ウォーターサーバーと浄水器の機能や費用の違いを比較

ウォーターサーバーと浄水器の機能や費用の違いを比較

「ウォーターサーバーと浄水器の機能の違いって何なの?」「かかる費用はそれぞれどのくらい違うの?」とウォーターサーバーと浄水器のどちらを利用するかで悩んでいませんか。

ウォーターサーバーと浄水器には、それぞれのメリット・デメリットが存在するため、どちらが優れているというわけではありません。

それぞれの特徴をよく理解し、ご自身のニーズに合ったほうを選ぶのがおすすめです。

この記事では、ウォーターサーバーと浄水器それぞれの特徴を詳しく解説していきますので、どちらの機能があなたに合っているかぜひ確かめてみてくださいね!

ざっくり言うと...
ウォーターサーバーは、天然水やRO水などといった高品質の水が飲めるのが特徴

 

水の美味しさにこだわりたい人や赤ちゃんなどに安心な水を使いたい人、非常時の備蓄用に水を置いておきたい人などにおすすめ

 

一方の浄水器は、コストがかからないのが最大の特徴

 

とにかく費用を抑えたい人や、ウォーターサーバーを設置する場所がない人などには、手軽に設置できる浄水器がおすすめ

 

両者のメリットを兼ね備えているのが、水道水をろ過して使うタイプの「水道直結型ウォーターサーバー」

 

特に、ウォータースタンドなら水道水を使うためリーズナブルなのに、通常のウォーターサーバーと同じレベルの水質が楽しめるのでたいへんおすすめ

 

ウォータースタンド

 

ウォータースタンドの公式サイトはこちら

 

\2分でお申し込み完了/

 

ウォーターサーバーと浄水器の使いやすさを比較

ウォーターサーバーと浄水器の使いやすさを比較

ウォーターサーバーと浄水器のどちらを使用するかで迷っている方は大変多いです。

実際に比較するとかなり特徴が異なり、利用者によっておすすめできるものが変わってくると思います。

以下にそれぞれの特徴に関して分かりやすく書き出してみたので、まずは見比べてみましょう。

ウォーターサーバーの特徴

ウォーターサーバーの特徴
  • 温水や冷水、炭酸水などがいつでも活用できる
  • ペットボトルのような重たい水を購入する必要が無い
  • 家庭料理にも気軽に質の良い天然水を利用できる
  • メーカーによってはおしゃれなインテリアとしても活用可能
  • 飲む習慣をつけるだけで健康や美容に効果的
  • 万が一災害が起こった際に備蓄水としても活用できる

ウォーターサーバーの機能性は年々進化しており、今は冷水や温水はもちろんのこと、炭酸水や水素水まで気軽に飲めるものも増えてきています

その他、水が入っているボトルは自宅まで毎回定期配送してくれるので、わざわざ重たいペットボトルの水を今までスーパーなどで購入していた方は手間が省かれて大変便利ですね。

また、天然水は健康や美容にも効果的なミネラル成分が豊富に含まれている上、採水地から直送されるためその美味しさやフレッシュさも魅力の一つ

味はもちろんのこと、含まれる成分に関しても違いがあるため、質の高い水にこだわりたい方には大変おすすめと言えるでしょう。

しかも、万が一自然災害等が起こった際には備蓄水としても利用できるので、大変利便性が高いのがウォーターサーバーの特徴ですね。

浄水器の特徴

浄水器の特徴
  • 水道水に含まれる残留塩素を取り除いてくれる
  • 水道管などに付着した汚れやサビなども取り除いてくれる
  • 一度設置するとカートリッジを交換するだけで長く使える
  • かかるのは導入費用だけでその後の維持費は実質無料

水道水を使用するので、ウォーターサーバーに比べて低コストで利用できるのが浄水器最大の特徴です。

水道水に含まれる残留塩素や不純物をしっかりと取り除いてくれるため、衛生面でも引けをとりません

しかも、毎月サーバーレンタル代などがかかるウォーターサーバーに比べ、浄水器は一度設置すると維持費がほぼかからないため、コストパフォーマンス的にもかなり優れていますね。

ただし、年1回などの頻度で内部のカートリッジの交換があるので、それだけは別途料金が必要です。

水道水を直接使用するので、水のきれいな地方よりも都市部での利用が多いのも特徴といえるでしょう。

ウォーターサーバーと浄水器の費用を比較

ウォーターサーバーと浄水器の費用を比較

ここではウォーターサーバーと浄水器のコスト面をそれぞれ比較していきましょう。

結論からいうと、コスト面だけ比較すると圧倒的に浄水器の方が安く済みます

また、以下の表は1ヶ月間にかかる費用のそれぞれの目安になります。

比較項目 ウォーターサーバー 浄水器
電気代 300〜900円 0円
水代(水道代) 3,000円 2000〜4000円
本体の維持・管理費用 0〜1,500円 0円
総費用 3,300〜5,400円 2000〜4000円

※浄水器は年に1回程度カードリッジ交換やメンテナンスが必要。費用は6,000〜10,000円が相場となっています。

コスト面だけで比較すると、やはり一度導入すれば年に一回メンテナンス費用がかかるだけの浄水器の方が、圧倒的に安い事が分かりますね。

上記の比較表からもわかるように、とにかく出費を抑えたいは浄水器一択といっても良いでしょう。

おすすめの浄水器については、次の記事を参考にしてみてください。

浄水器おすすめ比較ランキング11選!選ぶポイントとは?

ただし、浄水器の場合は水質がやや落ちたり、製品によってはお湯が使えないなどのデメリットもあります。

費用対効果を考えると、一概に浄水器のほうが優れているとはいえません。

ウォーターサーバーと浄水器がおすすめな人を比較

ウォーターサーバーと浄水器がおすすめな人を比較

ここではウォーターサーバーと浄水器どちらがおすすめなのか、利用者の用途別にそれぞれ詳しく比較してみていきましょう。

利用者の用途によってはウォーターサーバーがおすすめな方もいれば、浄水器がおすすめな方もいます

一概にどちらがおすすめとは言い難いので、ご自身がどのような用途や目的で利用を検討しているかはっきりとさせる事が大切ですね。

ウォーターサーバーがおすすめな人

プレミアムウォーター

ウォーターサーバーは以下のような項目に該当する方におすすめです。

  • 美味しい水を飲みたい人
  • 万が一の災害時に備えたい人
  • お湯を使う機会の多い人
  • 赤ちゃんのミルク作りに活用したい人

美味しい水を飲みたい人

ウォーターサーバーで飲める天然水には大変多くのミネラル分が含まれているため、水道水に比べると健康や美容に効果的です。

さらに、ミネラルは健康や美容にいいだけでなくお水の味を大きく左右する要素。

浄水器の水は「水道水から不純物を取り除いた水」といったイメージですが、ウォーターサーバーの水は不純物が除去されているうえ、味にもしっかりこだわっています。

ご家庭で美味しい水を飲みたい、という方には、浄水器よりもウォーターサーバーのほうがおすすめです。

万が一の災害時に備えたい人

ウォーターサーバーは水のボトルを設置して使用できる仕組みとなっているため、容量によっては最大で12リットルのボトルを備蓄水として利用することも可能です。

特に近年自然災害が目立つ日本では、備蓄水としても活用できるウォーターサーバーを契約する方も大変多くなってきています。

水道水であれば断水してしまうと全く使用できなくなりますが、ウォーターサーバーであれば万が一の場合でもボトルに水をキープしているのでそのまま備蓄水として利用できる訳ですね。

ペットボトルなどで備蓄用に置いておくのもよいですが、普段から利用しているお水が非常時に使えるとなれば、無駄もなく一石二鳥です。

お湯を使う機会の多い人

日常生活でお湯を使う機会の多い人も、浄水器よりもウォーターサーバーの方がおすすめです。

ほとんどのウォーターサーバーは80〜90℃のお湯が使えるようになっていますが、特に蛇口直結型の浄水器の場合は、浄水フィルターの都合でお湯が使えないというものも少なくありません。

仮にお湯が使える浄水器であっても、そのままコーヒーやお茶を入れられるほどの高温にはなりませんので、熱いお湯をよく利用したい方はウォーターサーバーがおすすめです。

赤ちゃんのミルク作りに活用したい人

ウォーターサーバーの水は前述したように水道水の水よりもかなり質が良く、フレッシュな状態でいつでも利用できるようになっているので、赤ちゃんのミルク作りの水としても大変適していると言えます。

さらに、前述の通りほとんどのウォーターサーバーには温水機能が装備されているため、わざわざ毎回水を沸かす手間も省けます。

なお、赤ちゃんのミルクを作る目的でウォーターサーバーを選ぶなら、天然水ではなく純水に近い「RO水」の製品を選ぶのがおすすめです。

天然水を選ぶ場合も、硬度が高いとお腹を壊してしまう可能性があるのでなるべく硬度の低い軟水を選ぶようにしましょう

浄水器がおすすめな人

逆に浄水器は以下のような項目に該当する方におすすめです。

  • なるべく費用を抑えたい人
  • 省エネ・省スペースで済ませたい人

なるべく費用を抑えたい人

ウォーターサーバーと浄水器では、圧倒的にコストを安く抑える事ができる浄水器の方がコスト面でとても優れています。

維持費や電気代金がかからないため、一度設置してしまうとその後は年に一回程度のメンテナンス代金以外お金が掛からないのが最大のメリットですね。

その点ウォーターサーバーであれば毎月3,000円程度かかってしまうので、浄水器と比較するとかなり高いと言えます。

さらに、浄水器の場合は水道水をそのまま利用するので水道代金だけで毎月利用が可能です。

省エネ・省スペースで済ませたい人

浄水器の場合は水道の蛇口の近くに設置する場合が多いので、ウォーターサーバーと比較してもかなり省スペースで導入できます

特に部屋が狭い方であまりものが置けないような一人暮らしの場合は、電気代等も掛からないので省エネ対策としても効果的ですね。

ウォーターサーバーの場合、サーバー本体の置き場所に加えてボトルの置き場所に困ってしまうのもよくある話。

ウォーターサーバーを置ける場所がない方や、そもそも設置場所を考えるのがめんどくさいという方は浄水器の方が良いでしょう。

ウォーターサーバーと浄水器は併用しても良い?

ウォーターサーバーと浄水器は併用しても良い?

ウォーターサーバーと浄水器の併用を中には考えている方もいるかも知れませんが、併用してしまうとコストが高くなってしまうためおすすめしません

オフィスなど広い空間であれば話は別ですが、一般のご自宅で利用される方はウォーターサーバーか浄水器のどちらか片方で十分だと思われます。

また、後で詳しく後述しますが、今は浄水器タイプのウォーターサーバーである「水道直結型ウォーターサーバー」も販売されており、よりコストを抑えて利用できるとても画期的なウォーターサーバーとして使用できるようになっています。

併用を検討されている方は、双方の良いところ取りをしている「水道直結型ウォーターサーバー」の利用を検討してみてくださいね。

ウォータースタンドの公式サイトはこちら

\2分でお申し込み完了/

迷っている方は浄水器タイプのウォーターサーバーがおすすめ

迷っている方は浄水器タイプのウォーターサーバーがおすすめ

前の項目の続きになりますが、ウォーターサーバーと浄水器のどちらの利用かで悩んでいる方には、浄水器タイプのウォーターサーバーがおすすめです。

具体的には「水道直結型ウォーターサーバー」と呼ばれており、水道水をろ過して利用するので機能としては浄水器に近いシステムです。

しかし、水道直結型のウォーターサーバーは通常の浄水器よりも浄水能力が高く、宅配型のウォーターサーバーと変わらない水質を実現しています。

まさに、ウォーターサーバーと浄水器のいいとこ取りといえるこの水道直結型ウォーターサーバーについて、詳しくみていきましょう!

水道直結型ウォーターサーバーとは?

具体的な「水道直結型ウォーターサーバー」の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

  • 月々のサーバーレンタル代だけでお水が使い放題
  • 浄水器よりも高い浄水機能でおいしくて安全なお水が飲める
  • サーバー本体がコンパクトなものが多く設置場所に困らない

従来のウォーターサーバーであれば水の使用量に応じて月々かかるコストが決まってきますが、水道直結型ウォーターサーバーの場合は定額制となっている場合が多く、水は水道水を利用するので飲み放題です。

その他、浄水器とは水をろ過する能力が全く違うため、美味しさや安全性の面で考えても非常に優れています

また、水道水を利用するということで大体キッチンに設置する場合が多く、水道直結型ウォーターサーバーは大変コンパクトなデザインとなっているため設置場所に困ることもありません。

水道直結型ウォーターサーバーと浄水器の違い

水道直結型ウォーターサーバーでは、一般的な浄水器と比較して除去できる不純物の数が全く違います。

次世代のウォーターサーバーである水道直結型は、何種類ものフィルターを通す事で浄水器では到底除去しきれない数の不純物を取り除けるようになっています。

その他、水道直結型ウォーターサーバーの種類によってはROフィルターを搭載しているものもあるので、RO水同様の質の高い水を水道水を使用して飲む事が可能です。

勿論、従来のウォーターサーバー同様に冷水や温水といった機能も搭載しているので、浄水器よりも遥かに優れておりウォーターサーバーよりもコストを安く抑える事が出来ますね。

通常のウォーターサーバーと水道直結型との違い

通常のウォーターサーバーと比較して水道直結型ウォーターサーバーは、水道水を利用するので水ボトルの設置が必要ありません

ボトル交換等の手間が全く必要ないので、お年寄りや力の弱い方でも安心して利用する事ができます。

また、水ボトルの収納スペースなども考えなくて済むので、そういった面でも水道直結型ウォーターサーバーの方が優れていると言えるでしょう。

その他、かかる費用を具体的に通常のウォーターサーバーと比較すると、水道直結型ウォーターサーバーの場合は、水代が掛からない分フィルター代金がかかってきます。

水自体は何リットル飲もうが料金はかかりませんが、サーバー利用代として毎月3,000~5,000円程がかかります

実際に通常のウォーターサーバーの料金と比較するとそこまで大差はないように思えますが、料理でもきれいな水を使いたい場合や家族で大量の水を消費する場合はとてもコスパが良いのでおすすめです。

このように、水の使用量によっておすすめできるかどうかが変わってくるので、その点だけしっかりと抑えた上で利用するか検討する事が大切になってきます。

おすすめはウォータースタンド

ウォータースタンド

特におすすめできるのが「ウォータースタンド」です。

水道直結型のウォーターサーバーとして非常に人気が高く、テレビCMなどで見かけたことのある方も多いのではないでしょうか?

ウォーターサーバーレンタル料金 月3,980円
電気代 月500円~700円
水の種類 RO水
解約手数料 10,000円(1年未満で解約した場合)
メンテナンス費用 無料

一番人気のモデル「ナノラピア ネオ」であれば月々3,980円でレンタルすることができますが、機能性・コストなどニーズに応じてさまざまなモデルの中から選べるのが魅力です。

通常のウォーターサーバーとあまり変わらない価格帯ですが、水が使い放題であることを考えればコストパフォーマンスには非常に優れています

その他、具体的なウォータースタンドの特徴をまとめると以下の通りです。

  • ウォーターサーバーの搭載機能がとても優秀である
  • オプションで付いてくるサービスもかなり充実している
  • 利用料金をトータルで見てもかなりお得な値段で利用できる
  • ウォーターサーバー本体がおしゃれでスタイリッシュ
  • 本体がコンパクトな作りになっているので置き場所に困らない

優れた機能とサービスを提供しているウォータースタンドですが、水道直結型ウォーターサーバーの利用を検討されている方にはとてもおすすめですので、迷っている人は是非申し込んでみてください。

ウォータースタンドの公式サイトはこちら

\2分でお申し込み完了/

ウォータースタンドの詳しい情報については、次の記事をご覧ください!

[card2 id=”2319″]

まとめ:ウォーターサーバーと浄水器の機能や費用の違いを比較

まとめ:ウォーターサーバーと浄水器の機能や費用の違いを比較

ウォーターサーバーと浄水器の機能や費用の違いについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

<ウォーターサーバーと浄水器の機能面の違い>

ウォーターサーバーの方が機能的には優れており、冷水や温水タイプによっては炭酸水も利用できるようになっています。その他、飲める水の質やフレッシュさに関してもウォーターサーバーの方が上です。

<ウォーターサーバーと浄水器の費用面の違い>

コストを考えると浄水器の方が安く抑える事ができる。浄水器は水道水をそのまま使用するため、ウォーターサーバーのように水代や電気代が掛からず大変経済的である。

ただ水道水の消費量が多い場合は、ウォーターサーバーと対してかかる費用は変わらない傾向にあります。

どちらがおすすめであるかは利用者の用途にもよるので一概には言えませんが、迷っている方には双方の良い部分だけを取った水道直結型の「ウォータースタンド」がおすすめです。

ウォータースタンドの公式サイトはこちら

\2分でお申し込み完了/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA