おすすめのノルマなしのウォーターサーバーを比較!メリット・デメリットは?

おすすめのノルマなしのウォーターサーバーは?おすすめな人は?

「ウォーターサーバーのノルマなしって何なの?」

「ウォーターサーバーの契約内容がよくわからない」

などウォーターサーバーのノルマについて知ると不安になりますよね。

実際に私はウォーターサーバーを利用していましたが、実際ウォーターサーバーがノルマなしだったことで苦労しました。

ウォーターサーバーの料金体系がきちんと理解できていないまま注文してしまっていたからです。

そんな私が

  • おすすめのノルマなしのウォーターサーバー
  • ノルマなしのウォーターサーバーのメリット
  • ノルマなしのウォーターサーバーのデメリット
  • ノルマなしのウォーターサーバーがおすすめな人・おすすめできない人

についてまとめてみました。

この記事を読めば、あなたはノルマなしのウォーターサーバーについて理解でき、ウォーターサーバー選びで悩むことはなくなるでしょう。

目次

おすすめのノルマなしのウォーターサーバーを一覧で比較

これまでノルマなしのウォーターサーバーのメリットについて、そしてデメリットについて述べてきました。

まずは今回おすすめする5つのノルマなしのウォーターサーバーにかかる金額を示すため表で表します。

サーバー代 ボトル代 電気代  1人暮らしの場合 2人暮らしの場合 3人暮らし場合
ウォータースタンド 3800円 1円~(水道水) 531円 4332円〜 4333円〜 4334円~
アクアクララ 1000-2000円 1200円/本 594円 3994円〜 5194円〜 6394円〜
アルピナウォーター 872円 1050円/本 959円 3872円〜 4972円〜 6022円〜
クリクラ 0円 1350円/本 710円 3410円〜 4760円〜 6160円〜
ハワイアンウォーター 300円 1800円/本 519円 4419円〜 6219円〜 8019円〜

*今回は一人当たり24L/月の水を飲むと仮定しましたがこれは多くのウォーターサーバー会社と同じ計算をしています。

そもそもウォーターサーバーの購入ノルマとは?

そもそもウォーターサーバーの購入ノルマとは?

購入ノルマってそもそもなに?という方に向けて書かせていただきます。もうすでに購入ノルマは何か知っているという方は読み飛ばしてください。

「購入ノルマ」とは、月に特定数以上のお水を必ず注文しなければならない制度のことです。

具体的には、ユーザーが欲しがらなくてもウォーターサーバー会社のとの契約上必ずお水が届いてしまうのです。

そのため、月に1本も水を飲みきれないという人にはノルマがあるウォーターサーバーは向いていないと言えます。

次に購入ノルマ以外の部分、つまりウォーターサーバーの契約自体がどのような構成で成り立っているのかについて解説します。

ウォーターサーバーにかかる費用の内訳は?

ここではウォーターサーバーにかかる費用にどんなものがあるかをまとめます。

  1. ウォーターサーバーの初期設置
  2. フィルター交換
  3. 定期メンテナンス・清掃
  4. 通常使用による故障修理対応
  5. 経年劣化による本体交換
  6. ボトルおよびその交換代
  7. 電気代などです。

しかし各社1-5をサーバー代あるいは安心サポート代などと称し、6をボトル代などと称した料金プランを提供しています。

そのため、以下では1-5にかかる費用をサーバー代、6にかかる費用をボトル代として表現します。この2つに加えて7.電気代を加えた総額がウォーターサーバーを運営するのにかかる費用と言えるでしょう。

それでは、ウォーターサーバーノルマなしのメリット・デメリットについて書いていきます。

ノルマなしのウォーターサーバーのメリット

ノルマなしのウォーターサーバーのメリット

ノルマなしのウォーターサーバーのメリットはどのようなものでしょうか?気になりますよね。

ここでは実際に筆者が体感したノルマなしのウォーターサーバーのメリットを3つ解説していきます。

好きな時に好きな分だけ注文できる

1つ目のメリットは好きな時に好きな分だけ注文できることです。

「放っておいても勝手に注文が届くなんて困る」や「ウォーターサーバーがいらなくなったら自然と契約が切れるようにして欲しい」などと思う方は多いのではないでしょうか?

ノルマなしのウォーターサーバーを選べば思った通り自分のペースで注文を受けることができます。

あなたが旅行に行くときも実家に帰る時も必要な分に応じて水を注文することが出来るのです。

これは筆者の実体験なのですが、まだ前の分が飲み終わっていない状態でウォーターサーバーの水が届くたびに無駄な買い物をした気分になっていました。

しかし、ノルマなしにしてからは無駄な買い物をしているという憂鬱な気分に悩まされることがなくなったので、乗り換えてよかったと思っています。

このように、無駄な買い物をしなくて済むというのがノルマなしのウォーターサーバーの1つ目のメリットです。

不必要な費用を払わなくて済む

2つ目のメリットは飲まない時に費用が抑えられることです。

もし購入ノルマがあった場合、まだ水が余っているなと思うような時でも水が届いてしまうため、あなたが欲しくない時にも水の代金が余計に発生します。

しかし購入ノルマがなかったならばウォーターサーバーを選べば、必要ないときは水を買わなくて良いので余分な水の代金は発生しません。

このように、不必要な費用を払わなくて済むというのは、ノルマなしのウォーターサーバーの2つ目のメリットといえます。

家の場所を圧迫しない

3つ目のメリットは家の場所を圧迫しないことです。

もしノルマがある場合、自分が水を飲みきったかどうかに関わらずボトルが送られてきます。

そのため、家の中に12Lも入る多いなボトルが複数溜まることになります。

こうなると、家の中の大切な空間を圧迫するかもしれません。

それに対してノルマがない場合、家にボトルがなくなったのを確認してからボトルを注文することができるので、家の中でボトルが大量に溜まり居住スペースを圧迫するなどという事が起こりません。

このように、家の場所を圧迫しないというのがノルマなしのウォーターサーバーの3つ目のメリットです。

ノルマなしのウォーターサーバーのデメリット

ノルマなしのウォーターサーバーのデメリット

ここからはノルマなしのウォーターサーバーのデメリットを挙げていきます。

ぜひメリットとデメリットを見比べてノルマなしウォーターサーバーがあなたにとって必要か検証してみてください。

ウォーターサーバー代の分高くなる

1つ目のデメリットはウォーターサーバー代の分高くなることです。

もしあなたがノルマなしのウォーターサーバーを選んだ場合でも、家の中にウォーターサーバーを置くことになります。

その場合、ボトルは注文しなくてもウォーターサーバーの設置やメンテナンスにもコストがかかります

そのため、そのウォーターサーバーを維持するために余分な費用がかかります。

また、ウォーターサーバーを維持するのに必要な金額が0円だった場合でもボトル代など他の金額が高くなってしまう可能性が高いです。

このようにウォータサーバー代の分高くなるがノルマなしのウォーターサーバーの1つ目のデメリットです。

ウォーターサーバーの選択肢が減る

2つ目のデメリットはウォーターサーバーの選択肢が減ることです。

ウォーターサーバーは主にノルマありとノルマなしに分かれますが、ノルマなしを選ぶ場合選べる選択肢が減ります。

実際ウォーターサーバーを提供する会社30社ほど調査したところノルマなしのウォーターサーバーを提供していた会社は5社ほどしかありませんでした。

ノルマありの選択肢の中にあなたにぴったり合う選択肢があるかもしれません。

このようにウォーターサーバーの選択肢が減る事がウォーターサーバーのデメリットの2つ目です。

注文の手間がかかる

3つ目のデメリットは注文の手間がかかる事です。

もしノルマありを選択していた場合、自動で送られてくるため注文を繰り返す必要はありません。

しかしノルマなしを選んだ場合、ボトルが必要でなくなるたびにあるいはボトルが必要となるたびにボトルを注文しなければならないのです。

このように注文の手間がかかる事がノルマなしのウォーターサーバーのデメリットです。

おすすめのノルマなしのウォーターサーバーをご紹介

おすすめのノルマなしのウォーターサーバーをご紹介

せっかくウォーターサーバーを選ぶのであれば買った後に後悔はしたくないですよね。

ここでは筆者のリサーチの結果や実際に使ってみて、これは良いと思ったノルマなしウォーターサーバーについてまとめてみました。

それぞれ詳しく解説していきます。

1位 ウォータースタンド

ウォータースタンド公式HP

おすすめ度 星評価
使いやすさ A
デザイン性 A
月額費用目安 3,980円
レンタル費用 3,980円
ボトルの値段 0円/本

ノルマなしウォーターサーバーの中で最もおすすめするのがウォータースタンドです。

ウォータースタンドを最もおすすめする理由は手続きの手軽さ、コスパの高さ、デザインの豊富さからです。

まず、ウォータースタンドの1番の特徴は他のスタンダードなウォーターサーバーとは違い水道直結型となっていることです。

他のウォーターサーバーのように大きな水のボトルを付け替えたりする必要がなくゴミ出しの手間が一切かかりません。

また、それだけでなく定額制なのでどれだけお水を使っても水道代しかかかりません。

そのため、二人暮らし以上の場合や料理にウォーターサーバーのお水を使いたい方にとってはコスパの面でも優れていると言えます。

さらに、ウォータースタンドは10種類ものデザインが選択可能なのであなたの好みにあったウォーターサーバーを選択できます。

このように手間のかからなさ、コスパの高さ、デザインの豊富さからウォーターサーバーが最もおすすめなノルマなしのウォーターサーバーです。

ここまで書いたので分かるかもしれませんが、筆者が現在契約しているのは実はこちらのウォータースタンド・ナノラピアネオです。

ノルマなしのウォーターサーバーの中で最も優れているのでので一番おすすめするウォーターサーバーです。

一方で、サーバー代として月々3800円かかる(ボトル不要なのでボトル代無料)ので「水はあまり多く飲まないので毎月の費用をもっと抑えたい」と思っている方や、「家を空ける頻度が多く飲む水の量に応じた金額を払いたい」という人にとっては他の選択肢が良いでしょう。

ウォータースタンドの公式サイトはこちら

\2分でお申し込み完了/

2位 アクアクララ

アクアクララ

おすすめ度 星評価
使いやすさ B
デザイン性 A
月額費用目安 3,700円
レンタル費用 1,080円
ボトルの値段 1,296円/本
配送地域 全国
送料 無料
最低注文数 2本

※水は12L換算した数値を使っています

2番目におすすめするのがアクアクララです。

アクアクララをおすすめする理由は欲しい分だけ水を注文することができるからです。

アクアクララが提供しているのは定期的に決まった本数をお届けするようなサービスではありません。

あなたの欲しい時に欲しい本数だけ注文することができるサービスなのです。

また、予期せぬ退会時にかかる違約金の条件が半年以内の解約で3000円と安くなっている事も魅力的な点と言えるでしょう。

補足としてアクアクララのもう1つの特色はゴミが出ないリターナブルボトルを採用していることです。

使い捨てるのではなく、繰り返し使えるボトルを採用しているので自然環境に優しいと言えます。

「私はあまりお水を飲まないので、ボトルは好きな分だけ注文したい」という方や、「お試しでウォーターサーバーを試してみたい」という方におすすめなウォーターサーバーです。

アクアクララの公式サイトはこちら

\2分でお申し込み完了/

3位 アルピナウォーター【一番安い】

3番目におすすめするのがアルピナウォーターです。

アルピナウォーターをおすすめする理由はなんといってもコストの安さです。

それは下の表を見てもらえればわかります。

それだけでなく、アルピナウォーターは誰でも飲みやすい水を提供しています。具体的には、赤ちゃんのミルクにも最適な水質のアルプスの天然水を提供しています。

さらにウォーターサーバー本体には「二重チャイルドロック機能」が搭載されており、小さなお子さんがいるご家庭でも子供がサーバーで安心して使用する事ができます。

ノルマなしのウォーターサーバーの中で、「コストが低く済むものが良い」という方や「水質を意識した水が飲みたい」という方におすすめです。

アルピナウォーターの公式サイトはこちら

\3分で申し込み完了/

4位 クリクラ

4番目におすすめするのがクリクラです。

クリクラをおすすめする理由はサーバーにかかる費用が0円だからです。

筆者は50社以上のウォーターサーバーを徹底的にリサーチしましたが、サーバー代が0円だった会社はクリクラだけでした。

その分ボトルはやや高めな設定になっているのだと思われます。

「ウォーターサーバーは水を得るために買っているのでサーバー代は払いたくない」という方や「少ししか注文しないのでサーバー代は安い方が良い」という方にとって最適なウォーターサーバーだと言えそうです。

クリクラの公式サイトはこちら

\Amazonギフト券5000円分もらえる/

5位 ピュアハワイアンウォーター【天然水】

5番目におすすめするのがピュアハワイアンウォーターです。

こちらのウォーターサーバーの特徴はハワイの天然水を取り扱っている事です。

かつてハワイ王家の別邸があったモアナルアにある工場で徹底的な品質管理に耐え抜いたものだけが提供されるようです。

また、食品安全マネジメントシステム国際規格ISO22000:2005の認証も取得しているようなので、国際的に認められた品質とも言えるでしょう。

「日本にいながらにしてハワイの風を感じたい」というような方や「食品の安全に関して国際的な認証を取得した商品が欲しい」というような方におすすめです。

ハワイアンウォーターの公式サイトはこちら

\最短3分で申し込み/

1ヶ月で12L消費できるなら天然水をお得に飲める信濃湧水がおすすめ

お水をたくさん飲む方や1ヶ月で12L消費出来る方なら天然水をお得に飲める信濃湧水がおすすめです。

信濃湧水の詳細を下記にまとめましたのでご参考下さい。

初期費用 無料
サーバーレンタル費用 スタンダードサーバー:無料、エコサーバー:300円
お水の種類 天然水
お水の費用 11.4L(1本)/1,500円
注文ノルマ 3ヶ月/4本
送料 北海道・四国・九州以外送料無料
最低継続期間 1年以上
月額費用 3,500円~3,800円

信濃湧水は、初期費用がかからずさらにサーバーもお値打ちになっております。月々の電気代も500円~800円と安いです。

信濃湧水のお水の注文ノルマは、3ヶ月で4本となっていますので、毎月12L以上お水を消費するなら、ほぼノルマがないと言えます。

天然水を毎日飲む方やお水の消費が多い方は、ぜひウォーターサーバーの中にでもトップクラスに安い信濃湧水をお申し込みください。

信濃湧水の公式サイトはこちら

\最大7000円キャッシュバック/

ノルマなしのウォーターサーバーは一人暮らしの人などにおすすめ

ノルマなしのウォーターサーバーがおすすめ人・おすすめできない人

これらを踏まえて、どのような人にノルマなしのウォーターサーバーがおすすめなのか、どのような人にはおすすめできないのかについて述べていこうと思います。

ここではノルマなしのウォーターサーバーがおすすめな人について述べていきます。

  1. 水をたくさん消費するので出来るだけ費用を抑えたい人
  2. お試しでウォーターサーバーを取り寄せてみたい
  3. なるべく安いウォーターサーバーを選びたい
  4. 飲む水の量に応じた金額を払いたい

人です。それでは1つ1つ見ていきましょう。

また、こちらのページで一人暮らしにおすすめなウォーターサーバーをご紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

ウォーターサーバーと水道水を比較!どっちがおすすめ? 一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを比較!実はいらない?

1.水をたくさん消費する人

「家では水をたくさんの水を飲むことを意識している」人や、「料理にウォーターサーバーの水を使いたい人」などが水をたくさん消費したい人に当てはまります。

このような方には、水道直結型のウォーターサーバーがおすすめです。

こちらは、水道水を使うウォーターサーバーで水のミネラルはそのままに有害物質を取り除くので通常のウォーターサーバーとあまり変わらない味の水を楽しむことができます。

また、使っても水道水の費用しかかからないので、水をたくさん使いたくて費用を気にするなら水道直結型のウォーターサーバー一択だと言えます。

その証拠に上で載せた表の通り、2人分以上の水を飲む場合水道直結型のウォータースタンドが最も安くなるのです。

よって水をたくさん飲んだり、料理に水を使いたい人にはノルマなしのウォーターサーバーのウォータースタンドをおすすめします。

ウォータースタンドの公式サイトはこちら

\2分でお申し込み完了/

2.お試しでウォータースタンドを注文してみたい人

お試しでウォーターサーバーを注文してみたい人にもノルマなしのウォーターサーバーはおすすめです。

ノルマが発生してしまうということは注文するボトルの量が変更できないからです。

無料お試しプランを提供している事が多いのもノルマなしのウォーターサーバーの特徴です。

このように、お試しでウォーターサーバーを注文したい人には、お試しプランも有り、予期せぬ退会時にかかる違約金も低いアクアクララをおすすめします。

3.なるべく安いウォーターサーバーを選びたい人

なるべく安いウォーターサーバーを選びたい人も実はノルマなしのウォーターサーバーがおすすめです

ウォーターサーバーの水をどれくらい飲むかについては実際に注文してみなくてはわかりません。

なのでウォーターサーバーを頼んだ後にボトルを飲み切らないかもしれないと思っている方や季節によって大幅に水を飲む量が変わるような方にもノルマなしのウォーターサーバーはおすすめです。

そんな方におすすめなのがアルピナウォーターです。

アルピナウォーターは圧倒的な安さは有りませんが水を飲む量がどれくらいであれ安定して安い値段で提供されており、ノルマがないため無駄にボトルを溜め込んでしまう心配も有りません。

以上のことからなるべく安いウォーターサーバーが選びたい人にとっておすすめなのがアルピナウォーターです。

4.飲む水の量に応じた金額を払いたい人

飲む水の量に応じた金額を払いたい人にとってもノルマなしのウォーターサーバーはおすすめです。

旅行に行く事が多いので家を空ける事が多い方や、いつどれくらい水を飲むのか分からないのだから払う金額は水の量次第で決めたい方などが当てはまると思います。

ノルマなしのウォーターサーバーを調べた方の中ではこのような方は多いのではないでしょうか?

そんな水の量に応じて支払う金額を決めたいという方におすすめなのがクリクラです。

クリクラはサーバー代金が無料なので、水だけに対してお金を払う事ができます。

さらに消費電力が少なく電気代も安いので、非の打ちどころが少ないのも特徴といえます。

まとめると飲む水の量に応じた金額を払いたい人にとってはクリクラがおすすめです。

ノルマなしのウォーターサーバーをおすすめできない人

ここではノルマなしのウォーターサーバーがおすすめでない人について述べていきます。

ウォーターサーバー代を浪費したくない人

使ってないウォーターサーバーのためにお金を払いたくないというような人にはノルマなしのウォーターサーバーはおすすめできません。

ノルマはなくても基本はサーバー代を毎月支払うことになるのでウォーターサーバー代を浪費する事が起こり得るでしょう。

しかし、クリクラならばこのデメリットの影響を受けない仕様となっており、ウォーターサーバー代は浪費したくないけどノルマなしウォーターサーバーを選びたい人にとってはクリクラがおすすめです。

幅広い選択肢の中から選びたいと思う人

幅広い選択肢の中から選びたいと思う人にもノルマなしのウォーターサーバーはおすすめできません。

ノルマなしというだけで選択肢がかなり狭まってしまうからです。

手間をかけたくない人

最後は手間をかけたくない人です。

ウォーターサーバーのノルマがある場合配送の注文やキャンセルをする必要はありませんが、ノルマなしの場合いちいち手配する必要があります。

そのような手間を取るのが苦手だという方や、そのような手間を取るくらいならばノルマありでも定期配送を選択するような方にはノルマなしのウォーターサーバーはおすすめ出来ません。

ノルマがあっても配送スキップはできる

ここでは配送スキップについて解説します。

配送スキップとはノルマありのウォーターサーバーを注文しているときに配送延期をする事です。

申請する事で一般的には2か月か3か月程配達を延期する事ができます。

しかしその間にもサーバー代が手数料として支払う必要があるので、配送スキップで自分の欲しい時だけ注文しようとするのはあまり良い選択肢とはいえないでしょう。

なので、配送スキップを使うよりはノルマなしのウォーターサーバーを選んでおいて、自分のペースでボトルを注文することをおすすめします。

配送スキップがあるウォーターサーバーを比較

配送スキップについて説明してきましたが、ここからは配送スキップができるウォーターサーバーについて下表にて比較しましたので、参考にしてみてください。

メーカー 1回あたりの配送量 1ヶ月あたりに換算 配送停止無料期間 配送停止無料期間を超えた場合の料金
フレシャス 7.2L×4本 28.8L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,000円/月
コスモウォーター 12L×2本 24L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で800円/月
プレミアムウォーター 12L×2本 24L 60日未満 60日以上:800円、90日以上:800円、120日以上:強制解約
ウォーターワン 6L×2本/月、12L×2本/月 12L、24L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,000円/月
サントリー 7.8L×3箱 23.4L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,000円/月
クリクラ 6L×2本/月、12L×2本/月 12L、24L 45日未満 0円
ワンウェイウォーター 12L×2本/月 24L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,000円/月

数あるウォーターサーバーの配送スキップ制度について見てきましたが、最もおすすめなのはプレミアムウォーターになります。

プレミアムウォーターは、配送スキップが最大で60日間できます。

60日間を過ぎると800円の違約金が発生しますが、他のウォーターサーバーと比べてもそれほど大きな差はないと言えます。

また、プレミアムウォーターは、天然水のウォーターサーバーでは国内シェア率No.1です。

さらに、天然水も5種類の採水地からそれぞれ採取されており、国際味覚審査機構から優秀味覚賞とモンドセレクション金賞を7年連続受賞しております。

確かな品質と安全性に加え、お水のおいしさも抜群です。

上記の理由から、プレミアムウォーターが最もおすすめとなっております。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

まとめ:ノルマなしのウォーターサーバー

まとめ:ノルマなしのウォーターサーバー

おすすめのノルマなしのウォーターサーバーなどについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • 最もおすすめするウォーターサーバーはウォータースタンド
  • ノルマなしだと自分で状況を判断する必要があるが、あなたの状況に応じた対応ができる
  • 飲む水の量に応じた金額が払いたい人にノルマなしのウォーターサーバーがおすすめ

ノルマなしのウォーターサーバーは数が限られていますがそれぞれ特徴を持っている事がわかりましたね。

ちなみにノルマなしのウォーターサーバーに申し込むならウォータースタンドがおすすめです!

デザイン・使いやすさ・コスパの全てでトップクラスのウォーターサーバーですので、迷っている方はウォータースタンドに申し込みましょう!

ウォータースタンドの公式サイトはこちら

\2分でお申し込み完了/

次に読んで欲しい記事はこちら!
赤ちゃんのミルクを作るのにおすすめなウォーターサーバー10選 【これで安心】赤ちゃんのミルクを作るのにウォーターサーバーは必要?おすすめのサーバーは? こちらもおすすめ!
ウォーターサーバーと水道水を比較!どっちがおすすめ? 一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを比較!実はいらない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA