ウォーターサーバーの電気代は高い?大手15社を比較

ウォーターサーバーの電気代は高い?大手15社を比較

「ウォーターサーバーの電気代は高いのか?」「どこのウォーターサーバーの電気代が一番安いのか?」とウォーターサーバーの利用を検討しているけど、どのくらい電気代がかかるのか気になっていませんか。

ウォーターサーバーの維持費用として電気代金に関しては多くの人が見落としがちです。しっかりと自身が利用するウォーターサーバーの電気代はどのくらいかかるのか契約前に把握しておくことが大事ですね。

このページでは、これまで多くのウォーターサーバーを利用してきた筆者が以下のことを解説します。

  • ウォーターサーバーの電気代は高いのか?
  • ウォーターサーバー大手15社の電気代を比較
  • ウォーターサーバーの電気代は他の家電と比較して高いのか?
  • ウォーターサーバーの電気代を節約する方法

このページを読めば、ウォーターサーバーの電気代がどのくらい高いのかや、電気代の節約方法に関して理解を深めることができるでしょう。

ウォーターサーバーの電気代は高いの?大手15社を徹底比較

ウォーターサーバーの電気代は高い?大手15社を比較

ウォーターサーバーの一ヶ月間にかかる電気代金は平均的には、500〜1000円程度となります。勿論、使用するメーカーによっても違いがあるためご自身が利用を検討しているメーカーがどのくらいかかるのか把握することが大切です。

分かりやすくい以下に表でまとめてみたので、参考にしてみてください。

メーカー各社 電気代 消費電力 想定月額費用(24L注文)
プレミアムウォーター 463円 冷水80W、温水350W 2,904円
フレシャス 306円 冷水80W、温水350W 4,144円
アクアクララ 324円 冷水95W、温水400W 4,344円
富士おいしい水 370円 冷水85W、温水400W 3,180円
ワンウェイウォーター 404円 冷水80W、温水350W 2,904円
コスモウォーター 465円 冷水150W、温水300W 4,265円
信濃湧水 469円 冷水95W、温水260W、クリーン180W 3,769円
アルピナウォーター 537円 冷水95W、温水260W、クリーン180W 3,508円
アクアセレクト 694円 冷水95W、温水520W 3,525円
クリクラ 700円 冷水80W、温水300W 3,650円
良水市場 926円 冷水85~95W、温水330W 3,226円
ウォータースタンド 700円 冷水115W、温水300W 3,980円
サントリー南アルプスの天然水サーバー 1,020円 冷水80W、温水350W 3,750円
ハワイアンウォーター 800円 冷水95W、温水260W 3,600円
ネイフィールウォーター 487円 冷水85W、温水350W 4,563円

上記の表からも分かる通り、一番電気代が安いのは「フレシャス」のウォーターサーバーですね。

上記の数値はあくまでも目安となりますが、基本的にはウォーターサーバーは電気代金だけはなくウォーターサーバー本体のレンタル代金や月々に消費する水の代金などの総合的にかかる費用で比較することが大事になってきます。

また、ウォーターサーバーによっては「クリーン機能」と呼ばれる節電機能が備わっているものもありますので、出来るだけ電気代を抑えたいと考えている方は、クリーン機能が搭載されたウォーターサーバーを利用すると良いでしょう。

月額費用をみてみると一番安いのがプレミアムウォーターになっています。

料金だけでなく、デザイン性や使いやすさもトップレベルのウォーターサーバーですので、迷っている方にはプレミアムウォーターがおすすめです。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

どのウォーターサーバーがおすすめ?

ウォーターサーバーの電気代金に関しては把握できたけど、実際にどのウォーターサーバーがおすすめなのか分からず決めかねている方には「プレミアムウォーター」が一番おすすめです。

プレミアムウォーターの特徴としては大きく分けて6つあります。

  1. 他社のウォーターサーバーと比べて、本体がとてもおしゃれなデザインとなっている
  2. ボトルは使い捨てなので衛生的であり、ボトルを返却する手間がない
  3. スマホで簡単に水の注文をすることができるので、外出先でも困らない
  4. 赤ちゃんがいる家庭限定のお得なプランが用意されている
  5. 他社からの乗り換えには最大で16,500円のキャッシュバックがある
  6. 新規契約者には2000円のアマゾンギフト券がもらえる

プレミアムウォーターのウォーターサーバーは外観がとてもおしゃれでインテリアの一つとしても使用できるようになっており、ご家庭では勿論のこと飲食店やオフィスでも使用されることが多いです。

設置する部屋の空間演出を崩さないような外観となっているので、どのような場所に設置してもウォーターサーバー本体で部屋の外観を崩すようなことはありません。

また、プレミアムウォーターで配送される水が入ったボトルは使い捨てとなっているため、使用後はそのままリサイクルとして出すことができ他のメーカーのようなボトルの回収といった手間などは発生しません。

その上、ボトルが使い捨てなので衛生面的にもかなり優れてるところも特徴の一つですね。その他、プレミアムウォーターはスマホから簡単に水の注文ができるようになっているので、外出先でも気軽に注文することが可能です。

また、赤ちゃんがいるご家庭限定でお得なプランも用意されいるので、ミルクを作る際の水として出来るだけ質の良い水を使用したいと思っている方には最適ですね。

そして新規で契約する方にはアマゾンギフト券が2000円分もらえる他、他社からの乗り換えの方には最大で16500円のキャッシュバックが貰えるようになっているので、違約金等がかかる方でも実質無料で乗り換えできるようになっています。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

ウォーターサーバーの電気代は他の家電と比較して高いのか?

ウォーターサーバーの電気代は他の家電と比較して高いのか?

ウォーターサーバーと他の家電製品の電気代を比較した際に、どのくらい違いがあるのか気になりますよね。ここでは分かりやすく以下にご家庭でよく使われる家電製品の電気代と、比較してみましたので参考にしてみてください。

家電製品名 年間の電気代(目安)
ウォーターサーバー 5,556円
電気コンロ 11,969円
冷蔵庫 7,067円
電子レンジ 1,663円
掃除機 1,372円
洗濯機 1,897円
テレビ 2,227円

上記のウォーターサーバーの電気代は参考として、プレミアムウォーターを使用した場合の年間でかかる電気代を表示しています。その他の電気代金に関してもあくまでも目安となりますが、他の主要な家電製品と比較すると若干高いくらいですね。

基本的にウォーターサーバーは冷蔵庫などと同じで、電源を常に入れておく必要があるためある程度は電気代が掛かってしまいます。それでも冷蔵庫と比較して2000円ほど安いので、同じようなタイプの中では電気代はかからない方ではないでしょうか。

ウォーターサーバーの電気代の計算方法と1ヶ月の消費目安

ウォーターサーバーの電気代を割り出す計算方法としては、以下のような式を活用します。

電気代 = 消費電力 ÷ 使用時間 × 1 kWhあたりの電力契約料

分かりやすい例を挙げると、1200Wの電子レンジを30分使った場合の計算の場合以下のようになりますね。

※以下の式では1 kWhあたりの電力契約料金を25円として計算しています。

1200W(消費電力)÷ 1000×0.5h(時間)× 25円 = 15円(電気代)

上記の式から1200Wの電子レンジを30分間利用すると15円かかることが分かります。これをそのままウォーターサーバーの消費電力で計算するだけで、時間あたりにかかる電気代を簡単に割り出すことができますね。

また、ウォーターサーバーの一ヶ月の電気代としては500〜1000円程度で、一ヶ月の消費電力は約80〜500Wになります。

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法としては、大きく分けて4つあります。

  1. 省エネタイプのウォーターサーバーを利用する
  2. ウォーターサーバーの電源を切らない
  3. ウォーターサーバーの置き場所や向きを工夫する
  4. ウォーターサーバーを置いている部屋の温度に気を付ける

節電対策として一番ウォーターサーバーでやってはいけないのが、電源を切ることですね。基本的にはウォーターサーバーは常に電源を入れておく家電製品です。

冷蔵庫と同じで一度電源を落としてしまうと中の温度が保てなくなってしまい、再度電源を入れた時に温度を下げるために不必要な電力を消費してしまいます。

そういった間違った節電対策を行わないように、以下から正しいウォーターサーバーの節電対策に関して詳しくみていきましょう。

省エネタイプのウォーターサーバーを利用する

ウォーターサーバーには「エコモード」や「クリーン機能」といった、電気代を抑える機能が搭載されているものがあります。

出来るだけ電気代を抑えたいと思っている方は、そういった機能が搭載されているウォーターサーバーを初めから選んで使用するのもありですね。

エコモードに関しては基本的な消費電力を3分の一まで抑えることができるようになっているので、通常のウォーターサーバーと比較するとかなり電気代で違いが出て来そうです。

また、今使っているウォーターサーバーからエコモード等が搭載されているウォーターサーバーへの乗り換えを検討されている方は、前述したプレミアムウォーターがおすすめです。

エコモードは勿論のこと他社からの乗り換えで、16500円のキャッシュバックが貰えます。

ウォーターサーバーの電源を切らない

前述したように節電したいからといってウォーターサーバーの電源は切ってはいけません。これはどのメーカーを使用するにしても同じことであり、節電を考えるのであれば常にONの状態で保つようにしてください。

ウォーターサーバーは一度電源を落としてしまうと、中の水温を保つために再度電源を入れた際にいつも以上に電力を消費して早く設定温度に持っていこうとします。

万が一、毎回電源を落とす場合はこれを毎回行うことになるので、無駄に電力を消費していることと同じですよね。そうなっては意味がないので必ずウォーターサーバーの電源は冷蔵庫同様入れたままの状態にしておきましょう。

電源を入れたままの状態であれば中の水温を保つだけなので、それ程電力は消費されません。

ウォーターサーバーの置き場所や向きを工夫する

電源が入っている家電製品は常に熱を持っている状態であるため、どの家電製品にも放熱するための対策が施されています。

ウォーターサーバーに関しても例外ではなく、中の水の温度を保つために機械が持つ熱を外に逃そうとするプログラムが組み込まれているのです。

万が一、直射日光が当たる場所にウォーターサーバーを設置した場合、放熱効果が下がってしまい中の水温が上がりそれをまた冷やすために無駄に電力を消費してしまいます。

そうならないで良いように、出来るだけウォーターサーバー本体は直射日光が当たらない場所に設置し、本体の周りにはものを置かないような工夫が必要です。

ウォーターサーバーを置いている部屋の温度に気を付ける

前項の続きになりますが、ウォーターサーバーを置いている部屋に関しても同じことが言えます。部屋の温度が高いとウォーターサーバー本体の温度も高くなってしまい、中の水の温度を適温に保つために無駄に電力を消費してしまいます。

そうならないで良いように、ウォーターサーバーを置く部屋の温度は出来るだけ涼しくしておくことが大切です。

また、夏場は特に気をつけておかないと部屋の温度が高すぎては無駄に電力を消費しかねないので、季節によって本体を移動させるなどの工夫も検討してみてくださいね。

電気代がかからないおすすめのウォーターサーバーはプレミアムウォーターですので、迷っている方はぜひお申し込みください。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

まとめ:ウォーターサーバーの電気代は高い?大手15社を比較

まとめ:ウォーターサーバーの電気代は高い?大手15社を比較

ウォーターサーバーでかかる電気代とその節約方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • ウォーターサーバーの一ヶ月間にかかる電気代金は平均的には、500〜1000円程度。
  • ウォーターサーバーの大手メーカーで電気代が一番安いのは 「フレシャス(306円)」。

<ウォーターサーバーの電気代を節約する方法>

  1. 省エネタイプのウォーターサーバーを利用する
  2. ウォーターサーバーの電源を切らない
  3. ウォーターサーバーの置き場所や向きを工夫する
  4. ウォーターサーバーを置いている部屋の温度に気を付ける

ウォーターサーバーは電気代だけで比較するのではなく、あくまでもトータルの費用で比較することが大切です。電気代をより節約したいのであれば、エコモードが搭載されているプレミアムウォーターをおすすめします。

プレミアムウォーターの公式サイトはこちら

\Quoカード2000円分もらえる/

次に読んで欲しい記事はこちら!
赤ちゃんのミルクを作るのにおすすめなウォーターサーバー10選 【これで安心】赤ちゃんのミルクを作るのにウォーターサーバーは必要?おすすめのサーバーは? こちらもおすすめ!
ウォーターサーバーと水道水を比較!どっちがおすすめ? 一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを比較!実はいらない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA