ウォーターサーバーの水でお茶を楽しもう!給茶機との違いは?

ウォーターサーバーの水でお茶を楽しもう!給茶機との違いは?

主婦

家ではお水じゃなくてお茶を飲むから、ウォーターサーバーがあっても使わないと思うのよね…
お茶をよく飲むという人にこそウォーターサーバーはおすすめなんじゃ!

博士

「ウォーターサーバーで美味しくお茶を飲むことはできるの?」「ウォーターサーバーと給茶機の違いは?」とウォーターサーバーでお茶を楽しむことができるのか気になりますよね。

さらに、お茶を美味しく飲みたいという人はウォーターサーバーで作れるのか、お茶が出てくるウォーターサーバーはないのかなども知りたいでしょう。

このページでは、日本最大級のウォーターサーバーメディアであるウォーターサーバータイムズの編集部がウォーターサーバーの水でお茶を楽しむ方法について解説します。

  • ウォーターサーバーでお茶を飲むメリット
  • お茶に合うおすすめのウォーターサーバー
  • ウォーターサーバーと給茶機の違い

当記事を読むことで、ウォーターサーバーでお茶を楽しむメリットを理解して、お茶と相性の良いウォーターサーバーを知ることができます。

 

ざっくり言うと...

ウォーターサーバーはお茶のおいしさを引き出す軟水を使用しているため、おいしくお茶を飲みたい人にはウォーターサーバーがおすすめ

 

ほとんどのウォーターサーバーはお湯も出る仕組みになっているため、わざわざお湯を沸かす手間が省けて便利

 

最初からお茶が出てくる給茶機もあるが、コスト面やおいしさの面で考えるとウォーターサーバーのほうがおすすめ

 

どのウォーターサーバーを選べば良いかわからない場合は、天然水顧客満足度1位を獲得しておりデザイン性・お水の安全性が業界トップクラスのプレミアムウォーターが1番おすすめ

 

プレミアムウォーター

 

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

 

\Quoカード2000円分もらえる/

 

 

ウォーターサーバーの水でお茶を作るのはどうなの?

ウォーターサーバーの水でいちゃを作るのはどうなの?

ウォーターサーバーの水で作ったお茶は美味しいのでしょうか?そう疑問をもつ方は少なくないでしょう。

この章では、「ウォーターサーバーの水でお茶を作るのはどうなの?」といった疑問にお答えします。

ウォーターサーバーの水は軟水でおいしい!

ウォーターサーバーの水は、まろやかな口当たりの「軟水」を使用しているものがほとんど。

したがって、この軟水を使うことでとてもおいしいお茶を入れることができるんです。

また、水道水だとどうしてもカルキの臭いなどが残ってしまいますが、ウォーターサーバーであればその心配もありません。

お茶そのものの風味を存分に味わいたいという方は、ウォーターサーバーの利用がおすすめです。

お湯の出るウォーターサーバーがおすすめ

ウォーターサーバーでお茶を入れるとなると、つい「水出し」のティーバッグを利用するのかな?と思いがちですよね。

しかし、最近販売されているウォーターサーバーの多くはお湯も出る機能がついていますので、これを利用すればあたたかいお茶を入れることも可能です。

いちいちお湯を沸かす必要がないので、飲みたい時にぱっとお湯が出るウォーターサーバーは非常に便利ですよ!

飲みたい時に好きなだけお茶が飲めるウォーターサーバーなら、プレミアムウォーターがおすすめ。

機能性はもちろんのこと、天然水顧客満足度第1位を獲得しておりお水のおいしさにも定評があるプレミアムウォーターにぜひ申し込んでみましょう!

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Amazonギフト券2000円分もらえる/

ウォーターサーバーでおいしいお茶を入れるには?

美味しいお茶の入れ方せっかくウォーターサーバーのお水を使ってお茶を入れるなら、とことんおいしい入れ方にこだわりたいですよね。

続いては、ウォーターサーバーでお茶を入れる際のポイントについてご紹介していきます。

ミネラルウォーターとRO水、どっちがおすすめ?

ウォーターサーバーで使用されている水は、いわゆる天然水とよばれる「ミネラルウォーター」と、人工的に不純物を取り除いた「RO水」の2種類に大別されます。

ミネラル分の含有量によって水の硬度が決まりますが、お茶を入れるのに使う場合はミネラル分の入りすぎていない「軟水」がおすすめ。

RO水はミネラル分なども細かく調整されているため、お茶を入れるのにはぴったりなお水といえるでしょう。

また、ミネラルウォーターでも国内で販売されているものはほとんどが軟水ですので、RO水と同様においしく飲むことができます

ミネラルはお水そのものの味にも関わるので、まったく含まれていないと逆においしくないんじゃ

博士

お茶の味や香りを引き立てる温度

お茶を入れるときの適切な温度は、お茶の種類によって異なります。

旨味成分である「アミノ酸」は低温で溶け出すのに対し、渋み成分の「カテキン」は80度〜の高温で溶け出しやすいため、お茶の種類によって適温が変わってくるのです。

お茶の旨味を楽しむ玉露などの日本茶の場合、50〜60度の低温でじっくり旨味を引き出すとおいしくいただけます。

逆に、香りを楽しむ紅茶の場合は沸騰に近い高温のお湯で抽出するのがおすすめ。

高温だと渋みも出てきますので、日本茶で香りも楽しみたいという場合にはその間の70〜80度程度で入れるとよいでしょう。

ウォーターサーバーによってお湯の温度は異なりますので、お茶の風味にとことんこだわるなら、よく飲むお茶に合わせて温度をチェックしてみるのがおすすめです。

おすすめのウォーターサーバーについては次の記事で詳しく紹介していますので、気になる方は是非チェックしてみましょう。

ウォーターサーバーおすすめTOP42を徹底比較 おすすめ人気ウォーターサーバー比較ランキング!賢い選び方も紹介!

お茶に合うおすすめなウォーターサーバー

星評価
お茶に合うおすすめなウォーターサーバーは以下の3種類です。

  • プレミアムウォーター
  • コスモウォーター
  • フレシャスウォーター

それでは、それぞれ詳しく紹介していきます。

プレミアムウォーター【最もおすすめ】

プレミアムウォーター

おすすめ度 星評価
使いやすさ S
デザイン性 S
月額費用目安 3,820円
レンタル費用 0円
ボトルの値段 1,944円/本
配送地域 全国
送料 無料
最低注文数 2本

※水は12L換算した数値を使っています
プレミアムウォーターは、業界ナンバーワンを誇るウォーターサーバーです。冷水は約6度、温水は約85度とお茶を入れるのにもぴったりな温度。

ウォーターサーバーとして珍しく「非加熱処理」を行っているため、天然水ならではのまろやかな飲み心地が特徴です。

その美味しさはお墨付きで、Internaitonao Taste Institute(国際味覚審査機構)2019では、「優秀味覚2つ星」を受賞しています。

好みに応じて日本各地全5箇所の採水場からとってきた天然水を選べるほか、定期的に水質検査を行っているため、衛生面もばっちりです。

とことん水にこだわり、まろやかな味のお茶を楽しみたい方におすすめのウォーターサーバーとなります。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Amazonギフト券2000円分もらえる/

コスモウォーター

コスモウォーター

おすすめ度 星評価
使いやすさ A
デザイン性 S
月額費用目安 3,631円
レンタル費用 0円
ボトルの値段 2,052円/本
配送地域 全国
送料 無料
最低注文数 2本

※水は12L換算した数値を使っています
コスモウォーターは、ミネラルたっぷりの天然水を提供するウォーターサーバーです。

プレミアムウォーターの天然水は厳選された採水場から運ばれますが、コスモウォーターの場合は最寄りの採水地から天然水が運ばれます。

新鮮さにこだわった水です。採水地から組み上げられた水は最小限の加工を行い、天然水ならではの素材を残した状態で届けられます。

もちろん軟水のため、妊婦や赤ちゃんも安心して飲める水です。

気になる温度も、冷水は約6〜10度、温水は約80〜90度とお茶を入れるのに最適。

チャイルドロックなどの機能も充実しており、子供と一緒に安全なお水でお茶を楽しみたい方におすすめのウォーターサーバーです。
コスモウォーターの公式サイトはこちら

\最大11,000円分プレゼントもらえる/

フレシャス

フレシャス

おすすめ度 星評価
使いやすさ A
デザイン性 S
月額費用目安 3,490円
レンタル費用 0円
ボトルの値段 1,944円/本
配送地域 全国
送料 無料
最低注文数 4本

※水は12L換算した数値を使っています
フレシャスは、 自然が生み出した天然水を提供するウォーターサーバーです。

後味が甘いフレシャス富士山、さっぱりした飲みごたえのフレシャス朝霧高原、清涼感が特徴のフレシャス木曽の3種類の水から選べます。

特にフレシャス富士山が一番人気で、数十年前に積もった雪が長い時間をかけて地下水となった天然水となります。

品質の高い水をさることながら、ウォーターサーバー本体がスタイリッシュなのも人気の理由で、グッドデザイン賞を受賞しています。

機能性に加え、インテリアとしても楽しめるウォーターサーバーです。

フレシャスでは、通常のボトル(12リットル)より軽量の7.2リットルのペットボトルを採用しているため、女性や高齢者の方でも楽に取り付けができます。

また、温水は80~85℃の通常モードと65~75℃のエコモードを選択できるため、比較的低温でお茶を楽しみたいという方でもすぐにお湯を入れられるのが嬉しいポイント。

フレシャスの公式サイトはこちら

\期間限定プレゼントもらえる/

フレシャスの「Slat+cafe」が特におすすめ!

Slat+cafe

フレシャスシリーズの「Slat+cafe」は、冷水・温水だけでなく専用のドリップポッドを取り付けるだけで紅茶・緑茶・コーヒーなどさまざまなドリンクを楽しむことができる唯一無二のウォーターサーバー。

専用のカプセルはコーヒー1杯で63円〜とリーズナブルで、毎回淹れたてのお茶やコーヒーを楽しめます。

お茶やコーヒーをメインで利用したいという人に大人気のウォーターサーバー、ぜひ検討してみてはいかがでしょう?

フレシャスの公式サイトはこちら

\期間限定プレゼントもらえる/

ウォーターサーバーと給茶機の違いとは?お茶の味は?

ウォーターサーバーと給茶機の違いは?お茶の味は?

ここでは、ウォーターサーバーと給茶機の違いを解説します。

  • 機能面
  • コスト面
  • おいしさの面

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

機能面の違い

まず根本的に、ウォーターサーバーは水やお湯が出てくるのに対し、給茶機は最初からお茶が出てくるというのが最大の違いです。

ウォーターサーバーはお水やお湯を入れたあとティーバッグなどでお茶を抽出しますが、給茶機は所定のお茶を機械にセットするとすでにできあがったお茶が注がれるシステム。

給茶機は利用できるお茶の種類が限られるため、日本茶や紅茶・コーヒーなどさまざまな味を楽しみたい場合はウォーターサーバーの方がおすすめです。

逆に、お茶を毎回抽出するのが手間という場合は給茶機で一度にお茶をつくってしまったほうが楽といえるでしょう。

冷水・温水両方を楽しめることや、メンテナンス面での手間は両者あまり変わりません。

コスト面の違い

あるウォーターサーバー会社の統計によると、水の消費量は1人1日500ml程度だそうです。

ウォーターサーバーのボトルが1本12Lの場合、1ヶ月で1人1本以上は飲む計算になります。

仮に10人いる事務所に導入した場合、1日5L消費する計算になり、1ヶ月で8ボトル程度を購入することになります。

一方給茶機の場合は、水道水を浄水して利用するので、水代はほとんどかからないといって良いでしょう。

したがって、オフィスなど大人数で利用する場合は給茶機の方がお得ですが、家族など数人で利用する場合はウォーターサーバーの方がリーズナブルです。

ただし、サーバーや給茶機そのものの値段としては給茶機のほうが高価ですので、消費量が多いからといって一概に給茶機のほうがおすすめとは言えないのが現状といえます。

値段が安いウォーターサーバーについては次の記事で詳しく紹介しています。

一番安いおすすめウォーターサーバーはどれ?月額料金が最安値のものもご紹介 一番安いウォーターサーバーはこれ!月額料金を徹底比較!

おいしさの違い

すでに説明した通り、給茶機の場合は水道水を浄水して利用するものがほとんど。

一方、ウォーターサーバーは天然水やRO水など、水質にとことんこだわっているのが魅力です。

お水のおいしさでいえば、圧倒的にウォーターサーバーの方がおすすめといえるでしょう。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Amazonギフト券2000円分もらえる/

まとめ:ウォーターサーバーで美味しいお茶を楽しもう!

まとめ「今回はウォーターサーバーの水でお茶を飲む方法について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

このページのポイントは以下になります。

  • ウォーターサーバーの水でお茶を飲むメリットは値段の安さと市販の好きなお茶を楽しめる自由さ
  • ウォーターサーバーの水は軟水でお茶と相性が良い
  • ウォーターサーバーは給茶機よりもリーズナブルにお茶を楽しめる

ウォーターサーバーでは冷たい水とお湯が出るので、季節に応じて冷たいお茶と温かいお茶の両方を堪能できます。

お茶と合うウォーターサーバーはプレミアムウォーターがおすすめ。

デザイン・使いやすさ・コスパの全てでトップクラスのウォーターサーバーですので、迷っている方はプレミアムウォーターに申し込みましょう!

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Amazonギフト券2000円分もらえる/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA