みにより炭酸の強弱を意識してみても良いでしょう。

一般的に販売されている「炭酸水」は、「強炭酸」が好まれる傾向があります。特に男性に好まれる傾向にあるようで、刺激が苦手な女性は「炭酸が飲みたいけど微炭酸が無い」と思ったこともあるかもしれません。

スーパーや量販店へ行くと、微炭酸が売られている可能性は高くなりますので、まとめ買いしておくとよいかもしれません。

ブランドで選ぶ

最も多い選び方は、「ブランドで選ぶ」でしょう。ウィルキンソンやペリエ、サントリーソーダなど有名な炭酸水は複数あります。

炭酸水はお酒を割るときにも使用され、高級バーなどではブランドで炭酸水を選んでいることが多いでしょう。

炭酸ブームの火付け役となったのは「ウィルキンソン」ですが、従来では「炭酸水はお酒を割るもの」という印象が強かったのではないでしょうか。

令和になったとは言え、「炭酸水ブーム」は終わる気配がありません。多くのブランドが販売され、コンビニなどを見れば「炭酸水コーナー」があるほどです。

様々なブランドを飲んでみて、あなた好みのブランドを見つける楽しみも増えてきました。各ブランドの比較は後からご紹介します。

炭酸水にはミネラルの量の違いはありますが、基本的に栄養が含まれるものではありません。ブランドで選ぶのも良い選び方と言えるでしょう。

おすすめ炭酸水人気ランキング!

おすすめ炭酸水人気ランキング!

選び方を理解していただいたところで、一般的に出回っている炭酸水を比較してみましょう。

ブランド名 お水の硬度 炭酸の強さ 価格
ウィルキンソン 軟水(非公開) 強い 80円
ペリエ 381.9mg/L 非常に強い 250円前後
サントリーソーダ 100mg/L 強い 110円(定価)
南アルプススパークリング 約30mg/L 強い 100円前後
ゲロルシュタイナー 1,310mg/L 普通 100円前後
いろはすスパークリング 50mg/L 強い 100円前後
イタリアアルプス炭酸水 8.1mg/L 非常に弱い 100円前後

多くの炭酸水が100円前後で販売されておりますが、卸売りをしている店や直営店では安く購入できる場合があるでしょう。

定価を公表していない企業も多く、大まかな販売価格から推測した金額です。

おすすめの炭酸水ブランド一覧!

上記でまとめた炭酸水を、さらに詳しく見ていきましょう。基本的にコンビニやスーパーなどで多く販売しているものを取り上げました。炭酸水選びの参考にしてください。

ウィルキンソン

ウィルキンソン

硬度(㎎/L) 非公開
炭酸の強さ 強い
販売価格(税込) 80円
特徴 炭酸も酸味も強い

ウィルキンソンは、「炭酸水ブーム」の火付け役です。有名であり、様々な風味の炭酸水が販売されることで人気を集めています。

しかし、他の炭酸水と比べると炭酸も酸味も強すぎるため、お酒を割るのに使用している人も多いのではないでしょうか。

強炭酸であることで、男性に人気の製品です。逆に、刺激が苦手な女性には受け入れられにくい可能性があります。

\強炭酸水の代名詞!/

ペリエ

ペリエ

硬度(㎎/L) 381.9mg/L
炭酸の強さ 非常に強い
販売価格(税込) 約250円
特徴 値段が高いが高級感あり

高級感あふれる瓶パッケージで販売されているのが「ペリエ」です。コストコなどへ行くと、まとめ売りされていることがあります。

泡が残りやすく適度な塩加減により、人気が集まっています。しかし、毎日飲むには少し高いと感じる値段ですので、「記念日」などに活用するのが一般的ではないでしょうか。

ただし、喉を潤すために飲むと塩加減により「さらに喉が渇く」感覚があるかもしれません。パーティーや誕生日など、お酒と一緒に飲む「高級飲料」と考えておくと良いでしょう。

\フランス生まれのおしゃれな炭酸水!/

サントリーソーダ

サントリーソーダ

硬度(㎎/L) 100mg/L
炭酸の強さ 強い
販売価格(税込) 110円(定価)
特徴 お酒を割るのに丁度よい

本記事では、定価を記載しておりますが、多くの販売店では格安で売られているでしょう。一般的には80円前後で購入できる場合も多いのが、サントリーソーダの良いところ。

しかし、そのまま飲むには味に違和感を感じる人も多く、お酒を割る用に使用するのがベストでしょう。

実は、「ウィルキンソン」が流行するより以前に販売されており、スーパーなどでは「お酒の横」に置かれていました。日常的な飲料ではなく、「お酒の割材」として販売されていたため、味が良いとは言えません。

\大手サントリーの炭酸水!/

南アルプススパークリング

南アルプススパークリング

硬度(㎎/L) 約30mg/L
炭酸の強さ 強い
販売価格(税込) 100円前後
特徴 バランスが良い炭酸水

炭酸水の中で、ほんのり「甘味」を感じられるのは珍しく、炭酸強度や硬度も日本人には丁度良い炭酸水です。「南アルプス天然水」を使用し、水そのものの風味を残したまま炭酸水にしています。

コンビニなどでも販売されていることが多く、平均価格は100円前後。いつも飲む炭酸水として、バランスがとれた商品です。

「炭酸水ブーム」の中で生まれた製品で、多くの人に好まれるように試行錯誤が繰り返されたのでしょう。人気が高い製品です。

\天然水でできた炭酸水!/

ゲロルシュタイナー

ゲロルシュタイナー

硬度(㎎/L) 1,310mg/L
炭酸の強さ 普通
販売価格(税込) 100円前後
特徴 硬水だが飲みやすい炭酸水

日本人には「硬水」より「軟水」が好まれる傾向があります。ゲロルシュタイナーは、かなりの「硬水」ですが、炭酸と合わさることで丁度良い飲料となります。

健康維持には「硬水」の方が良いと言われますので、健康維持のためにミネラルを豊富に含んだ炭酸水を求める方は、利用しても良いでしょう。

夜の帝王ROLANDがイメージキャラクターに採用されたこともあり、ストイックに体を作る人にも最適な炭酸水です。

\超硬水の炭酸水!/

いろはすスパークリング

いろはずスパークリング

硬度(㎎/L) 50mg/L
炭酸の強さ 強い
販売価格(税込) 100円前後
特徴 軟水だがカルシウム豊富

潰せるペットボトルでブームを引き起こした「いろはす」を「炭酸水」にした商品です。軟水の中でカルシウムが豊富に含まれることが知られており、多くのフレーバーも発売されています。

本製品は「硬度50mg/L」のものを取り上げましたが、硬度がほぼ0mg/Lの「いろはすグラススパークリング」もあります。コンビニなどでも販売されているので、手に入りやすく多くの人が見たことがある製品でしょう。

\いろはすから出た炭酸水!/

サンタンナ イタリア アルプス炭酸水サンタンナ

硬度(㎎/L) 8.1mg/L
炭酸の強さ 非常に弱い
販売価格(税込) 100円前後
特徴 微炭酸だが独特の味

炭酸水を飲みたいけれど「微炭酸」を求める人は、イタリアアルプス炭酸水を利用してみても良いかもしれません。微炭酸であることで「炭酸水本来の喉越し」は感じにくく、爽快感はイマイチです

イタリアからのミネラルウォーターを使用しているため、日本人は好みがわかれるかもしれません。販売価格は、店により激安販売していることもあります。

\炭酸が苦手な人でも飲める!/

コスパよく炭酸水を飲むならソーダストリーム!

ソーダストリームとは

毎日「炭酸水」を飲んでいる人は、家庭で炭酸水を作ることをお考えではないでしょうか。毎日100円前後を使用すると、月額3000円以上かかります。

家庭で炭酸水が飲めれば、コストを下げることにもつながり良いことばかり。そのように考えている場合、ソーダストリームがおすすめです。

「ソーダストリーム株式会社」が販売している「ソーダストリーム」は、家庭で炭酸水を作れる以上に、コストパフォーマンスが素敵です。

500mlの炭酸水を作る場合、約18円で作れます。シロップを加えた炭酸飲料を作る場合でも、約54円で製作可能。

もちろんスーパーやコンビニに出かける必要もなくなり、毎日美味しい炭酸水を飲めます。

ソーダストリームのホームページを記載しておきますので、気になる方はご覧ください。

ソーダストリームの公式サイトはこちら

\お家で簡単に炭酸水を作る!/

まとめ:おすすめ炭酸水人気ランキング

まとめ:おすすめ炭酸水人気ランキング

「炭酸水ブーム」は留まることを知らず、年々多くの製品が販売されています。夏の暑い日など、毎日炭酸を飲みたくなる気持ちもあるでしょう。

ジュースを飲むと体に悪いから、「炭酸水を選ぶ」のは当然の流れかもしれません。

しかし、どんな製品を選んでみても商品代金が必要になります。多くの「炭酸水」はミネラルウォーターを使用しており、中には海外から輸入しているものもあります。

安くても50円程度が必要になることを考えれば、「ソーダストリーム」を利用して低コストで炭酸水を楽しんでみてください!

ソーダストリームの公式サイトはこちら

\お家で簡単に炭酸水を作る!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA