美容と健康のお供に!白湯の作り方やアレンジレシピを紹介!

美容と健康のお供に!白湯の作り方やアレンジレシピを紹介!

主婦

白湯を飲めば体に良いって聞くけど、白湯と湯冷ましは違うの?
白湯と湯冷ましは沸騰させる時間が違い、白湯の方が美容や健康に効果があると言われておるぞ!

博士

美容や健康を気にする人は、1度は聞いたことがある「白湯」の効果。しかし、湯冷ましとの違いをご存じでしょうか。

「白湯の効果を知りたい!」「白湯と湯冷ましの違いは何?」とお考えの場合、この記事を読めば「白湯ってすごい!」とわかるようになります。

この記事では、「白湯の効果」「アレンジレシピ」「手軽に白湯を続ける方法」をご紹介しています

「毎日の生活に白湯を取り入れたい!」と考えている方は必見です!

ざっくり言うと...

「白湯と湯冷ましの違い」「白湯のアレンジレシピ」「あなたに最適な白湯の作り方」がわかります。

忙しい人が簡単に白湯を飲み、継続するためのウォーターサーバーもご紹介します。「白湯」を飲んで美容や健康を維持するために、簡単に白湯を作れるようになります。

「白湯」の効果をご説明します。知識を得ることで、継続する意欲につながるでしょう。

白湯とは?湯冷ましとはなにが違うの?

白湯とは?湯冷ましとはなにが違うの?

「白湯」は「湯冷まし」と混同されている場合があります。しかし、実際は以下の表のような定義があります。

白湯 お湯 常温水 湯冷まし
温度 90度以上 40度以上 20~35度 20~35度
定義 水を沸騰させ続け、不純物を除去したもの 水に熱を加えたもの 熱くも冷たくもない水 沸騰させた水を常温まで冷ましたもの
煮沸 あり なし なし あり

「白湯」と「湯冷まし」など、水の温度により名前が違います。

今回ご紹介する「白湯」とは、温度90度以上で不純物を除去したものです。赤ちゃんに飲ませるには「湯冷まし」が良いでしょう

今回は、大人が健康を維持するために「白湯」を継続することを考えます。

冷え性改善にも!白湯の効果とは?

冷え性改善にも!白湯の効果とは?

「白湯」には様々な効果があると期待されており、美容を気にする女性にも人気の飲み物です。

白湯を飲めば、どんな効果があるのでしょうか。期待できる効果のうち、3つをご紹介します。

肩こりや腰痛の改善

美容にも効果が期待できる「白湯」ですが、「肩こり」や「腰痛」を改善すると言われています。そもそも肩こりや腰痛は、運動不足や姿勢が悪いことが原因です。

「白湯」を飲めば体を温める効果があるため、運動後のようにポカポカしてきます。血流が良くなり、肩こりや腰痛の改善が期待できます

冷え性を改善

冷え性を改善する効果があり、冬場に足先が冷たくなるのを防ぎます。

冷え性の原因も、血流が停滞することにあります。運動不足などから代謝が下がり、多くの女性が悩む原因でしょう。

「白湯」には、体を温めて血流を良くする効果があるため、冷え性を改善できると言われています

代謝が良くなる

上記2つの効果も含め、体の多くの悩みを改善する「白湯」は、代謝を上げる効果があります。腸の働きを良くし、便秘改善ができるのも代謝を上げられるからです

代謝は「デトックス」とも呼ばれ、美容を考える人には必須の考えでしょう。体温を上げ、血流を良くして水分を摂取すれば、健康を維持しやすくなります。

参考:医療法人 高生会

白湯の作り方

白湯の作り方

白湯の作り方には、大きくわけて2つの方法があります。下記には「お湯を沸かす方法」と「ウォーターサーバーを使った方法」をご紹介します。

お湯を沸かす方法

お湯を沸かす方法を、具体的に述べれば以下になります。

  1. 鍋などに水を入れ、フタをして火をつける
  2. 沸騰したらフタをとり、10分~15分程度沸かし続ける

やかんや鍋でお湯を沸かす方法では、単に「水を熱くする」以外にも意識しなければならない点があります。そのポイントとは、「不純物を取り除く」ことです

仮に浄水器を使用しても、水道水には不純物が含まれます。市販のペットボトルで購入しても、表記に現れない不純物が含まれるのは想像できるでしょう。

もちろん人体に影響がないレベルに抑えてあるとはいえ、例えば塩素が含まれた水を飲むのは気持ちが良いものではありません。

水が沸騰してから、10分~15分沸かし続けることで、塩素を始めとする不純物を取り除けます。綺麗になった水を飲めば、今までより健康になるのは理解しやすいでしょう。

ウォーターサーバーを使った方法

水の不純物を取り除く方法に、ウォーターサーバーを使う方法があります。

そもそも水を沸かして「白湯」にするのは、主に不純物を取り除くためです。

ウォーターサーバーを使用すると、誰でも簡単に不純物のない「白湯」を作れます。

ウォーターサーバーを設置して「白湯」を作る場合、お湯を注いで冷水を混ぜれば50度前後に調節も可能です。

忙しい生活をしている人や、時間が無い朝に「白湯」を飲みたい人にはウォーターサーバーで「白湯」を作るのをおすすめします。

白湯が作れるおすすめのウォーターサーバーを紹介!

白湯が作れるおすすめのウォーターサーバーを紹介!

手軽に速く温冷水が作れるウォーターサーバー。白湯を作るにも良いのは、誰もがご理解いただけるところでしょう。毎日「白湯」を飲みたい方のために、多くのウォーターサーバーから厳選したものだけご紹介します。

ふじざくら名水

ふじざくら名水

富士観光開発株式会社から出されている「ふじざくら命水」には、7つのポイントがあります。

  1. 温水3段階、冷水2段階で抽出可能
  2. 定期配送で手間暇いらず
  3. 破棄が簡単な容器
  4. 富士山から取ったミネラルウォーター
  5. 天然濾過槽から取った純粋な水
  6. 赤ちゃんのミルクにも使える「安全性」と「時短」
  7. 災害時でも飲料水を確保できる「貯蓄性」

「ふじざくら命水」は、水質にこだわっています。富士山から取れた水には、天然のミネラルが多く含まれ、健康維持に効果的です。

ウォーターサーバーの機能に段階を設け、お湯の場合は省エネ(65~75度)、温水(80~89度)、高温水(90~93度)の3段階で設定できます

赤ちゃんに使用する場合も、大人が白湯を飲むときにも瞬時に利用できるのが良い点でしょう。

冷水の場合も、冷水(6~12度)と弱冷水(12~16度)の2段階設定ができます。夏と冬の使い分けも簡単で、大人も子供も利用できるウォーターサーバーです。

白湯を毎日飲むことを考えれば、「水質」と「手軽さ」を兼ね合わせれば継続が簡単になります。「ふじざくら命水」は、水へこだわり「水質」「手軽さ」の両面を兼ね備えています。

ふじざくら命水の公式サイトはこちら

\1ヶ月無料でお試し/

フレシャス

フレシャス

富士山の銘水株式会社から出されている、「フレシャス」は多くの人に快適を与え続けています。使い捨て容器で届く水は「フレシャス富士」「フレシャス朝霧高野」「フレシャス木曽」の3種類から選ぶことが可能です。

フレシャスウォーターサーバーは、クリーニング機能と無菌エアレスパックを搭載しており、多くの人が不安に感じる「水の水質保全」が有能です。

また、性能に劣らないデザインで人気を集めています。グッドデザイン賞受賞のデザイン性で、インテリアとして気に入る人も増加しています。

「白湯」を飲む毎日に、安心とスタイリッシュな空間をもたらしてくれる人気のウォーターサーバーです。

フレシャスの公式サイトはこちら

\期間限定プレゼントキャンペーン実施中!/

白湯を飲むべきタイミングは?

白湯を飲むべきタイミングは?

白湯を飲むタイミングは重要で、目的とする効果により適切な摂取時間が異なります。

薬を飲むのと同じように、白湯を適切な時間に飲んで、効果を高めるよう心がけてみてください。朝昼晩に分けて、解説をします。

「白湯」のゴールデンタイム:朝

特に寝起きに白湯を飲むと、体に良いことが知られています。体温を高め、活動的になるだけでなく、内蔵の機能が活発になります。

寝ているときは、内臓も休んでいます。ウォーミングアップをせずに運動をするのと同様、いきなり朝食を食べるとお腹が痛くなる人がいます。寝起きの白湯は、体全体のウォーミングアップと同等の効果が期待でき、食事による栄養吸収率を高めます。

朝食の30分前に白湯を飲むのが理想的で、朝食の栄養を効果的に吸収でき、活動しやすい体作りが可能です。

「白湯」で消化促進:食事中

朝昼晩にこだわらず、食事中に「白湯」を飲めば効果が期待できます。固形物である食事は、消化がしにくい場合があります

「白湯」と一緒に体内へ取り入れると、消化を促して体への負担を軽減します。食事から得られる栄養吸収率も高め、昼間に眠くなる可能性が低くなります。

しかし、多量に「白湯」を飲むとお腹が緩くなる原因にもなりますので、適切な量を心がけてください。

「白湯」効果の善悪わかれる就寝前

就寝前に「白湯」を飲むのは、賛否両論あります。賛成意見では、心も体もリラックスできる点が挙げられ、水分補給により肌の調子を整えるなどが挙げられます。

しかし、反対意見では内臓を活発にすることで、夜中に体が休まらず次の日に疲労感を残すなどと言われます。

どちらも根拠があり、個人差があるものです。そのため、就寝前の1時間以上前に飲むことを推奨します。水分補給を行いつつ体内を休めるため、寝る時間より1時間程度前に「白湯」を飲めば、効果が期待できるでしょう。

実践!白湯のアレンジレシピ!

実践!白湯のアレンジレシピ!

白湯を毎日飲むと、飽きてしまうことがあります。いくら健康に良いとは言え、淡白な味に飽きるのです。

毎日継続するために、ときどきアレンジして召し上がると良いでしょう。有名なアレンジレシピと、意外にも合う実践レシピをご紹介します。

白湯とはちみつ

「白湯」に合わせるもので、最も有名なのがはちみつです。栄養価が高く、甘い風味は飽きを感じさせません。しかし、栄養価が高いため、飲みすぎると肥満の原因にもなりやすいです

ご自身で量を調節しながら、できる限りはちみつを入れる頻度は少なくした方が、健康には良いです。

白湯と生姜

身体を温める性質がある「生姜」は、体調が悪い時にも重宝される食材です。健康を維持するための基礎代謝を向上させ、冷え性改善にも効果的です。

「白湯」と「生姜」は体温を高める最高の組み合わせと言えます。

白湯とレモン

スッキリした気分を味わうためにレモンを入れるのもおすすめです。レモンを絞って入れたり、少し切った皮を入れると風味が変わります。

寝起きの気分を変えるのに最適で、眠気がすっきりすると感じる人も少なくありません。ビタミンCも摂取でき、美容の手助けができます。

白湯とココア

「白湯」を飲むときに気になる味を、「甘味」に変えるにはココアがおすすめです。ココアに含まれるポリフェノールは、代謝を上げる働きがあるため、健康維持に役立ちます

しかし、はちみつと同様に取りすぎには注意が必要です。ココアに含まれるエネルギーは高く、飲みすぎると肥満の原因になる可能性が高まります。

白湯と梅干し

日本らしい味を求めるなら「梅干し」を浸してみるのも良いです。すっぱいと感じますが、朝の気分を変化させたり、暑い夏に白湯を飲む場合にもスッキリします。

梅干しには食欲増進効果があるため、食前に白湯を飲む場合におすすめです。暑い夏に食欲が出ない場合など、白湯に梅干しを1つ浸してみてください。

白湯とゆず

「ゆず湯」は昔から有名な飲み方です。風邪をひいたときに、家族からゆず湯をすすめられた経験がある人も少なくはないでしょう。

白湯にゆずを入れる場合、果汁や皮を浸す程度ですっきりした味に仕上がります。レモンや梅干しと同様、気分転換や食欲増進にも効果があります

まとめ:白湯の作り方やアレンジレシピを紹介!

まとめ 白湯

「白湯」を継続して飲めば、代謝が上がり美容と健康を維持できます。味に飽きた場合は、アレンジレシピを参考に、工夫するのが良いでしょう。

しかし、継続のために不可欠なのは「簡単さ」です。いつもお湯を沸かす時間を取るのは難しいため、ウォーターサーバーを利用してみてください。

特に、水質や保全性、デザインなどを検討すると、ふじざくら命水のウォーターサーバーが人気です。毎日の「白湯生活」のため、ふじざくら命水で快適にされてみると良いでしょう。

ふじざくら命水の公式サイトはこちら

\1ヶ月無料でお試し/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA