ウォーターサーバーを値段・料金順に紹介!かかる費用はいくら?

ウォーターサーバーを値段・料金順に紹介!かかる費用はいくら?

「ウォーターサーバーを契約しようか考えているんだけど、どれくらいの値段なのかがわからない」「各社のウォーターサーバーの値段や料金をしりたい」

ウォーターサーバーを契約しようか考えているときに、こういった悩みを持っている人も少なくありません。実際、ウォーターサーバーは買って終わりではないので、料金や値段を把握しにくいのです。

何も考えずにウォーターサーバーを契約すると、トータルで見たときに思ったより料金が高額になってしまうことがありますので、契約前にウォーターサーバーの相場感を頭に入れておくことが大切です。

今回は、様々なウォーターサーバーを使用したことのある筆者が、あなたがウォーターサーバーを契約して損をしないように、ウォーターサーバーの値段や料金について以下の順序で解説してきます

  • ウォーターサーバーを値段・料金順で紹介!費用はいくらになる?
  • ウォーターサーバーの値段・料金はどれくらい?費用の相場をチェック
  • ウォーターサーバーの値段・料金シミュレーション!一人暮らし・家族世帯の費用は?

このページを最後まで読めば、ウォーターサーバーにかかる平均的な費用や、各社のウォーターサーバーの値段・料金がわかります。最後まで目を通して参考にしてみてください。

ウォーターサーバーを値段・料金順で紹介!費用はいくらになる?

ウォーターサーバーを値段・料金順で紹介!費用はいくらになる?

さっそくですが、各社のウォーターサーバーの値段と月々にかかってくる費用について見ていきます。

もちろん、ウォーターサーバーを扱う会社それぞれで、値段や料金はまちまちですが、実際の例を見た方がイメージしやすいと思います。

後ほど、ウォーターサーバーの平均的な相場感や、あなたがウォーターサーバーを使う場合、どれくらいの料金になるのかも解説していきます。

まずは、具体的な例を見て、実際のウォーターサーバーの値段や料金を、把握しておきましょう。

アルピナウォーター

月額料金が一番低くなるのが、アルピナウォーターというウォーターサーバーになります。

アルピナウォーターがリーズナブルな理由は、なんといっても水の値段がダントツで安いということです。

具体的には、ボトル1本12リットルあたりの値段が1,050円で、500mlに換算するとなんと約43円になります。

自動販売機などで500mlの水を買うと、安くて100円程度なので、アルピナウォーターがいかにお得か分かるのではないでしょうか?

また、一ヶ月の水のノルマがなく、定期購買する必要がないので、無駄な料金を払わなくて済みます。

とにかく月額料金を安く済ませたいという方は、アルピナウォーターを契約の候補に入れておくといいでしょう。

サーバーレンタル費用 572円
水ボトル料金 2082円
水単価1Ⅼ/円 87円
電気代 800円
その他 0円
月額費用 2540円

※「水ボトル料金」は水24Ⅼ換算の数値。月額費用は水を20L飲む場合の数値です。

→アルピナウォーターの公式サイトはこちら

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターは、料金がかなり抑えられていながら、水の質も高いというウォーターサーバーです。

コストのかかる「非加熱処理」という方法で徹底除菌された水が採用されており、まろやかで甘みのある味わいを実現しています。

実際、天然水ウォーターサーバー市場NO.1の利用者実績を誇っており、プレミアムウォーターの信頼度は抜群です。

また、サーバー自体にも加熱クリーンシステムが搭載されており、水の質が高いだけでなく、サーバーの機能性も申し分ありません。

水の質も高く、月々の料金も抑えられているコストパフォーマンスに優れたウォーターサーバーを選ぶなら、プレミアムウォーターが良いでしょう。

サーバーレンタル費用 0円
水ボトル料金 3972円
水単価1Ⅼ/円 166円
電気代 500円(ecoモード使用時)
その他 0円
月額費用 3820円

※「水ボトル料金」は水24Ⅼ換算の数値。月額費用は水を20L飲む場合の数値です。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

コスモウォーター

月額料金の低さと、使いやすさを兼ね備えているウォーターサーバーが、コスモウォーターです。

月額料金の低さを実現しているのが、電気代の低さで、エコモードでは他のウォーターサーバーに比べて半額以下で使うことができます。

具体的には、一般的なウォーターサーバーの電気代の相場が1000円~1500円くらいですが、コスモウォーターは月465円程度です。

また、使いやすさもウリで、水のボトルはウォーターサーバーの低い位置で交換するため、女性でも重い水を持ち上げることなく簡単に交換できます。

月額の料金を抑えながらも、ウォーターサーバーに使いやすさは求めたいという方には、コスモウォーターがおすすめといえるでしょう。

サーバーレンタル費用 0円
水ボトル料金 3800円
水単価1Ⅼ/円 158円
電気代 465円
その他 0円
月額費用 3631円

※「水ボトル料金」は水24Ⅼ換算の数値。月額費用は水を20L飲む場合の数値です。

コスモウォーターの公式サイトはこちら

フレシャス

フレシャスは、お手頃な月額料金ながら、スタイリッシュなデザインでおしゃれなウォーターサーバーが、フレシャスです。

水のボトル2本以上でレンタル費が無料になる他、水のボトルの送料は無料、かつ無料で配送をスキップできるので、お得に利用することができます。

例えば、水の量が多くて飲み切れないという方は、1ヶ月ごとに配送スキップを利用すると、月々2000円前後安くなります。

また、フレシャスは高級感のあるスタイリッシュなデザインが評価されていて、グッドデザイン賞も受賞しています。

料金は低い方が良いけど、お部屋の雰囲気を崩さないおしゃれなウォーターサーバーを利用したいという方は、フレシャスがおすすめです。

サーバーレンタル費用 0円(水ボトル2本以上)
水ボトル料金 3796円
水単価1Ⅼ/円 158円
電気代 330円
その他 0円
月額費用 3490円

※「水ボトル料金」は水24Ⅼ換算の数値。月額費用は水を20L飲む場合の数値です。

フレシャスの公式サイトはこちら

信濃湧水

信濃湧水は、ウォーターサーバー業界の中でも最安値クラスというのがウリの、コストパフォーマンスに優れたウォーターサーバーです。

そのコストパフォーマンスの秘密は、サーバー自体のレンタル料金は0円~で、月々のお支払いは水の料金だけだということです。

具体的には、スタンダードサーバーはレンタル代が0円、最新省エネサーバーでも月々のレンタル代は300円とリーズナブルです。

また、最新省エネサーバーでは、スタンダードサーバーに比べて約35%の消費電力がカットされるので、トータルで考えるとお得といえます。

ウォーターサーバーのコストをとにかく抑えたいという方は、信濃湧水のウォーターサーバーも選択肢に入れておくと良いでしょう。

サーバーレンタル費用 300円
水ボトル料金 3000円
水単価1Ⅼ/円 125円
電気代 800円
その他 0円
月額費用 3300円

※「水ボトル料金」は水24Ⅼ換算の数値。月額費用は水を20L飲む場合の数値です。

クリクラ

クリクラは、月々の料金を抑えつつ、安心安全の衛生面に配慮された水が利用できるウォーターサーバーです。

クリクラが取り扱っている水は、原水から不純物やウイルスを徹底的に取り除いたもので、菌の繁殖も最大限に抑えられています

その秘密は、最新の逆浸透膜(RO膜)システムを採用していることと、徹底した品質管理を行ったオートメーション化された製造工程です。

また、クリクラのホームページでは、各ブランドの水の放射能物質の検査結果を公表しており、それを確認した上で安心して利用できます。

ウォーターサーバーの費用は安いに越したことはないが、水の安全性にはこだわりたいという方には、クリクラのウォーターサーバーがおすすめでしょう。

サーバーレンタル費用 0円
水ボトル料金 2700円
水単価1Ⅼ/円 113円
電気代 1000円~1300円
その他 460円(安心サポート)
月額費用 3870円

※「水ボトル料金」は水24Ⅼ換算の数値。月額費用は水を20L飲む場合の数値です。

うるのん

うるのんのウォーターサーバーを導入すると、良心的な値段ながら、富士山のふもとで採れた天然水を毎日飲むことができます

富士山という大自然のフィルターでろ過された天然の水は、さらりとした優しい飲みごこちで、多くの人から支持を得ています。

うるのんが採用している「富士の天然水さらり」はモンドセレクションITI国際優秀味覚コンテスト三ツ星の評価を与えられており、信頼性も抜群です。

また、ウォーターサーバー業界でもトップクラスの消費電力の低さで、電気代も抑えられる点が嬉しいポイントです。

富士山の水を、低価格で楽しみたいという方は、うるのんのウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか?

サーバーレンタル費用 300円
水ボトル料金 3796円
水単価1Ⅼ/円 158円
電気代 513円
その他 0円(送料がかかる場合あり)
月額費用 3673円

※「水ボトル料金」は水24Ⅼ換算の数値。月額費用は水を20L飲む場合の数値です。

アクアクララ

アクアクララのウォーターサーバーは、低価格な月額料金ながら、安心して利用することができます

その秘密は、「デザインウォーター」というアクアクララ独自の技術で作られた水にあり、天然水に比べ品質が安定するというのが特徴です。

そのデザインウォーターを無菌環境下でボトリングし、人の目で1本1本徹底的にチェックした後、お客さんの自宅に届けられます。

また、「ロック付き温水フォーセット」を標準搭載しており、お子さんのいる方でも、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

安心安全に利用したいけど、月々の料金はなるべく抑えたいという方は、アクアクララの導入を考えてみてはいかがでしょうか?

サーバーレンタル費用 1000円
水ボトル料金 2400円
水単価1Ⅼ/円 100円
電気代 700円
その他 0円
月額費用 3700円

※「水ボトル料金」は水24Ⅼ換算の数値。月額費用は水を20L飲む場合の数値です。

ウォーターサーバーを値段・料金で比較する際のポイント

ウォーターサーバーを値段や料金で比較して、どのウォーターサーバーを契約するか決めるのは、非常に大変です。

なぜなら、ウォーターサーバーの値段や料金は、会社によってかなり違いますし、価格設定の方法も異なるからです。

また、単純な値段や料金の高さで選んでしまうと、実際に契約したときに、使い心地が悪くて後悔してしまうかもしれません。

ということで、ここでは、ウォーターサーバーを値段や料金で比較する際に、チェックすべきポイントを紹介します。

ここで紹介するポイントを必ず確認した上で、各社のウォーターサーバーを比較するようにしましょう。

実質の月額料金

ウォーターサーバーを価格で選ぶとき、ウォーターサーバーのレンタル代や、水の値段に注目してしまいがちです。

ただ、ウォーターサーバーや水自体の料金が低くても、実際に契約してみると、思ったよりも意外と費用がかかってしまったということになりかねません。

ウォーターサーバーを利用する際には、実際には、以下のようなものにお金がかかってくることを考慮する必要があります。

 

  • サーバーレンタル費用
  • 水ボトル料金
  • 電気代
  • 水の送料
  • 違約金

また、ウォーターサーバーを扱っている会社によっては、スキップ機能で水の配達ペースを調整できたり、条件を満たすと月々の料金が下がったりします。

このようなポイントも抑えて、実質の月額料金を比べることが、ウォーターサーバーを選ぶ上では、大切です。

※上の各社のウォーターサーバーの比較は、この点を考慮しています。

ウォーターサーバーの使いやすさ

ウォーターサーバーは、日常的に使って行くものになるので、使いやすさを考えて選ぶことをおすすめします。

特に、ボトルを交換するのが簡単にできるかどうかは、女性などの使う人によっては非常に重要です。

例えば、ボトルがウォーターサーバーの上部に取りついているタイプのものがあり、12Lもの重さがあるボトルを持ち上げるのは困難です。

ウォーターサーバーのボトル交換の方法はチェックしておきましょう。

女性であれば、ウォーターサーバーの下部にボトルを設置するタイプのものを選ぶことをおすすめします。

メンテナンスの手軽さ

ウォーターサーバーの水は、毎日飲むことになるものなので、ウォーターサーバーのメンテナンスの手軽さは大切なポイントです。

ウォーターサーバーの契約によっては、半年または1年に一回、無料でメンテナンスを行ってくれる業者もあります。

また、ウォーターサーバーの機種によっては、自動でサーバー内を洗浄してくれるものもあり、そういったタイプのものは非常に手軽です。

衛生的で、美味しい水を毎日楽しむために、メンテナンスの手軽さはしっかりチェックしておきましょう。

ウォーターサーバーの値段・料金はどれくらい?費用の相場をチェック

ウォーターサーバーの値段・料金はどれくらい?費用相場をチェック

ウォーターサーバーの各社の料金を上で紹介しましたが、実際、それが安いのか高いのかわからないかもしれません

ここでは、そういった方のために、ウォーターサーバーにかかる費用の相場をご紹介します。

ウォーターサーバーの平均的な料金をチェックして、各社の値段を比較していくと、実際に契約するウォーターサーバーを決めるのに役立つでしょう。

サーバー代

ウォーターサーバーの本体には、無料のものもありますが、月々のレンタル料がかかるものもあります。

ウォーターサーバーのレンタル料は、月々500円~1000円くらいが相場だといっていいでしょう。

購入できるウォーターサーバーもありますが、基本的にはレンタルのものが多いですし、レンタルするのがおすすめです。

なぜなら、ウォーターサーバーもスマートフォンのように、新しいものが1年2年おきに次々に出てくるからです。

そのレンタルできるウォーターサーバーの中でも、相場に見合ったものを選ぶのが良いでしょう。

水の料金

もう1つ、ウォーターサーバーを契約する上での基本的な料金は、実際に飲む水の料金です。

水の料金は会社によってかなり開きがあり、トータルの月額料金を比べる上でも、重要なポイントとなってきます。

ウォーターサーバーの水には、主に2種類あり、それぞれの水の相場は以下の通りです。

  • 天然水:1000円~2300円(12L換算)
  • RO水:700~1300円(12L換算)

一般的には、天然水の方が値段は高いけれど美味しく、RO水は安い代わりに味が劣るといわれています。

その理由は天然水はミネラルが豊富だからなのですが、ミネラルの味が嫌いという人もいるので一度飲み比べてみてください。

その後、各社の評判や特徴を比較し、料金も考慮した上で決めると良いでしょう。

電気代

ウォーターサーバーは電気で動いているので、利用する場合は電気代も考慮に入れなければなりません。

ウォーターサーバーの本体料金や、水の値段が安くても、電気代が大きくかかってしまっては、トータルで考えたときに損です。

ウォーターサーバーには、大きく分けて2種類あり、それぞれでかかる電気代が異なります。

  • 一般的なウォーターサーバー:約1000円
  • 省エネウォーターサーバー:300円~800円

このように、ウォーターサーバーにかかる電気代には、かなりの差があるので、各社を比較する際は、チェックしておきましょう。

また、1つのウォーターサーバーで両方の機能が搭載されているものもあるので、使用する際には注意が必要です。

送料

ウォーターサーバーを契約する場合、毎月水のボトルを送ってもらうことになるので、送料もかかってきます。

現在のウォーターサーバーでは、送料が無料のところも多いので、送料が無料のところを選ぶのが良いでしょう。

ただし、住んでいる地域によっては送料がかかることもあり、また、ボトルの本数も関係してくる場合もあります

その辺りは、よくよくウォーターサーバー各社の詳細を比較して、なるべく送料のかからないところを選択するのが良いです。

ウォーターサーバーにかかるその他の料金

上記以外でも、ウォーターサーバーにかかる料金があるので、ざっくり紹介しておきます。

  • 初期費用:約3000円
  • 解約料・違約金:5000円~15000円
  • メンテナンス料:0円~8000円
  • 休止手数料:0円~1000円

この中でも、特に大きな額となる可能性があるのが、解約料もしくは違約金です。

多くのウォーターサーバーの場合、2年もしくは3年契約ですが、その契約期間内で解約する場合に、解約料・違約金がかかります

ウォーターサーバーの本体料金や、水の値段が安くても、解約にお金がかかっては、元も子もありません。

契約をする段階で、しっかり各社の特徴を比較して、後悔しないような選択をしましょう。

ウォーターサーバーの値段・料金シミュレーション!一人暮らし・家族世帯の費用は?

ウォーターサーバーの値段・料金シュミレーション!一人暮らし点家族世帯の費用は?

各社のウォーターサーバーの費用はわかったけど、実際、具体的にどれくらいの値段になるのかが知りたい、というかたも多いかと思います。

そこで、ここでは、一人暮らしや家族世帯でウォーターサーバーを契約した場合、どのくらいの値段になるのかシミュレーションしてみます。

大人一人の水の使用量は、月々平均12Lといわれているので、こちらの数字を基準に考えると、水の使用量の目安は以下の通りです。

  • 一人暮らし:12L/月
  • 大人2人:24L/月
  • 大人2人+子供2人:36L/月

これを基に、上で紹介した「プレミアムウォーター」を例に挙げて、各世帯のおおよその月額料金を算出してみます。

人数 消費ボトル数 ボトル1本の料金 サーバー代 電気代 月額料金
大人1人 1本 1987円 0円  500円(ecoモード使用時) 2487円
大人2人 2本 1987円 0円  500円(ecoモード使用時) 4474円
大人2人+子供2人 3本 1987円 0円  500円(ecoモード使用時) 6461円

他の会社のウォーターサーバーについても、こちらの表に当てはめていただければ、おおよその月額料金を算出することができます。

ただ、ウォーターサーバーのボトルの容量によっては、ぴったり人数分の水の量にならないことがあるので、その点は注意が必要です。

計算してみて、無駄に多くの水を頼まなければならなくなる場合は、結果として月額料金が高くなってしまうかもしれません。

したがって、サーバーと水の代金がいくらかを意識しながらウォーターサーバーを選ぶのが良いでしょう。

まとめ:ウォーターサーバーを値段・料金順に紹介!かかる費用は?

まとめ:ウォーターサーバーを値段・料金順に紹介!かかる費用は?

ここまでウォーターサーバーの値段や料金、安くておすすめのウォーターサーバーなどついて紹介してきました。

あなたのお気に入りのウォーターサーバーは見つかりましたか?

このページのポイントは以下です。

  • 値段・料金の安いウォーターサーバーにも様々な特徴があるので、自分に合ったものを選ぶことが重要
  • ウォーターサーバーの値段・料金の相場をチェックしてから、各社のウォーターサーバーを比較する
  • ウォーターサーバーの料金は、本体代や水代だけではないので、総合的に見て料金を比較することが必要
  • ウォーターサーバーの値段や料金をシミュレーションして、契約してから後悔しないようにする

ウォーターサーバーの値段や料金を抑えたい場合、ウォーターサーバー本体のレンタル代や水代だけでなく、その他のすべての料金を考慮することが大切です。

この記事で紹介した様々な料金を合算して、月額の費用に計算しなおした上で、各社のウォーターサーバーを比較すると良いでしょう。

ウォーターサーバーに申し込むならプレミアムウォーターがおすすめ。

デザイン・使いやすさ・料金の安さの全てでトップクラスのウォーターサーバーですので、迷っている方はプレミアムウォーターに申し込みましょう!

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

人気のおすすめウォーターサーバーについては以下の記事をご覧ください!

ウォーターサーバーおすすめTOP42を徹底比較 【2020年】おすすめ人気ウォーターサーバー比較ランキング!選び方も解説

他のおすすめ記事はこちら!

一番安いおすすめウォーターサーバーはどれ?月額料金が最安値のものもご紹介 一番安いおすすめウォーターサーバーはどれ?月額料金が最安値のものもご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA