ジャパネットのウォーターサーバーの評判・口コミは?電気代が高い?

ジャパネットのウォーターサーバーの評判・口コミは?電気代が高い?

「ジャパネットのウォーターサーバーの評判・口コミが知りたい!」「電気代が高いって聞いたけど本当?」とジャパネットのウォーターサーバーについて気になっている人が多いと思います。

結論からいうとジャパネットのウォーターサーバーはおすすめできません。コスパの良さなどを考えるとプレミアムウォーターへの加入をおすすめします。

このページでは、ジャパネットのウォーターサーバーを徹底的にリサーチした筆者が以下のことを解説します。

  • 電気代とミネラルウオーターおよびサーバーレンタルを含めた月額コストの比較
  • 解約金発生のデメリットや契約による特典の比較
  • 安全性やデザイン性を含む付加価値の比較

このページを読めば、ジャパネットのウォーターサーバーがなぜおすすめできないのかを理解でき、自分にあったウォーターサーバーも見つけることができます。

ジャパネットのウォーターサーバーの悪い評判・口コミ

ジャパネットのウォーターサーバーの悪い評判・口コミ

ジャパネットのウォーターサーバーの特徴を見て、他社のものと比較してみます。指摘される部分が少し多いようで、ウォーターサーバーの改善にもつながるので、気になる大きな部分をピックアップしてしてみました。

ボトルを設置する場所が高い

ボトルを設置する位置が高かったので、ボトルを交換するのがおっくうになってしまいました。

ジャパネットのウォーターサーバーは、最近では珍しくお年寄りや女性への配慮が足りないようです。公式ページによると、据え置き型の全体の高さは1,005mmとなっており、卓上型は555mmとなっています。

据え置き型は上に水のボトルを置くため他社より小さめのボトルにしたということですが、9.5Lもあり持ち上げるのが大変です

卓上型にしても卓の高さもあるので据え置き型と同等の高さまで持ち上げる必要があります。

「腰の悪い人には持ち上げるのが大変」とか「女性、特に妊婦さんには負担がかかる」といった意見が多く聞かれます。妊婦さんが生まれてくる子供ため、また老人も手軽に「美味しい水」を採ろうと考えていますが、それに逆行した「サーバーの高さ」となっているようです。

他社では既に改善点として取り上げ、上置きのボトルを下置きに変更したタイプも発売されています。

上置きウォーターサーバー

下置きウォーターサーバー

上が上起きタイプで下が下置きタイプのウォーターサーバーです。

今までは12L入りの水を9.5Lにしたことで労力の軽減を図ったようですが、逆に取り換える回数は増えることにもなり、身体への負担は同等かそれ以上になっています。

下置きのウォーターサーバーでコスパの良さ、デザイン性、安全性を考えたときにベストなのがプレミアムウォーターです。

下置きのウォーターサーバーの方が良いと考えている人はぜひ当サイトおすすめのプレミアムウォーターにお申し込みください。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

ちなみに、他の会社とボトルの重さと高さを比較すると以下のようになります。

各社のサーバー比較 高さ
(据え置)
ボトル量(L)
ジャパネット 1005mm 9.5L
コスモウォーター 床置きあり 12L
フレシャス 床置きあり 7.2L
プレミアムウォーター 床置きあり 12L
アクアクララ 966mm 12L
アルピナウォーター 1000mm 12L
ハワイアンウォーター 1000mm 12L

高さでは、ボトルを置く場所の高さは一番高くなっていますが、数センチの差ですので他社と比べて極端に高いというわけではないようです。

やはり問題は、下置き型のウォーターサーバーを用意していないことです。

これは、腰が悪い人や力の弱い人にとっては大きなデメリットだと言えるでしょう。

チャイルドロックが冷水についていない

「子供が水を出して遊んでしまい、床がビチャビチャになってしまいました。冷水もチャイルドロックがついていれば嬉しかったです。」

現在のウォーターサーバーは「チャイルドロック機能」が基本装備となっていますが、ジャパネットのウォーターサーバーをはじめ、いくつかのウオーターサーバーには冷水にはチャイルドロックがついていないものもあり、子供がいる家や子供が遊びに来たときは気をつけなければならず、ユーザーからの批判が集中しています。

ケガだけを心配してつけた「温水のみのチャイルドロック」は、子供が間違って冷水のボタンを押すと水は流れっ放しとなります。子供は水遊びが好きで、ボタンを押すと水が出るのがわかるとおもちゃのように遊んでしまいます。実際に子供が水を垂れ流したという報告が多数寄せられています。

ケガをしなければ販売会社としての責任はなく、子供が遊んで水をたくさん使ってくれれば水が売れるので良いという考えもあるのでしょう。しかし機能があって困ることはありませんが、無いと困ることは往々にしてあるのです。

ボタン一つですがつけてあった方が絶対に便利で安全です。購入の際には温水と冷水の両方にチャイルドロックのついてあるウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。

解約金が高い

「解約金が思ったより高く、損な気がして解約したくても解約できません。」

ジャパネットのウォーターサーバーを契約した後に解約すると手数料として「12,800円」の費用を負担する事になっていましたが、消費税が10%に変わったためか解約手数料も「14,080円」に値上がりしています。

この金額は上記の画像にある初期費用にあたり、2年を待たずに解約するのなら初期費用を返せということです。しかしこのような重要なことが隠れて記載されており、別紙ともいえる「利用規約」を拡大しなければ見るけることができません。

パンフレットやネット上では、ウォーターサーバーは「貸与」と書かれており、故意に壊したりサーバーを返還しない場合は「28,000円」の金額を請求するとされています。良いように理解した人は、正常に使っていればいつでも解約できるように思ってしまうでしょう。

「14,080円」という金額や「2年の契約」という言葉を見つけることは困難 で、ページの最下部付近にある「富士山の天然水宅配サービス利用規約」のPDFファイルを開き、かなり拡大してみないと見ることができません。お年寄りに等は殆ど見る事ができないようになっています。

解約料金とされる「14,080円」は、少し前までの携帯電話の機種料金のようなもので、契約期間を2年を超えると返す必要はなくなります。つまり水の料金の中に設置料金も含まれていて、2年間支払い続けているということです。そして3年目からは全てがジャパネットの利益になるということもわかります。

2年間の縛りを入れて使わせるという携帯電話の手法と、辞めても不利益にならないようにプラスとなる解約金を支払わせることにより、売り上げと利益を伸ばし続けるという巧妙な手口とも言えます。

良い部分は声を大きくして宣伝しますが、不都合な部分は隅っこに少し書いているだけで、簡単な説明で終わってしまうため重要なことに気付かないことになります。特に利用が見込まれるお年寄りには契約の全てを理解しずらい書き方になっており十分な注意が必用です。

消費者第一主義である日本社会では、こうした重要事項を説明しないことは法的にも問題になりますが、契約書の隅に書いてあったり、口頭で言ったといわれると記憶があいまいな弱い消費者は泣き寝入りするしかないのです。

他社とウォーターサーバーの解約金などを比較してみました

契約年数と解約手数料 契約年数 解約手数料の詳細
ジャパネット  2年 14,080円の解約手数料
プレミアムウォーター  2年 契約時のキャッシュバック料金を返金
コスモウォーター  2年 9,000円の解約手数料
フレシャス  2年 1年未満16,500円
1~2年以内9,900円の解約手数料
クリクラ  なし 解約金なし
アクアクララ  6ヵ月 解約金3,000円と
6ヶ月以下はプラス3,000円
アルピナウォーター  1年 5,500円の解約金
エコタイプは11,000円
ハワイアンウォーター  1年 11,000円の解約金

(※契約年数を明記していない会社も多くありますが、解約料金が発生する期間を契約年数としています。)

また、自宅を長期で留守にする場合なども、ジャパネットでは「事務手数料」と称して月額1,000円を徴収します。水を使わないのに料金が発生するということになるのは消費者目線でないことが強く感じられます。

他社においても長期で注文をしない場合には、別途料金を徴収されることもあるようなので、契約時には確認をしておきましょう。

解約金がないウォーターサーバーが良いという人はプレミアムウォーターに申し込みましょう!

プレミアムウォーターは新規申し込みの方には解約金がありません。

デザイン性、コスパの良さ、安全性など全ての面においてトップクラスなことを考えると、これからウォーターサーバーに申し込む方にはプレミアムウォーターが最もおすすめです。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

電気代が高い

ジャパネットのウオーターサーバーの据え置き型の電気料金は、契約電気会社にもよりますが公式ページの消費電力から計算すると月額で約1,847円になります。

エコモードを使用した場合で1,296円の計算となり、この金額はウォーターサーバーとしてはかなり高い電気代です。

古いタイプのものでも電気ポットの月額使用電気代が目安とされ、電気ポットの1日当たりの消費電気料金が約26.37円であることから、月額(月31日計算)で817.47円が妥当な金額といえます。

以下のように他社製品は月額500円以下の電気消費に抑えているところも多く、ジャパネットの電気料金がいかに高額であるかがハッキリと分かります。

月間コスト比較 電気代 水24L レンタル他 月間コスト
ジャパネット 1,296円 3,765円 無料 5,061円
コスモウォーター 463円 4,180円 330円 4,645円
フレシャス 474円 4,290円 無料 4,764円
プレミアムウォーター 630円 3,974円
4,233円
一部有料 4,604円
4,863円
クリクラ 1,124円 2,750円 460円 4,334円
アクアクララ 770円 2,640円 1,100円 4,510円
アルピナウォーター 1,024円 2,640円 630円 4,294円
ハワイアンウォーター 1,018円 3,960円 330円 5,308円

(※水の利用料は各社が月の平均使用量として算出した「24L」で計算しています。)

ちなみに電気料金の自由化で契約先やプランの変更で年間で15,000円程度の減額ができれば上出来と言われている時代ですから、年間で2万円を超える電気料金は見逃すことはできません。

他社のウォーターサーバーにかえるだけで1/3の電気料金となり、15,000円程度の節約が可能なのですから、良く考えて商品を選ぶ必要があると分かるでしょう。

また、水の料金を格安にしているウオーターサーバーも販売されているようですが、月の消費金額を考える場合には、水の料金と電気代との合計で比較する必要があります。もしサーバーのレンタル料金が発生するのなら、それも合算して比較して下さい。

電気料金は契約先やプランによっても異なるため、同じ条件で据え置き型のスタンダードなサーバータイプで比較しています。水24Lの料金についても契約プラン(契約年や注文本数)によって異なるため、平均値で計算しました。他に手数料などが発生するものは「レンタル他」に組み込んでいます。

上記の比較では、ジャパネットのウォーターサーバーが料金面で見たときベストなものでないことが分かります。

下にも書きましたが「富士の天然水」がウリでもありますが、同じ源泉で栄養価も近い『プレミアムウォーター』のウォーターサーバーの方が魅力的です。

サーバーのデザイン性も高く、インテリア感覚の素敵な置物に見えるのが好評で据え置き型も卓上型もともに人気の商品となっています。

月額コストのみで考えれば、「アルピナ」や「クリクラ」も魅力的ですが、下記に書いた水質や解約料金およびサーバーのデザインなどを総合しておすすめといえる商品は『プレミアムウォーター』のウォーターサーバーです。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

ウォーターサーバーの電気代は高い?大手15社を比較 ウォーターサーバーの電気代は高い?大手15社を比較

ジャパネットのウォーターサーバーの良い評判・口コミ

ジャパネットのウォーターサーバーの良い評判・口コミ

ジャパネットのウォーターサーバーの良い評価について解説していきます。

天然水なので水が美味しい

<ジャパネットの口コミ>

おいしいのでとても満足しています。

水道水と比べると冷水はちゃんと冷たく、臭みはありません。
味もすっきりしていていいです。

血糖値を下げる効果があるといわれてバナジウム水を飲み始めました。
まだ数週間で効果はわかりませんが、水道水と比べてこんなに味が違うんだとびっ
くりしています。

上記のような高評価の口コミがならんでいました。始めやすくて続けやすいというイメージは消費者に受け入れられ、健康にも良いとなれば良いことばかりです。

しかし、じっくり考えてみれば他のウォーターサーバーと比較して突出した部分がないことに気付きます。

設置費無料はどこでもやっていることですし、配送料金も水の代金に含んで考えればジャパネットだけが特に安く販売しているわけではありません。

水質に関しては大きくは2つの種類に分けられ、ジャパネットと同じような「天然水」と謳ったものと、加熱殺菌や濾過処理で殺菌したり不純物を取り除いて安全性を高めたものにわかれます。

RO水という水を使ったウォーターサーバーも多くあるので説明しておきますが、これはROろ過と呼ばれる技術によって限りなく不純物を取り除いたあとで、ミネラル分を加えて栄養価の高い水に作り変えています。

水の味については、日本人好みの「軟質」のものが殆どです。

料理に使っても良し、飲んでも良しという水です。

以下のウォーターサーバーの水の比較表を見てみましょう。

水の美味しさを比較 水質 水種 源泉
ジャパネット 軟質 天然水 富士山
コスモウォーター 軟質 天然水 静岡・京都・大分
フレシャス 軟質 天然水 富士山・静岡・長野
プレミアムウォーター 軟質 天然水 冨士山・長野・熊本など
クリクラ 軟質 RO水
※ミネラル添加
    ―
アクアクララ 軟質 RO水
※ミネラル添加
    ―
アルピナウォーター 軟質 RO水(純水) 長野県大町市の湖
ハワイアンウォーター 軟質 RO水(純水) ハワイ州オアフ島

これを見てわかるように、「日本人好みの軟質の水」というのもジャパネットに限られることではないのです。

ジャパネットの水は富士山の地下水脈から採取となっていますが、同様の水は多数存在します。

同じ富士山の地下から汲み上げたの天然水であるプレミアムウォーターにもバナジウムが含まれているのは勿論のことで、これについてもジャパネットに限られたことではなことが分かりました。

スーパーに買いに行く労力がなくなった

毎回、スーパーで水を購入していました。
その度に2リットルのボトルを2本、持って帰っていたのですが、妻がそれならばとジャパネットウォーターの購入を決めました。

いちいちスーパーまで買いにいく必要がありません。

買い物で重たい水を運ぶのはたいへんな作業です。

ウォーターサーバーの購入によって、これらは軽減され時間も自由に使えるというメリットがあります。

これも説明するまでもなく、ジャパネットに限られるものではなく全てのウォーターサーバーに共通するメリットです。

ジャパネットのウォーターサーバーはおすすめできない

ジャパネットのウォーターサーバーはおすすめできない

なんとジャパネットのウォーターサーバーで9.5Lの水を3ボトル購入すると「3,980円!」という破格の金額が発表されました。

しかしここにも抜け道があったようです。これは1ヶ月に3本の注文に限るということです。翌月に余っても3本注文しないとこの格安価格にはなりません。

もし2本注文した場合だと『3,480円』という、かなり高めの金額設定になっています。

ピンとこないかもしれないので1L当たりの値段にしてみます。

3本注文した場合には「1Lあたり139.65円」という金額はかなり安いと言えます。一方2本購入した場合にはどうかというと「1Lあたり183.15円」という金額になるのです。

当サイトおすすめのプレミアムウォーターの通常のコースでは「24Lで3,974円」ですから「1Lあたり165.58円」となります。

これに電気料金が加算されると当然コストは逆転します。

ましてジャパネットでは以前は8Lのボトルを販売していたにもかかわらず、他社との比較をしにくくするためか9.5Lという半端な容量に変更し、ユーザーとしては余計にわかりにくくなりました。

ウォーターサーバーを利用する場合の目安となる1月の水の使用量は「24L」と言われています。

そこで皆が12Lの量で販売しているのに対し、ジャパネットは「サーバーが高くて水を持ち上げるのが大変だ」という批判の声が多く聞こえたため、8Lサイズに変更しました。

しかしコストアップにつながったのか、比較すると割高に感じることもあり、容量を「9.5L」に変更して「3本のセット販売」を展開しました。

しかし2本で購入する場合にはかなり割高になります。

3本を購入すると合計で28.5Lとなり、一般家庭の平均使用量を4L以上も超えることになってしまいます。

加えて「なんとジャパネットタカタでは・・・今だけ・・・先着・・・」 ということで思わず電話をしてしまいます。

「ネームバリュー」や「認知度・良く耳にする会社」ということで安心して商品を購入すると、大失敗することも多くあるのが現状です。

まず、コストの面で注意する「3つの注目点」ですが、1つは電気料金、1つは水の料金、1つはサーバーのレンタル料金です。

どこかだけが突出して安い商品や、どこかだけに欠点がある商品もあるので見逃さないように3つを確認して下さい。

トータルでコスパの良さを考えると「プレミアムウォーター」がベストのウォーターサーバーだと言えます。

ジャパネットのウォーターサーバーの解約金をキャンペーンで実質無料にする方法

ジャパネットのウォーターサーバーの解約金をキャンペーンで実質無料にする方法

「プレミアムウォーター」の乗り換えキャンペーンを活用すれば、ジャパネットのウォーターサーバーの解約金を実質無料にすることができます。

「プレミアムウォーター」では他社からの乗り換えると最大で「16,500円」のキャッシュバックを受けることができます。

ジャパネットのウォーターサーバーの解約金は14,080円なので、プレミアムウォーターに乗り換えれば解約金分はキャッシュバックされ解約金が実質0円になるのです。

コスパの良さはプレミアムウォーターの方が圧倒的に高いので、今ジャパネットのウォーターサーバーをお使いの方はぜひこの機会に乗り換えてみてください。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\最大16,500円キャッシュバック!/

こちらの記事で乗り換えキャンペーンをまとめていますので、気になった方はご覧ください。

ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンまとめ!お得に乗り換えるには? 人気のおすすめウォーターサーバー乗り換えキャンペーンをランキングで比較

まとめ:ジャパネットのウォーターサーバーの評判・口コミは?

まとめ:ジャパネットのウォーターサーバーの評判・口コミは?

ミネラルウォーターを選ぶ理由は「安全な水で子供やお年寄りにも美味しくて使いやすく安全なこと」です。

それを手軽にワンタッチで飲めることです。そこに危険が潜んではいけませんし、そこに人的な負荷がかかってもいけません。残念ながらジャパネットのウオーターサーバーはそれをクリアできているとは言い難いと確信しました。

なぜならメリットをデメリットが消してしまい、安心できない上にコストもかかるという二重苦になっています。

解約に縛りを設けて一度売ってしまえば利益確保、一定期間を辞めさせないことで利益確保というのは考えもので、他に商品がないなら別ですが良い商品が用意されています。

ジャパネットのウォーターサーバー以外が良いと思った方にはプレミアムウォーターが最もおすすめです!

デザイン性、コスパの良さ、使いやすさ全ての面でトップクラスのウォーターサーバーですのでぜひお申し込みください!

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

また、赤ちゃんやお子さんをお持ちの方はこちらの記事をぜひお読みください!

赤ちゃんのミルクを作るのにおすすめなウォーターサーバー10選 【これで安心】赤ちゃんのミルクを作るのにウォーターサーバーは必要?おすすめのサーバーは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA