ウォーターサーバーのお湯の温度は何度?お湯が出る仕組みは?

ウォーターサーバーのお湯は何度? 仕組みはどうなってるの?

ウォーターサーバーのお湯の温度は何度?
お湯や冷たい水が同時に出る仕組みはどうなっているの?

このページをご覧のあなたはそんな疑問を抱かれているのではないでしょうか。

導入したウォーターサーバーが設定している温度が、使用しようと思っていた用途に使えなかったなんてことは絶対に避けたいですよね。

このページでは日本最大級のウォーターサーバーメディアであるウォーターサーバータイムズの編集部が以下のことを解説していきます。

  • ウォーターサーバーのお湯の温度とその使い道
  • ウォーターサーバーの子供のいたずらによる事故を防ぐ機能
  • ウォーターサーバーでお湯を使う場合の電気代は?
  • ウォーターサーバーのお湯が出る仕組み

このページを読めば、 ウォーターサーバーの温水や冷水を作る仕組みについての理解がかなり深まり、ウォーターサーバーを選ぶ際、より良い選択ができるようになるのでぜひ参考にして下さい。

ウォーターサーバーのお湯は何度?

ウォーターサーバーのお湯は きちんと熱い!

ウォーターサーバーのお湯の温度はいったいどれくらいなのでしょうか。

まずは、ウォーターサーバー業界で有名なメーカーで、ウォーターサーバーごとにお湯の温度を比較してみます。

メーカー
ウォーターサーバー
お湯の温度
コスモウォーター
スマートプラス
80度~85度
プレミアムウォーター
カド―
90度前後
アマダナ
87度前後
アマダナスタンダード
87度前後
スリムサーバーⅢ
85度前後
フレシャス
デュオ
80度~85度
スラット
80度~90度
デュオミニ
80度~85度
アクアクララ
アクアスリム
80度~85度
アクアアドバンス
85度~90度
アクアファブ
80度~90度
アクアウィズ
85度~95度
クリクラ
クリクラサーバー
75度~85度

これをみると、ウォーターサーバーのお湯の温度はほとんどのメーカーが80度~90度で調節されていることが分かります。

しかし、なぜほとんどのウォーターサーバーのお湯は80度~90度なのでしょうか。

その理由としてまず挙げられるのが、90度以上の温度を維持しようとすると電気代がかかりすぎてしまうということです。

もう一つの理由としては、この80度~90度という温度が最適なものが多く、使いやすいということが挙げられます。

80度~90度の水が最適なものとしては、以下のようなものがあります。

  • コーヒー
  • 煎茶
  • 乳児用ミルク、粉ミルク
  • 焼酎のお湯割り

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺は作れる?

ウォーターサーバーのお湯の温度は80度~90度であるということを説明しましたが、この温度のお湯を使用して、カップ麺を作ることができるのでしょうか。

結論から先に言うと、作ることができます。

また、美味しくカップ麺を作れるおすすめウォーターサーバーや、ウォーターサーバーと電気ケトル・電気ポットでお湯を作るときの電気代の比較などを知りたい方はこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参照してみて下さい。

美味しくカップ麺を作れるウォーターサーバー ウォーターサーバーのお湯でカップ麺は作れるの?温度は大丈夫?

ウォーターサーバーのお湯を赤ちゃんが勝手に出さない?

ウォーターサーバーの 赤ちゃん対策は万全

赤ちゃんや小さいお子さんがいるため、いつでも衛生的で安心安全なお水を使用したいという思いからウォーターサーバーの導入を検討するご家庭が多いようです。

ウォーターサーバーでは、ボタンやレバー一つでいつでも簡単にお湯を出せるので、赤ちゃんのミルクづくりにとても便利です。

しかし、お子さんが勝手にウォーターサーバーのお湯を出してしまい、やけどを負ってしまったなんて事態は絶対に避けたいですよね。

ウォーターサーバーにはそういった事態を避けるためにほとんどの機種が「チャイルドロック」という機能を搭載しています。

チャイルドロックとは、 子供のいたずらによる事故を防ぐため、可動部を固定したり、誤使用を防いだりする仕組みのことです。

具体的には、解除のためのボタンを長押ししてからでないとお湯を出すことができないといったような機能が付いています。

ウォーターサーバーの機種によってはチャイルドロックを搭載していないものもあるので、小さいお子さんがいる家庭では、チャイルドロックがついているかきちんと確認し、本当に安心して使用できるか見極めてからウォーターサーバーを導入するようにしましょう。

ちなみにプレミアムウォーターはチャイルドロックを搭載しており、冷水・温水コックともに、チャイルドロックボタンとチャイルドロックカバーがついていて、子供の誤操作を防止することができます。

また、ダブルロックカバーでボタン操作を制限しているモデルもあり、やんちゃなお子さんがいても安心できるので特におすすめです。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Amazonギフト券2000円分もらえる/

プレミアムウォーター以外の赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーを知りたい方は、ぜひ以下のページも読んでみてください!

赤ちゃんのミルクを作るのにおすすめなウォーターサーバー10選 【これで安心】赤ちゃんのミルクを作るのにウォーターサーバーは必要?おすすめのサーバーは?

ウォーターサーバーでお湯を使う場合の電気代は?

ウォーターサーバーの 電気代は安いよ!

ウォーターサーバーはボタンやレバー一つでお湯をいつでも使えて便利ですが、お湯を作ったり、お湯の温度を維持するためには電気が必要となってきます。

ここで気になるのが電気代なのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの一ヶ月間にかかる電気代金は平均的には、500〜1000円程度となります。

電気ポットとの比較

この料金というのは実は一般的な電気ポットと変わらない、もしくは安いです。

ここで例を見てみましょう。

標準的なサイズの電気ポットで1日2回のお湯を満タンの状態で沸騰させ、それ以外の時間を保温モードにしておくことを考えた場合、1日の電気ポットにかかる電気代は約30円ほどです。

これを1か月で考えると、30円 × 30日 = 900円かかる計算になります。

ウォーターサーバーは一度に大量のお湯を使うことができるので、この結果は意外と思われる方も多いかもしれませんね。

その理由としては、瞬間的にお湯を沸かさないというのがあります。

水を短時間で瞬間的に沸かそうとするとその分大量に電気を消費します。

電気ポットは、すぐにお湯を作ることができるというのも売りの一つですので、じっくり30分程度かけてお湯を作るウォーターサーバーに比べて電気ポットは電気代がかかるのです。

電気代の安いウォーターサーバーはどこか

できるだけ電気代の安いウォーターサーバーを選びたいですよね。

ここでは、ウォーターサーバーの大手15社における電気代、消費電力、想定月額費用(24L注文)を比較してみます。

メーカー各社
電気代
消費電力
想定月額費用(24L)
プレミアムウォーター
463円
冷水80W、温水350W
2,904円
フレシャス
306円
冷水80W、温水350W
4,144円
アクアクララ
324円
冷水95W、温水400W
4,344円
富士おいしい水
370円
冷水85W、温水400W
3,180円
ワンウェイウォーター
404円
冷水80W、温水350W
2,904円
コスモウォーター
465円
冷水150W、温水300W
4,265円
信濃湧水
469円
冷水95W、温水260W、クリーン180W
3,769円
アルピナウォーター
537円
冷水95W、温水260W、クリーン180W
3,508円
アクアセレクト
694円
冷水95W、温水520W
3,525円
クリクラ
700円
冷水80W、温水300W
3,650円
良水市場
926円
冷水85~95W、温水330W
3,226円
ウォータースタンド
700円
冷水115W、温水300W
3,980円
サントリー南アルプスの天然水のサーバー
1,020円
冷水80W、温水350W
3,750円
ハワイアンウォーター
800円
冷水95W、温水260W
3,600円
ネイフィールウォーター
487円
冷水85W、温水350W
4,563円

この表をみると、想定月額費用が最も安いのはプレミアムウォーターワンウェイウォーターというのが分かります。

プレミアムウォーターは、料金だけでなく、デザイン性や使いやすさもトップレベルのウォーターサーバーですので、迷っている方にはプレミアムウォーターがおすすめです。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Amazonギフト券2000円分もらえる/

電気代が安いウォーターサーバーを知りたい方は、ぜひ以下のページを読んでみてください!

ウォーターサーバーの電気代は高い?大手15社を比較 ウォーターサーバーの電気代は高い?大手15社を徹底比較

ウォーターサーバーのお湯が出る仕組みは?

ウォーターサーバーは きちんと考えて作られてる!

ウォーターサーバーは1つの機械で冷水と温水を同時にいつでも出すことができるのでとても便利です。

しかし、ここでどのような仕組みで冷水と温水を作り出しているのか、内部の構造はどのようになっているのか気になった方も多いのではないかと思います。

そこでここでは、ウォーターサーバーがいつでも冷水と温水を出すことができる内部の構造、そして温水と冷水をつくる仕組みについてわかりやすく解説していきます。

ウォーターサーバーの内部構造

なぜウォーターサーバーは1つの機械で冷水と温水を同時に使用することができるのか、不思議に感じていた方もいるのではないでしょうか。

実は、ウォーターサーバーの中には温水用のタンクと冷水用のタンクの2つが存在しているのです。

この2つのタンクがあることによって、別々に冷やしたり、温めたりすることができるようになります。

そして、それぞれのタンクで冷やされたり、温められたりしたお水が、冷水用もしくは温水用の給水口からでてくることで、いつでも冷水と温水を使うことができるという仕組みになっています。

温水・冷水を作る仕組みとは

ほとんどのウォーターサーバーでは、温水用のタンクに内蔵された金属製の棒に電気を通して温めることでお湯を作っています。

これは電気ポットと同じで、シンプルな仕組みとなっています。

他には、「バンド式」と呼ばれる温水タンクの表面にあるバンドを発熱させ、外側からあたためるというものもあります。

ウォーターサーバーで冷水を作る仕組みは、「コンプレッサー式」と「電子式」の2種類があります。

電子式とは、ペルチェ素子という板状の半導体熱電素子の一種を用いて水を冷却するというものです。

ペルチェ素子は、ある方向に直流電流を流すと、素子の上面で吸熱し、下面で発熱するという特徴があります。

この特徴を利用して、冷却タンクに設置してあるベルチェ素子に電気を通すことで水を冷却する、という仕組みになっています。

この電子式というのは、水を冷やすのに3時間ほどかかってしまうというデメリットと、大きな音を立てず静かに冷却することができるというメリットがあります。

コンプレッサー式とは、エアコンや冷蔵庫なんかにも使われている技術でその仕組みは以下のようになっています。

  • 圧縮機を用いて冷媒となるガスを圧縮し、冷水タンクに循環させる。
  • 気化熱を利用して水の熱交換を行い、水を冷却する。

こちらは電子式に比べて短時間で水を冷却することができます。

昔は、電子式に比べて短時間で急激に冷却するため、電気代がその分かかってしまうというデメリットがありました。

しかし、最近では技術の発展により、電気代が抑えられるようになってきており、短時間で冷却できることから、現在ではこちらのコンプレッサー式が主流となっています。

まとめ:ウォーターサーバーのお湯の温度は何度?お湯が出る仕組みは?

ウォーターサーバーの お湯まとめ

今回はウォーターサーバーのお湯の温度とその使い道、熱湯から赤ちゃんを守る機能、電気代の比較や温水や冷水をつくる仕組みについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • ウォーターサーバーのお湯の温度は80度~90度。
  • ウォーターサーバーのお湯はコーヒー、煎茶、ミルク、焼酎のお湯割りに最適。
  • 赤ちゃんや小さいお子さんがいるご家庭であは、 子供のいたずらによる事故を防ぐ「チャイルドロック」の機能が付いたウォーターサーバーを選ぶのがおすすめ。
  • 電気代の想定月額費用(24L)から見ると、プレミアムウォーター、ワンウェイウォーターがおすすめ。
  • ウォーターサーバーは温水用のタンクと冷水用のタンクが存在し、それぞれのタンクで温めたり、冷やしたりすることでいつでも同時に温水と冷水を使用することを可能にしている。

せっかくウォーターサーバーの契約を結んだものの、なかには「こんなはずじゃなかった」と後悔する人もいます。

そのようなことにならないためにも、ウォーターサーバーのお湯の温度はもちろん、備えている機能や電気代、仕組みなどをきちんと把握し、自分の家での使い方に合わせて選ぶのが大切です。

当サイトおすすめのウォーターサーバープレミアムウォーターなので、迷っている方はぜひお申し込みください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA