【2020年】今年の熱中症対策にはウォーターサーバーがぴったり!

熱中症対策 ウォーターサーバー

みなさん、熱中症対策はされてますか?

夏も本番を迎えて全国各地で猛暑が続いてますが、この季節に気をつけたいのが熱中症です!

最近では屋内で熱中症になる人も増えています。

主婦

熱中症って外にいるときになるのよね?おうちにずっといても、熱中症対策って必要なのかしら?
おうちでも熱中症対策は必要じゃ!クーラーを入れて適度に水分補給することが大事だぞ!おうちでお水を飲むならウォーターサーバーがおすすめじゃぞ!

博士

熱中症対策といえば水分補給ですよね。

コロナ禍でおうち時間が増えた現在では、自宅でもおいしい水で水分補給ができるため、ウォーターサーバーを設置している家庭が増えています!

今回は、熱中症対策としてするべきことを紹介し、自宅での水分補給の大切さを解説します!

さらに、熱中症対策に必須の水分補給におすすめのウォーターサーバーを紹介します!

ざっくり言うと...
  • 2020年の夏は熱中症に特に注意(40℃を越す気温に加え感染対策でマスクを着用するため)
  • 照り返しの影響が大きい小さい子どもと体温調節機能が衰えているお年寄りは特に熱中症対策が必要!
  • 熱中症対策としてクーラーをつけることや水分補給をしよう
  • 水分補給なら水道水直結型ウォーターサーバーのウォータースタンドがおすすめ

ウォータースタンド new

ウォータースタンドの公式サイトはこちら

\2分でお申し込み完了/

この記事を見て熱中症の対策について知識をつけていきましょう!

今年は特に熱中症に注意が必要!

今年は特に熱中症に注意が必要!

今年の夏はマスクをつけることになるので特に熱中症対策が必要!

今年は感染対策として真夏でもマスクをつけてる人を多く見かけますね。

しかし真夏にマスクをつけると、熱がこもり体温が上がるため、熱中症の危険が高まります。

特に今年は40℃を超える地域も出てきており、例年よりも厳しい暑さが続いています。

また東京都内では、熱中症で亡くなった方が8月としては過去最多になったというニュースも話題になりました。

東京都内では今月、熱中症で亡くなった人がすでに148人にのぼり、8月の死者数としては過去最多となったことがわかりました。

東京都監察医務院によりますと、この夏、都内の熱中症による死者数は148人で、いずれも今月に入ってから亡くなっています。

8月、1か月の死者数としては、これまで去年の115人が最多でしたが、今年は3週間だけですでに大幅に上回った形です。去年は6月から9月の死者を合わせても135人で、この数もすでに上回っています。

今年亡くなった148人のうち最も多いのが80代で、8割以上がエアコンを設置していないか、使用していなかったということです。

引用:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4058689.html

年々暑さが厳しくなるのに加えて今年はマスクをつけなくてなりません。

マスクを着用する呼吸での体温調整が難しくなるため、いつも以上に熱中症に注意が必要です。

子供とお年寄りは特に熱中症対策を!

子供とお年寄りは特に熱中症対策を!

特に熱中症に注意がしたいのは、小さい子どもとお年寄りの方です!

2010〜2013年までの年齢別の熱中症による救急搬送者数を見ると、65歳以上の方の搬送が多いことがわかり、特に2013年は全体の47%にも昇ります。

熱中症対策

引用:環境省熱中症予防情報

また年齢別の死亡者数を見ると、お年寄りの方に加えて、0〜4歳児までの小さいお子さんも注意が必要だということがわかります。

熱中症 死亡者 推移

引用:環境省熱中症予防情報

では、なぜ小さいお子さんとお年寄りの方が特に熱中症に注意しなければならないのでしょうか?

背の低い子供は照り返しの影響を受けやすい

特に子どもが熱中症になりやすい特徴として背の低さによる照り返しの影響が挙げられます。

熱中症の要因の一つが地面からの照り返しによる暑さです。

身長が低い子どもは大人に比べ、地面から顔までの距離が近くなるため大人以上に暑さを感じます。

そのため、より熱中症の危険が高まるのです。

また、子どもは体温調節機能が大人に比べて未発達というのも要因のようですね。

さらに挙げると、特に小さいお子さんに関しては自分自身で水分補給をするなどの熱中症対策を取れません。

親御さんが水分補給をこまめにさせたり、お子さんの異変に敏感になったり、適度に外で運動させて暑さに慣れたりするなど日頃から熱中症対策を意識しましょう!

一方で熱中症対策への意識が低いと、お子さんを車内に置き去りにして、そのまま亡くなるという悲しい出来事も起こってしまいます。

熱中症で亡くなる0歳児の原因のほとんどが車内への置き去りですので、常に目を離さない心がけが大切です。

この熱中症への意識を持つだけで、お子さんの熱中症を未然に防ぐことにつながりますよ!

体温調節機能が衰えるお年寄りは要注意!

お年寄りの方は子ども以上に熱中症対策が必要です。

子どもの熱中症になる要因の一つとして、体温調節機能の未発達を挙げましたが、お年寄りの方は逆に体温調節機能が衰えています。

そのため、体内に熱がたまりやすくなり熱中症の危険が高まるのです。

さらに体内の水分量も若者と比べて少ないため、より脱水状態になりやすいのです。

また、「私は大丈夫」「暑さは我慢するもんだ」などの考えから、エアコンや扇風機を使用しないなど対策を取らないケースも多々あります。

もし、あなたのご両親がこのような考えでしたら、「昔よりも暑さ対策が必要」なことや「体力が若いときより衰えている」ことなどを理解してもらえるように説明しましょう。

地球温暖化の影響もあってか近年は気温も年々上昇しているので、以前までの考えを改め「熱中症対策を取らなければいけない」という意識が必要です。

屋内でも熱中症には注意が必要

では、熱中症はどういった場所で起こりやすいでしょうか?

意外にも自宅、つまり屋内での熱中症の発生が非常に多いのです。

特に65歳以上の高齢者の方は実に半数以上が住宅での発症となっています。

熱中症発生場所

引用:東京福祉保健局

熱中症と聞くと外で起こるイメージがありますが、屋内においても対策を怠らないようにしましょう!

我慢せずにクーラーをつける

屋内で熱中症になる一番の要因がクーラーをつけないことです。

家の中にいるからといって安心はできません。

クーラーを使わずに過ごしていると、命を落とす危険があることを理解しましょう。

「クーラーは良くないもの」と認識している人も少なからずいるみたいですが、クーラーは熱中症対策に有効なものですので我慢せずに使いましょう!

クーラーを我慢した結果、熱中症になることだけは避けたいですね。

先ほど述べたように、小さいお子さんとお年寄りの方は特に注意が必要です。

こまめに水分補給をする

また、こまめに水分補給をすることも大切です。

基本ですが、クーラーをしっかり使っていても水分量が不足していれば熱中症の危険は高いのです。

クーラーをしっかり使いつつ、こまめな水分補給をすることで熱中症から身を守りましょう!

水分補給には水道直結型ウォーターサーバー!

水分補給には水道直結型ウォーターサーバー!

水分補給にはウォーターサーバーの利用をおすすめします。

ウォーターサーバーをおすすめする理由は下記の2つです!

  1. 自宅の水道水は真夏になると、ぬるくなってしまい美味しくない
  2. ペットボトルのミネラルウォーターは、真夏の暑い中で買いに行くのが大変
  3. スーパーへのお水を買いに行くとコロナのリスクがある

ウォーターサーバーの中でも特に水道直結型のウォーターサーバーがおすすめです!

この記事を見ている方の中には「ウォーターサーバーって種類が多くてどれを使えば良いかわからない」と考える方もいると思いますので、まずはウォーターサーバーの種類を解説します。

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーは、天然水などを宅配してくれる「宅配タイプ」、自宅の水道水を利用する「水道水タイプ」の2種類に大きく分けられます。

さらに宅配タイプは水の種類で、「天然水」とRO膜という特殊なフィルターで極限までろ過させた「RO水」があります。

また、水道水タイプも水道水から手動でサーバーに補充する「水道水補充型」と水道に直結させた「水道直結型」の2つに分かれます。

ウォーターサーバーの種類 宅配タイプ 天然水 プレミアムウォーターなど
RO水 クリクラなど
水道水タイプ 水道水補充型 ハミングウォーターなど
水道直結型 ウォータースタンドなど

この中でも水分補給には水道水直結型のウォーターサーバーをおすすめします!

水道水直結型をおすすめする理由

水道水直結型をおすすめする理由はこちらです!

水道水直結型のおすすめポイント

水道直結型でお水代を気にすることなく水分補給できる。お水代を気にして熱中症になっては意味ない。

水道直結型でボトル交換が必要ない→小さい子どもやお年寄りでも安心

ウォーターサーバーの設置で悩むポイントの一つに月々のお水代が挙げられます。

しかし、水道水直結型であれば水道水をそのまま使用するため、お水代を気にする必要がありません!

宅配タイプのウォーターサーバーですと、注文するたびにお水代や送料が発生しますが、水道水タイプはその心配がないんです。

また、水道直結のためサーバーへのボトル交換という手間も省けます。

ウォーターサーバーのボトルは12リットルのものが多く、小さい子どもやお年寄りの方にはかなり重いんです。

これではウォーターサーバーを設置しても、ボトル交換に手間を感じ使わなくなるかもしれません。

そのような問題を解決するのが水道水直結型のウォーターサーバーなんです!

水道水直結型ウォーターサーバーならウォータースタンド

では、水道水直結型ウォーターサーバーの中でどれを選べば良いでしょうか?

水道水直結型ウォーターサーバーならウォータースタンドをおすすめします!

ウォータースタンド公式HP

使いやすさ A
デザイン性 A
月額費用目安 3,980円
レンタル費用 3,980円
ボトルの値段 0円/本

ウォータースタンドのおすすめポイントは以下の通りです!

ウォータースタンドのおすすめポイント
  • 電気代が安い
  • お湯と冷水に加え常温のお水も飲める
  • 水の味がおいしい
  • デザインが良い

ウォータースタンドは良いところだらけですね!

実際にウォータースタンドを使用している方の評判を確認してみましょう。

https://twitter.com/poomama07/status/1118409629619245056

電気代もお得で味もおいしいという意見ですね!

さらにおしゃれなデザインなため、設置するとキッチンがより華やかになりますよ!

なお、ウォータースタンドは初期工事や定期メンテナンスが無料のため、家計にも優しいです!

また、ウォータースタンドは試飲会や全国各地のショールームでのイベントを定期的に実施しているので、足を運んでウォータースタンドを体験してみましょう。

ウォータースタンドの公式サイトはこちら

\最大1万円キャッシュバック!/

今年の夏こそ気をつけたい熱中症対策まとめ!

今年の夏こそ気をつけたい熱中症対策まとめ!

今回は、真夏に特に注意が必要な熱中症の対策を解説し、水分補給におすすめできるウォーターサーバーを紹介しました。

屋内でも熱中症が増えているというのは、意外に思われた方も多いのではないでしょうか?

改めて記事の内容をまとめますと

まとめ
  • 2020年の夏は熱中症に特に注意(40℃を越す気温に加え感染対策でマスクを着用するため)
  • 照り返しの影響が大きい小さい子どもと体温調節機能が衰えているお年寄りは特に熱中症対策が必要!
  • 熱中症対策としてクーラーをつけることや水分補給をしよう
  • 水分補給なら水道水直結型ウォーターサーバーのウォータースタンドがおすすめ

となりました。

熱中症の症状や原因を理解し、そのための対策をしっかり学びましょう。

その対策を自分自身で実践するとともに周りの人に広げていくことが大切です!

熱中症に特に注意が必要なお子さんやご実家のご両親を気にかけることを忘れないようにしましょう。

必要であれば、ご自宅やご実家のご両親のためにウォータースタンドを設置してみてはいかがでしょうか?

熱中症対策をしっかりと行い、夏を楽しく過ごしましょう!

ウォータースタンドの公式サイトはこちら

\最大1万円キャッシュバック!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA